2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
| Login |
2018年02月20日 (火) | 編集 |
絶対かからないって決めていたのに。
インフルエンザ。
しかも、より症状が重いと言われているA型。
しっかりと頂いてしまいました~ (;^_^A

先週中程のこと。
娘が4日ほど休暇をとれそうとのこと。
「じゃ、旅行にでも行っちゃおうか、二人で」と話していたら
夫も、
「2泊くらいならオレも行ける」と参入。

ならばと、急遽家族で東京ディズニー? ってことになり、
「二泊3日、ディズニーの旅」なんてネットで検索していたのですよ。

ところが……。
「なんかサムイ(´・﹏・`)」
ストーブの温度設定を上げてはみたけれど、やっぱ寒いのね。

それになんとなく頭痛。
ストレッチをやりすぎたのか背中の筋肉にも違和感が。


「えっ!?」
「もしやこれって発熱してるの~?」
「インフル~!?」

体温計で熱を測ると、37.4℃
あらら、あるわ。
お熱さん。

私は低体温で36℃以下のことが多々。
だからけっこう堪えるわけ、この程度でも。
でも例によって解熱剤は使わない。
「気合で治す~!」と意気込んで。

念のための総合感冒薬(解熱剤成分アセトアミノフェン:インフル服用可)とスポーツドリンクを手に、二階の寝室へ。
インフルだったら発熱後12時間以上たたなきゃ検査はできないようだし、本日はおとなしく身体を休めましょうと。

ああ、だけどだけど。
ブルブルブルッ。
益々寒くなってきて。
手足の筋肉痛も増してきて。

再度熱を測ったら
「39℃」。

熱でウイルスを殺さなきゃ。
下げちゃいけないのだ。
私は戦闘モードむき出しにして、ここは戦うしかないんだと言い聞かせる。
というか、頭のなかではもうすでに戦いは始まっていた。

「来たか! インフル!」
「これでもくらえ~っ!」と連打する。
そうしたら敵もさる者ながら、ドラゴンテールを返してよこす。
しょうがない、じゃこっちはゲージ技だわと、レックウザの頭を狙い、、、
「行け~っ!、カイオーガ!!!」

何やってんの私。
もうヤメたはずのポケモンゲーム、しかもシミュレーションしてるわ(*゚ー゚*)
(5歳児みたい^^;)

時計を見ると明くる日の1時43分。
発熱後13時間。
39℃を超えてから8時間30分。
いささか吐き気をもよおしてきたので戦いは中断。
解熱剤を服用することに。
一時間ほどで熱が下がりだし、朝まで熟睡。

ベッドから起き上がり身支度を整え、去年の春にお世話になったクリニックへ。

まだ9時前だというのに大勢の患者で待合室は激混み。
マスクをして遠慮がちに空いている席へ。
前の人も後の人も両隣もみんなマスク姿で、ぐったりした感じ。

症状を聞かれ、
「寒気に熱、筋肉痛、そして腹痛に下痢」というワードが飛び交っている。

インフルA。
インフルB。

多分どっちかね、みんな。
私はきっと「A」だから、「B」までは貰いたくないの。
だから「B」の人の傍には行きたくないんだけれど。
どうやらお隣のお兄さんは「B」のご様子。
下痢と訴えていたし。

当のお兄さんも「A」と思しき私の横は耐えられなかったようで、電話がかかってきたふりして一旦外へ。
で、スマートに「席替え」に成功!

そうしているうちにようやく名前が呼ばれ診察室へ。
「インフルAですね」
「今は治療が一度で済む点滴が有りますので」といわれ点滴室へ。

なんですか、たしか10年ほど前にもインフルやっちゃって。
その時は「タミフル」を処方され、劇的に治ったのを覚えていて。
それよりもすごい薬なのねと。

「ラピアクタ」ですって。

だけど家に戻り夕方、またしても39℃の熱。
結局この点滴だけではダメだったのか、予備で頂いた解熱剤のお世話に。
それにしても薬剤耐性が気になりますね~。

この度の病院代。
4560円。
痛い出費でした。

きっと感染源は娘。
彼女は予防注射しているけれど、職場で蔓延していた模様。
というか、職場のみなさんも予防注射はしているけれど、それでも15人ほどかかってしまったとか。
なかには「A」から「B」へと続けざま。

来年は私も予防注射しましょ。
あ、でも今年、今かかっちゃったから来年一年ぐらいは免疫あるかしらね~(;^_^A

influ20180220.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2018年01月01日 (月) | 編集 |
相変わらずのヘタヘタ漫画も描いたので見てね~(最下部)^^


2018年になりましたね。
明けまして おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
日々を大切に、こつこつと過ごしたいなと思っています。

こつこつといえば昨年一年、ほぼ毎日ウォーキングに勤しみましたよ。
ほんの数分のこともあれば、10K前後だったり。
時には18Kと距離を伸ばしたことも。
といっても、ポケGOをしつつでしたが~(;^_^A

ポケモンGO。
ポケ活。

毎日まいにち、雨の日も風の日も雪の日も、嵐の日だって出かけていましたね~。
iPhone片手に。
といってもこれは初期の頃まで。

実は娘のお下がりの「ポケモンGO Plus」を貰って^^
以後は「GO Plus」のみ手に。
iPhoneはカバンにインIN。

だからまるでストップウォッチを押す感覚。
ウォーキングを楽しみつつ、手にしたGO Plusが振動したらそのブザーを押すだけ。
そんなこんなで歩きまわりましたよ。

そうそう、あれね。
聴力検査のアレに似ているかな?
目は景色を眺めているけれど、音や振動を覚えるとピッと手が動くのね。
もう、これは反射的に。

だからきっと、聴力検査。
今現在だったら、絶対良い結果が出せそうだわ^^
反射神経もきっと良くなっているはず。
だけど検査はしませんよ。
だって何の効果も出ていなかったら、がっかりするから。
少しは効果的なこともあったと信じたいわけ^^

同年代の友人からは
「ポケGOなんかして、なんか良いことでもあるの?」
「レベルをあげたからって何かもらえるの?」

なんてことを問われて
「別に~、何にも~」
「ただやってるだけ」と答えるわけでして~(;^_^A

そんなわけですが、昨年11月。
ちょうど、鳥取イベントのはじまった頃。

ついに最大の「レベル40」に!
syouko20171124.jpg

▲これが証拠画像

せっせ、せっせと、ポケ活しましたよ。
もっ、バカみたく。
この情熱を、凝り性を、バカ真面目さを、もっと向上性のある正しきものへと向けたなら……。
私の人生は違ったものに~。
(きっと、ならないと思うけど^^)

そんなわけで、攻略サイトを見ては研究し^^
ジム戦で戦って防衛し、ポケコインをGET。
課金は、しないのがマイルール。

だからその報酬のコインで、レベル上げに役立つ「しあわせタマゴ」を購入。
それで「ポッポマラソン」。
そしてウォーキングと称しての、ポケ活。

こんな感じで毎朝早い時間に出かけるものだから。
ご近所の奥様に聞かれるわけ。
「お勤めですか?」とか。

で、わたし。
「え、ええ」なんて返答。
なんだか面倒で。

今までの私、自営の夫を手伝っていることに(本当にそうだけど)。
夫の車で午後から自営の事務所へが定番。

でもね、レベル40になってからはピタッと早朝のご出勤がなくなってしまって。
それに冬だし、寒いし。
きっとだから近所の奥様。
「早朝のお勤めは辞めたのね~」と思っているかも^^

それと弊害がもう一つ。
ウォーキングもしなくなっちゃて、体重3キロ増 (゚□゚;)
どうしましょ(*゚﹏゚*)
kotsukotsu_pg1.gif
kotsukotsu_pg2.gif
kotsukotsu_pg3.gif
kotsukotsu_pg4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2017年11月13日 (月) | 編集 |
遅ればせながらハロウィン。
頂きものの『冬瓜』が見事に大きくて。
ただ、ただ、切ってしまうのがもったいなくて。
で、ハロウィン仕様に^^

tougan20171113.jpg

▲カボチャじゃなくて冬瓜の、猫お化け^^

カボチャはね~(。>﹏<。)
こんなことがあったから、もう恐ろしくて~。 

だから冬瓜をくり抜いて。
それを「猫お化けの顔」に。
くり抜いた中身は他の具材と大好きなオデンに変身させて。
そして猫の顔型に投入。

やはりいただき物の「ちくわぶ」と「群馬産のこんにゃく」も入れて。
どれも初体験のお味。
美味しくいただきましたよ(*^¬^*)

冬瓜はピクルスにも。
ちくわぶは、中にチーズを入れ唐揚げにすると美味しいとのこと。
今度ためしてみようかな。

そしてそして、群馬産のこんにゃくの歯ごたえにはびっくり。
本物~! 
って、感じでした。

そうそう、上記写真右下にそえた骨に見えるものは~。
あ、骨に見えませんでしたか^^

それは一応ハロウィンということで、カボチャを使用。
(カットカボチャですけど)
それをコネコネして骨型にしてクッキーに。

と、まあ、こんな日々をすごしていたら…。
またしてもキッチンまわり、ガスまわりが悲惨なことに。
間もなくやってくる(来週)、『ガス点検』の日が迫って~(゚□゚;)

明日から必死でお掃除ですわ
これは前回の『ガス点検』時に綴ったもの
(成長していないわね~^^)   

成長していないものがあと一つ。

それはギリアド・サイエンシズ株式会社が募っていた
『“未来~これから” 写真・絵画コンテスト 2017 ~ C 型肝炎からの卒業、より明るい未来へ~』
へ、応募してのこと。

うん、見事、落選~~~~~σ(^_^;)

この公募、なんととグランプリは20万円(写真・絵画各1作品)ですって。
準グランプリは10万円(写真・絵画各2作品)。
佳作は3万円(写真・絵画各7作品)とのこと。

これはこれは、応募しなきゃ~と。
20万円~(*^-^*)
なんて太っ腹~、ギリアドさん!

そんなに頂いたら、旅行にだって行けるよ。
しかも、海を渡って。
それに豪華な温泉ホテルに家族でGO! なんてことも。
まわらない、お寿司屋さんにだって何回行けるの~?

などと思い浮かべては、ニンマリする私 (o^―^o)
こんな不純な動機が、絵に現れてしまったのでしょうかね~
したがって、かすりもせず(゚□゚;)

こちらがグランプリを獲得された方の作品

素晴らしいです!!!
主催者の意図とする、『明るい未来・夢・理想・希望』が見事表現されていますね。

私の場合は『希望」じゃなくて、『奇望』と捉えられちゃったかな^^

応募総数90作品とのこと。
絵画の方は、かなり少なかったのではと。
(こういう場合、主催者は「総数」で表記することが)

写真は元データが残るけれど、絵画の場合は実作品を提出とのことですからね~。
油絵とか、ちぎり絵、それに水彩画。
とても時間を要するのではないでしょうか。
「応募作品は返却せず」というのは悲しいかな……。

私の場合は、イラスト部門で応募。
イラストの定義・概念。

Macで描いたので元データは残っているけれど。
想い入れのある作品。
手元に…と、思っている方もいるのではないでしょうか。

gilead_koubo1.gif

▲これが、私の応募した作品

邪心だらけとは言え、この絵に託した『想い』は、本当のところです。

また、この作品を応募するに当たっての要項として
「※入賞した場合、マスメディアによる報道に協力できる方に限る」と注釈が。
これは~、ちょっと悩むところでしたね~。

感染症の「C型肝炎」。
私とて、まだそう公にはしていないから。
応募したいと思う方でも、この部分で控えてしまった方もおられたのではと。

だだ結果として、そんな心配。
私の場合、全くいらなかった訳でして~

あ、でもでも、良かったんですけどね~。
バレたって、ばれたって、バレたって~~~~~ ♪refrain (;^-^A

hana_s20171113.jpg

▲これは明るい写真(この季節、庭のボケに花が~)

ボツ作品な数々はこちらにも

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2017年10月10日 (火) | 編集 |
すっかりご無沙汰なブログになってしまって。
またしても雑草(広告)が生い茂って(u_u*)
実はリアルでも雑草…というか、周りに蔓延っている草花、セイタカアワダチソウの花粉に襲われていました。
針葉樹と、この草花(?)のアレルギーを持つ私。
もう30年ほど前に耳鼻科で検査を受けた結果。
あまり酷いほうではないし、何故か結婚以来鳴りを潜めていたこのアレルギー。

考えてみたらC型肝炎、HCVウイルスとお別れしたあたりからぶり返してきたような(o゜ー゜o)??
風邪をひいたり熱を出したり、腹痛やらアレルギーに頚椎ヘルニア。

娘に言わせると
「これでやっとお母さんも普通の人になったみたい」だと。
めったに風邪もひかず病院のお世話になったこともなかったから。

今までは「HCVウイルス」鎮座されて出るに出られずいたのかな、他の病気。

先月下旬はギックリ腰にも見舞われて。
そう、アレルギーで鼻水ダラダラ、くしゃみに涙目。
マスクでごまかすけれど車の運転もできなくて。
メガネが曇ってくるのね。

で、じっとおとなしく自宅謹慎。
娘が有給消化とかで家にいて。
なのに昼食一つ作ろうともせず。
私が上げ膳据え膳するわけ。

「食べ終わった食器ぐらい自分で片付けてよね」
といいつつ、ローテーブルを布巾で拭こうとしたら
くしゃみが~!

で、腰が「ギクッ!」と。
鈍い音がして(多分)、痛みが走る。
も、そのまま動けず。

やってしまった~!
ぎっくり腰だわ(。>﹏<。)

うわ~っ、これは2週間コース、それとも1月コース?
治るまで。

うずくまったままの姿勢に耐えきれず、娘に座面の高い食卓椅子を傍に置いてもらって。
恐るおそる静かに厳かにその食卓椅子に移動。
iPhoneを手渡され「ぎっくり腰」を検索。
対処方法などを閲覧。

腰にはモーラステープを貼ってはみたけれど。
温めると良いというサイト発見。

で、早速「ホッカイロ」で暖めてみることに。
すると2時間ほどでだいぶ痛みも和らぎ。

娘はと言うと、そんな私を置いて「飲み会」だと。
コップに水と万が一のためにと、痛み止めのロキソニン錠を置いてさっさとお出かけ。
病気なのに置いてけぼりを食らった哀れなワンコみたい(゚□゚;)

残された私。
そろそろ、おトイレにも行きたくなってきたし。

ゆっくりと椅子の背につかまりながら立ち上がって。
そしてなんとか歩けて用を足し(;^-^)


ついでに洗濯物の残りを洗濯機に放り込んでお洗濯。
シンクへ向かい洗い物。

う、嬉しい~!
動けた!
まだ痛みはあるし、限られた範囲の動きだけれど。
洗濯が、食器洗いが~!
出来ることが、こんなに嬉しく感じるなんて。
健康ってホントありがたいなって^^

ぎっくり腰。
どうやら2週間コースで落ち着きそう^^
大事に至らなくて良かった。

この日の午後7時。
実は私にとっては大事なイベントが。

何の事はない、「ポケモンGO」なんだけど^^
その「EXレイドバトル」の招待状を受けていて。
こんなオバサンにきたんだから、なんとしてでも出向かなきゃと。

夕方、夫が帰宅。
で、スリスリして車を出してもらうことに。
ギックリ腰でまともに歩けもしない私なのに、助手席に乗り込むのですね~^^

呆れ顔の夫をよそに、レイドバトル会場「ソフトバンクショップ」へGO!
ここは地元。
知ってる顔もいるでしょう。
だから、すかさずマスク。
幸い、アレルギーで鼻水ダラダラだし^^
それに帽子もかぶって変装完了!

「ポケ活」。
けっこうシニア層とも遭遇しているのですが。

このレイドバトル会場、どんな年齢層かなと思い周りをみると。
う~ん、中高生が大半みたいね~。
イイお年のオバさんの私。
鼻水たらしながら、しかもギックリ腰かかえてバトルやるわけ^^

「でもま、いいや、変装しているから」と開き直って。

で、時間が来てEXレイド開始!

うふっ、なんとか勝ち取りましたよ。
伝説のポケモン。
「ミュウツー」GET!

mewtwo20171004.jpg

▲これがEXレイドの招待状  ▲右が戦利品のミュウツー^^
poke20171007.jpg
▲私の分身アバター(笑)


buaiso1.jpg

buaiso2.jpg

buaiso3_l.jpg


▲こちらは、鯛茶漬けが美味しいと評判のお店「ぶあいそ 別邸」
友人と行ってきました。
築100年の歴史ある邸宅、レトロな佇まいにうっとり。

新鮮な鯛。
始めは胡麻ダレでお刺身として食し、その後ご飯にのせお茶漬けに。
2度楽しめましたよ^^
そして850円というリーズナブルなお値段。
それにとってもヘルシー。

実は別のお店でバイキングにしようかと思ったのだけれどこれで正解!
罪悪感に悩まされることもなし。
と、ここまでは良かったのだけれど、その後つい別腹が騒ぎ出しケーキの美味しいカフェにと。
うん、やっぱり罪悪感に浸ってしまいましたね~(*^¬^*)

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


2017年08月23日 (水) | 編集 |
相変わらずのヘタヘタ漫画も描いたので見てね~(最下部)^^


税務署に入りました。
いえ、入られたのではなくって。
自ら出向いたのです。

生業としている家業、その決算申告等で(一応、法人)。

例年だと顧問税理士さんにお任せしているのだけれど。
今年の場合は私の体調がおもわしくなく、会計簿も滞って。
頚椎ヘルニアでPCの前に座ることができなくなって。

税務署に問い合わせたところ、一月程度の期限後申告なら青色申告も取り消されることなく大丈夫とのこと。
どうしようかと迷ったのだけれど、取り敢えずほぼ会計簿は出来上がっていたので提出してみようかと。
自分で。
会計アプリ、「決算申告」のところをクリックするとそれなりに出来上がって。
プリントアウトして税務署へ。

もちろん後日、お願いしている税理士さんよりキチンとした申告書・「修正申告書」提出しますと告げて。

対応してくれた税務署職員の方。
たぶん今年入社したばかりの感じの良いお兄さん。

「これで良いですか?」と会社PCより出力した書類を見せ、アドバイスを待つ私。
いつもは電子申告だけれど。
今年はこのお兄さんの誘導のもと、手書きで申告書作成。

税務署。
なんだか背筋がヒンヤリするのね~
だってほら「税務署に入られた!」とか、よく言ったりするでしょ。
も、なにか悪いことをして警察に出頭したって気分だわ(;^-^)

何やら咎められたりしないかと、ヒヤヒヤする訳。
それで問われてもいないのに、

「あの~、この会議費と言うのは取引先の方と~」とか、
「自宅の光熱費は入れていませ~ん」とか、
「あ、なかには家族で飲んじゃったコーヒーとかもあったかも~」なんて自白したり

そこそこ「グレー」な部分もあったはず。
白か黒かって問われたら~~~~

「オフ・ホワイト~!」なんてね(*^-^*)

そんなことを思っていたら、気立ての良いこのお兄さん。
私が持参した「総勘定元帳」をパラリとめくりながら
「大丈夫ですよ! これぐらい」とにっこり。

「ホッ」と小心者の私^^


ところがお兄さん
「そこに『確定』と書いて」と、書類を指差し。

む、む、むっ。
なのに、ボールペンが止まってしまう私。

『確定』、その文字が出てこな~い!
PC、キーボードを叩けば変換されてくるはずのその二文字。
書けと言われるとスッと出てこない。

もう汗。

お兄さん、「あら、ド忘れですか~」と言って
メモ用紙にその文字を綴ってくれて。

なんですかね~。
PCに頼りすぎているとこうなっちゃうのかな(ま、私だけですよね^^)

で、なんだか私、言っちゃったわけ。

「いえ、いえ、ド忘れとかじゃなくって、最初から知りませんでした~」なんて^^

お兄さん、笑っていたけれど。
最近の税務署は、こんなおバカな事言うオバさんにも対応できる、柔軟な人材を確保するのね~。

(ところで「確定」の文字のなかには、私の名字の一部が入っているというのに書けないなんて、なさけなや^^)

ここで一件落着のはずなんですが。
実は顧問の税理士さんのほうでも気を利かせ、決算期限に間に合うよう電子申告をしてくれていた模様。
それはそれでありがたいことなんだけれど。

二重申告。

したがって後日、私の提出したものを取り下げてもらうべく出頭、じゃなくて出向きましたよ。

ところが税理士さん提出の申告書はなぜか、売上額が百数十万ほど多くなっていて。
調べてみるとそこは私のつけた額が正しいとな。

で、結局「更正の請求」という手続きをしに再度税務署へ。
それがようやく先週末に終了。

今は、ほっとしているところ。
この一連の手続きで、来年は自分で「決算申告」できそうという自信が。

夫がほぼ一人で細々と営んでいる会社。
売上は年々縮小傾向。

だってもう、年金受給年齢に限りなく近づいてきているわけでして。
身体に負担の掛からない程度に営んでいければ良いかなって。
だから私が税務署へ出向き、ヒヤリとしながら「決算申告」するので十分みたい^^

dowasure1.gif
dowasure2.gif
dowasure3.gif
dowasure4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2017年07月21日 (金) | 編集 |
すっかり遅くなってしまったけれど、先月中旬に受けたC型肝炎著効後1年の検査結果です。
すぐにUPをと思っていたけれど、営んでいる会社の決算期で忙殺。

定期検診予約日前日に高熱と腹痛で検査は後日に延びて。
点滴やら抗生剤、それに頸椎ヘルニアの方でも2種の薬を服用。
肝臓数値が上がる可能性があると言われていたので、血液検査など良い結果は望めないとは思ってはいたけれど。

うん、やっぱり微妙に上がっていましたね。
このたびの薬、服薬前の今年3月初旬の検査値が一番良かったかな。

・AST 24
・ALT 10 だったから。 

以後は後退。
昨年同時期の数値よりも微増。
気を付けて過ごしていたのに。
ここへきて頸椎ヘルニアになり、肝臓に影響のある薬の服薬。
おまけに熱出して腹痛おこして抗生剤。

まるで学生時代の試験みたい。
必死に勉強していていたのに土壇場でインフルエンザになったとか。
で、結果は最悪って感じで。
あの時の悪夢が~

血液検査結果は下記の通り(クリックすると大きいタイプに)。

dracula_s_20170615.gif

先生はいずれも基準値内で問題ありませんとのこと。
画像検査(エコー)も異常なしと。

でも私、見つけちゃったんですよね。
フィブロスキャンの数値。
昨年同時期は「4.4」、今年はというと「4.5」。

「0.1上がってる~!!!」と
思わず声にでちゃったわ。

先生は笑いながら
「それは誤差の範囲、1日の間でもそれくらいは変化するし術者にもよりますよ」と。

わたし
「趣味なんです~、数値に一喜一憂するのが~^^」
なんて、訳の分からないことを言ってごまかして。

でもね~。
そう言われても。
もっともっと良くなる気、100%で臨んでいたから。

フィブロスキャンの数値も肝数値も。
それにAFPだって、糖鎖マーカーM2BPGiだって。
CAP値は昨年が166dB/mから、194dB/mへ(脂肪が増えた)。

かなり良い子で過ごした一年だったのに……(☍﹏⁰)

いずれも昨年より悪いわ。

若い訳じゃないから、そんなふうな改善は望めないのかな。
期待するとストレスだから、しょうがないから大幅に軌道修正。
良くなろうなんて思わず、これより悪くなるのだけは避けようと。
そんな気持ちでまた一年過ごしましょうと。
来年の定期受診日へ向けて。

そう、それとあと一つ。
HbA1c(NGSP)が、 5.8 ですって(◎_◎;)

これって、もはや糖尿病予備軍じゃありませんか!
いくらお上品ぶっても(^^)これじゃ、バレバレ。
毎日まいにち昼食後のスイーツを欠かさなかったことが。
いやしいマネしていたことが。
昨年は5.4だったから、一挙に0.4のUPだよ~(゚□゚;)

食生活にもかなり気を付けていたのね。
朝一の野菜は、その日一日の血糖値上昇を穏やかにすると。
したがってHbA1cの低下を望めると、某テレビ健康番組でも言っていたから。

だから、朝は季節の野菜に アマニオイル1、2滴。
それにオーガニックレモン果汁をそそぎ、シラスをのせて。
あとはプロティン入りミルクコーヒー、というのがいつもの定番朝食。

お昼は外食も多いけど、穀類は少なめに。

夜は主食の穀類はほぼ抜き、副菜は普通に食して。
週一は、おビール(低アルコールのアサヒオフね^^)も楽しんでいたけれど。

運動だって週1のエアロビは欠かさなかったし。
頸椎ヘルニアなのであまり無理なスポーツはできないけれど、週3回はウオーキングも。
30分から1時間程度。
エコー検査前日なんかどこまで歩けるかなんて思いつつ、気が付いたら18キロくらい歩いちゃって。
4時間程度だったかな。
足にマメ出来てたわ(;^-^)

なのになのに、
HbA1c(NGSP) 5.8だよ~(・。・)

昼食後のスイーツがいけなかったのね。

頸椎ヘルニアの症状も一進一退。
首の牽引、首吊りにせっせと通う日々。

首にあてがわれた器具。
これは私にとって心静かに日々を悔い改める一時。
神妙な面持ちで挑む懺悔の時間。

このHbA1c(NGSP)が「5.8」を記録したことを。
いやしいマネし続けたこの一年を悔い改めなきゃと。

だから、だから。
この首の牽引療法、もっともっと続けなきゃならないのです。
したがって頸椎ヘルニアも治ってしまったら……

困るんです~。
懺悔の時間がなくなっちゃうんです~。

わ~ん 。゚(T^T)゚。



ところで7月8日、私の通っている病院で肝臓教室がありました。
かの有名な、虎の門病院分院長(肝臓内科) 熊田博光先生の講演があるとのこと。
ひとめお目にかかりたくて行ってきましたよ。

これから出てくるC型肝炎飲み薬、まだSVRを得られていない方へ向けた取り組みなど。
真摯な想いが伝わってくる内容でした。

一人も取り残されることなく、SVRをむかえられますように!

終盤、質疑応答で私の主治医が
「SVRをむかえた患者さん方に一年後の定期検診でお会いすると、皆さんどんどん丸くなって(太って)いるんですね。どのようなアドバイスをしたらよいか…」みたいなことを質問していたような。

丸くなる=太る=私だわ^^
これを受けて来年の定期検診時はなんとしても今の体重を維持し、丸くなるのは避けなくちゃ。

というより、アレだわ。
私の場合は性格が丸くなってお目にかかれば良いわね (o^―^o)

kon_ha201707.jpg

▲左は散歩コースで目にするコギツネちゃん(何だか可愛らしくてついパチリ)
 右は我が家の雑草畑に自生した青じそか、エゴマ ? 食べてもわからない、どっちかな~ (o゜ー゜o)??

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


2017年06月13日 (火) | 編集 |
相変わらずのヘタヘタ漫画も描いたので見てね~(最下部)^^


お久しぶりです。
すっかりブログから遠ざかっていたら、又しても雑草(広告)だらけ(¯―¯٥)
ついでに我が家の庭も雑草だらけ。

▼これは証拠写真
kusadarake201706.jpg

ところで頸椎ヘルニアの方は少し良くなってきたかなぁって思っていたら、またぶり返したり…。
なかなか思う様に回復はせず。
それでも、ここのところ少し良い感じ^^

薬での治療は肝臓にも負担をかける様なので、リハビリ(運動療法)主体でいこうかと。
で、近くのクリニックを紹介されて。

そこで初対面のDr.
とっても貫禄あるお医者さま。
張りのある大きな声で話される。
どちらかというと「大声」は〜、ニガテなんですが〜σ(^_^;)

でもね、Dr. ぴしっと
「100%、いえ120% 治ります!」と(・。・)

そう言ってくれた。
「120%」!
「100%」じゃなくて「120%」と。

なんだかこういう自分にとって都合良い言葉は、大声だろうが呟きだろうがしっかりと入ってくるわけ。
キャッチするの。
心に。

もうホントにうれしかった!
それだけで治療せずとも治ってしまうんじゃないかって(*^-^*)

でもね、そんな簡単にはいかないことを…、
リップサービスも含まれているはずだってことを、学習してしまっているのね。
年齢を重ね(過ぎ^^)た、このお年になると。

因みに完璧キレイな頸椎ヘルニアだそう。
(ヘルニアがキレイって言われてもね~^o^;)

治療法は首の牽引と電気など。
そして理学療法士さんによる運動療法。

この首の牽引。
これが〜 (◎_◎;)
「ゾ、ゾォ〜っ!」の、まるで

「首吊り~! こ、公開処刑〜!」ってな感じ (¯―¯٥)

はじめての日。
看護師(?)さんに、そのワッカ(^^)を首にあてがわれて。

「痛くないですか?」
「大丈夫ですか?」と、問われ。

神妙な顔のわたし。
「い、痛くはないけれど、なんか気分的に〜、犯罪者の感じが〜」と
看護師さん、苦笑。

そう、なんていうかやっぱ犯罪者な気分。
たいして悪いこともしていないはずなのに。
あんな事とかこんな事とか、思い当たるフシなどまったくない(ハズだ)し
そう、法に触れる様な事など、した記憶はございません。

なのに首に巻かれた機具。
10分というこの時間。

妙に懺悔な気分にさせられて。

そのあとは電気療法。
椅子にすわって首から肩、腕にかけて低周波の装置をつけられ。
そしてビリビリと電流を流される。

それは、公開処刑2。
電気椅子だわ(@゚﹏゚@)

でも、なんとかクリア。
いつも行く温泉にある電気風呂と同じ。

あとは理学療法士のお兄さんの手によるマッサージ。
そして効果的な運動の仕方を伝授してくれて。

このマッサージがまた気持ちよくて。
つい、うとっと^^
「う〜ん、そこそこ」 なんて。

お兄さん。
若いわ。
イケメンだわ。
良いわ〜。

でもね、お兄さんは良いけれど、なかなか良くはならないのね。
わたし。
若くはないし、そうかんたんにはいかないのでしょう。

そうこうしているうちに、年一度の肝臓定期受診日が近づいて。

ちょっとばかり、というか、かなり成長してしまって。
体重が。
だから少し減らさなきゃと。

燃やせ、体脂肪!
落とせ、体重!
付けよう、体力!

のキャッチフレーズのもと、小一時間ほど歩くことに。

週1回のエアロは続けているけれど。
もう少し運動量を増やさなきゃね。
首もこんなだから、激しい運動はムリなので歩くのが一番ねと。

あちこちの公園に出かけては速足で。
2〜3キロかなぁ。
炎天下、汗びっしょで。
札幌も暑い日があったから。

で、公園までは車で行くのだけれど。
トイレタイムをつい見失い。
公園とかのトイレはどうも苦手。
お猫でいうと、ほら、自分のテリトリー以外は行きづらいでしょ。
それ(=^・^=)

そんな生活を一月ほど過ごしていたら…
高熱出しちゃったわけ。
右下脇腹に筋肉痛のような痛みを覚え。

これは普通じゃないと。
症状からして腎盂炎。

何時もだと解熱剤も使わず「おとなしく寝ていれば治る」なんて、ひたすらガマンするところだけれど。
この時みたく。

でも今度ばかりは、ガマン大会は見送(。-_-。)
すぐ近くのクリニックへ。

先生は触診のあと「お腹にくる風邪でしょう」と。
抗生剤の点滴と炎症反応(CRP)の血液検査。
ついでに肝臓のほうの検査もリクエスト。
ただ「HCV-RNA定量」については肝臓専門クリニックではないので「健康保険」を使えないとのこと。
なのでパス(これは間もなく訪れる定期検診でおこなうし)。

結果は前回の「久々の血液検査」  に記したのとほぼ同じ。
頸椎ヘルニア用の内服薬を飲み続けていた割には、多少の上下はあったもののすべて正常値。
ただ、炎症反応「CRP」と「白血球数」は、ど~んと跳ね上がっていましたよ。 

そんなこんなで歩いて体重戻そうとしていたけれど、想定外の高熱出して、お腹も痛めて戻すことに。
体重。
目標だった、マイナス3キロ!

すっかりやつれちゃったけれどね~(゚ー゚;

それにね、高熱2日目は、おりしも肝臓の定期受診予約日。
やらかしてしまったのです。
出向くのはムリ。
夫にキャンセルの電話を入れてもらって。
予約を入れていた病院に。

というわけで、検査の日は今週末と先送りされたのです。
C型肝炎。
ハーボニーでの著効後、一年。
何とか、クリアできるでしょうか。

怖いわ~(゚□゚;)




昨年11月、訃報をお知らせしたブロ友の「風来ねこさん」。

実は4月末に、彼女のご友人の方から下記のようなメッセージを頂きました。

*** * *** * *** * *** * *** * *** * *** * *** * ***

先日、風来ねこさんのお宅にお邪魔してきました^^
茶太郎くんも みぃちゃんも元気に過ごしているようですよ!
今ではお父様が甲斐甲斐しくお世話をしているみたいで
2匹のネコを大事に大切に思っているとのことです。
そんなほのぼのした話を聞けて
私も一安心です!

ネコちゃん仲間にどうぞお伝えくださいね☆

*** * *** * *** * *** * *** * *** * *** * *** * ***

cha.jpg
▲写真はお借りしました。

すっかりお知らせするのが遅くなってしまい、ごめんなさい。

私も安心しました^^
お空の上で、風来ねこさんも微笑んでいるかなぁ(*^-^*)



kubiga1.gif
kubiga2_2.gif
kubiga3.gif
kubiga4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村




2017年04月05日 (水) | 編集 |
左手の痺れや肩凝りの症状が酷くてブログから遠ざかっていたら、なんと雑草が生えいるとお知らせを受けて。
私ブログに(雑草って広告のことなのね^^)。
雑草は我が家の庭だけにしてくださいな~(。-_-。) 

ま、どってことない惰性で綴っているようなブログだから~。
雑草でもキノコでも生えてくださいな。
あ、でもキノコ、マツタケなら大歓迎なんですけど~(*^¬^*)

そんな訳で整形外科と薬のお世話になりながら、の~んびりと暮らしておりましたよ。

レントゲンの結果は軽い頸椎症でしょうと診断されていて。
エペリゾン塩酸塩錠50㎎(1日3錠)を服薬してみてと医師より。
2週間後、再度受診。
眠気がくるだけであまり変化のないことを告げ、
あの恐れていた(閉所恐怖症^^:)MRI検査を自ら希望。
(後日、このキョーフ体験を綴ろうかな

結果、頚椎症から「頸椎ヘルニア」へと立派(?)に昇格!
頸椎5番6番と聞いていたけれど、3番4番の方が酷そう。
といってもいずれも軽度とのことで、薬で様子見。

ということでお薬「リリカ25mg(1日1錠)」が、就寝前に追加。
これが効いてくれるような気がしたんだけれど。
どうも暗示にかかりやすいタイプなのか、そう思ったのは最初だけ。

PCの前に座ってのデスクワーク。
1時間もすると左肩の痛みと痺れでダメ。

とりあえず、あともう少し服薬してみてくださいとのこと。

服薬している薬の副作用として、
眠気、ふらつき、脱力感、発疹、頭痛、胃部不快感、手足の痺れ(?)等々や、肝臓の数値も悪くなる場合があるそう。
なので、血液検査を希望したかったのだけれど。

そういえば血液検査。
C型肝炎著効後、昨年5月末から検査をしていなかったっけ。
私は主治医より、年1回の検査受診をと言われていたけれど。
お仲間さんのところでは確か6か月ごとの検診を推奨していたような。
なので、間に会社でする健康診断を取り入れようと思っていて。

だけどもう来月にはその一年後の受診日。
整形外科ばかり受診しているうちに月日は過ぎて……。

とりあえず「リリカ」を服薬する前の現状態を知りたいので、てっとりばやい薬局で販売されている血液検査「自己採血キッド」を購入。

検査結果は「血液検査結果」へ。

kubimakuraplus_s.jpg

▲この首枕をして「首長族」な日々を送っていますよ^^(画像はお借りしました)


ところで先週末、釣りキチ夫に同行して とある漁港へと。
そこには野良猫ちゃんが2匹いるらしくて。
猫用煮干しとカリカリを持参。
いましたよ~、ほら。

umide20170401.jpg

▲警戒しながらも寄ってきて(でもカラスが襲ってきそう)

釣りはカレイが2枚。
事務所に戻り、クーラーから出そうとしていたら取引先から電話が。
戻るとその2枚のカレイは、事務所周りに居ついてしまったノラちゃんに持っていかれちゃったとか。
きっと、自分用のお土産だと思ったのね。
猫ちゃん(=^・^=)

kurumanositakara20170401.jpg


▲近くに停まっていたトラック下へ潜り込むノラちゃん(右下円形のところ、わかるかなぁ)


お休みしている間にも「拍手コメント」をくださったり、お立ち寄りくださり有難うございました。
 思うようにお返事ができなくてごめんなさいm(u_u)m


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2017年04月05日 (水) | 編集 |
C型肝炎著効後、昨年5月末から遠のいていた血液検査。
私の場合、年一度の検診でよいでしょうと主治医より言われていて。
でも、お仲間さんの所では確か6か月ごとの検診を推奨されていたような。
なので、中間に会社で行っている健康診断を入れようとしていて。

ところが月日はどんどん過ぎて……。
整形外科通いをしているうちに、来月にはもうその一年後の検査日が…… (・。・)

そんなこんなで頸椎ヘルニアを発症し、薬を服薬することになり。
副作用に肝数値の悪化もあるようなので、その直前に急きょ薬局で販売されている「血液検査・自己採血キッド」を購入。

現在の状態を知っておきたくて。
検査結果は

TP 7.7 g/dl
Alb 4.4 g/dl
AST 24 IU/L
ALT 10 IU/L
γ-GTP 22 IU/L
TC 158 mg/dl
HDL-C 72 mg/dl
TG 54 mg/dl
UA  4.2 mg/dl
BUN 9.5 mg/dl
CRE 0.5 mg/dl
Gluc 81 mg/dl

すべて正常値とのコメント。
とりあえずの一般生活習慣病の12項目でした。

私としてはAFPや血小板数値、HbA1等も知りたいところでしたが、それは来月までお預け。
頸椎ヘルニアの薬をびっしり飲むので、きっと数値も高くなるのではと恐々としています。

C型肝炎治療薬「ハーボニー」服薬時、および終了後の血液検査結果は
カテゴリ「ハーボニー治療など」にも。

頚椎ヘルニアの現症状などは、こちらに綴っています。
http://ckandamelog.blog.fc2.com/blog-category-13.html

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2017年03月03日 (金) | 編集 |
ここのところずっと左手の痺れや肩の痛みで、ブルーな日々を過ごしていました。
ハーボニー治療を始める少し前より出た頚椎の症状。
ちょうど一年前整形外科で診てもらって。
レントゲンを撮っての結果、頚椎症でしょうと。
若干のズレが頚椎にみられるも軽度とのことで、生活上の制限はナシでした。
もう少し悪くなってから再度受診をと。

で、昨年12月ころより酷い肩凝に悩まされ。
それと同時に左腕・指に痺れを感じる度合いが強みを増し頻繁に。
特にPCの前に座るとその症状は顕著になり、仕事にも支障をきたして。

家業である店舗等のディスプレー什器作成の手伝いをすることもあり、そこでも支障が。
手に力が入りづらく、作り上げた製品を落としてしまったりと。

そんなわけでPCの前に座る時間を減らしたり、夫の手伝いも控えていた訳なんですね。
そうすると痺れや痛みは軽減されて。

だけどこれはもう十分症状が悪化しているので、再受診は咎められないよねと病院へ。
予約の電話を入れ、もうMRIを撮られることを覚悟して

あの

「狭いよ~!」
「暗いよ~!」
「怖いよ~!」
「棺桶みたいだよ~!」
「ガンガンって音がうるさいよ~!」

の、MRI (@゚﹏゚@)

もっ、パニックになったらどうしましょと。
でもそんなこと言ってはいられないし。

で、病院。
整形外科。

名前が呼ばれ診察室へ。
昨年と同じ穏やかな話し方の先生。
なんだかそれだけで安心^^
畳み込むようにガンガンと大きな声で話されるドクターは、なんだか苦手。

「どうされましたか?」と言いながら、
「じゃ、ひとまずレントゲンを撮ってみましょうか」と先生。

私、
「被爆が心配なのでMRIを撮るならそちらだけでダメでしょうか?」と申し出て。

「でも流れとしてはレントゲンで診てから、必要であればMRIということで良いのでは?」と先生。

あのキョーフのMRIをしなくてもすむという訳?
と、ここで臆病者の私、にんまりと (o^―^o)

「ハイ^^」と頷いて。

で、レントゲンの結果。

「昨年と変わっていませんね~」
「悪化はしていないようですよ」と先生。

腱反射などもしらべ。
MRIを撮る必要もないでしょうとも。
どうしてもというなら撮ることもできるようですが、現状では手術の適用にはならないとのこと。

「撮影費用もかさみますからね」と。

なんとも良心的なお言葉。
というか、私がビンボーくさそうだからお慈悲で言ってくれたのかな^^

だけど痺れや痛みはかなり増していると申し出て。
けっきょく痛み止めの薬が処方されて。

痺れにも効く薬も処方されそうだったけれど、肝臓に負担をかけたくないとのことで酷い方の症状のものをセレクト。

処方されたのは
「エペリゾン塩酸塩錠 50mg 1日3錠 21日分」
「モーラステープ」

「エペリゾン塩酸塩錠」
ちょっと心配なので副作用を検索してみたら……
「肝臓:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)」と

どうしましょ。
今、まだ飲まずに見合わせ中。
PC操作や仕事から、できるだけ離れていると症状は軽くなっているし……。

そんなわけで、少しの間ブログをお休みしようと思います。
といっても、ほとんどお休み状態でしたが~(;^-^)

皆さまにおかれましては、どうぞ真面目にブログを更新してくださいませ^^
こっそりと伺わせてもらいますからね~(*^-^*)

zuruyasumi20170303.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2017年02月10日 (金) | 編集 |
ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


先週金曜日は節分でしたね。
そんななか同病だったブロ友さんと、はじめてご対面。
オフ会。

前日までの吹雪は止み、良いお天気。
でも寒さはひときわ厳しくて。
この冬一番じゃないの~? と、思うほど。

待ち合わせは札幌駅、石のオブジェのあるところ。
そう、昨年秋、akioさんとも待ち合わせたあの「妙夢」で。 

やっぱりドキドキしますね~。
ブログでは何度もコメントを交わしてはいたけれど。

でも同じ道産子。
今はカナダ在住だけど。
HN、豚ちゃん。
なんてバイリンガルな~^^

所用で帰国している僅かな時間を割いてくれて。
カナダにて私より一足早く経口薬でC型肝炎ウイルスを追いやり、元気いっぱいの彼女。
なんだか久々に会った昔っからの親友みたい。
予定していた北海道神宮での節分祭へと足を向け。

地下鉄を乗り継ぎ、目的地まで10分ほど歩いて。
毎年行われているという神宮での節分祭。
実は私、全く知らなくて今回が初めての参加。

これは、豚ちゃんのプラン。
節分祭での豆まき。
福豆や福餅、それに副銭もまかれるとのこと。

今年は例年になく大勢の人が集まったようですね。
地元放送局のアナウンサーの方々、凍える手でマイクを握っていて。
宮司さんが、そして肝心の鬼さんがなかなか現れてくれない。

待つこと1時間弱。
もう手も顔も凍り付いてしまいそうなくらいの寒風。
私のHNさながら、本当に「冷凍SANMA」になりそう。
鼻水なんか、拭いてもふいても凍てついて。

豚ちゃんまでも、
「冷凍豚ちゃん」にさせてしまったら大変だわなんて思いつつ(;^-^)
だけどそんななか、おしゃべりは絶え間なく続いて。

ようやく鬼さんが現れて。
もっ、チコクじゃないですか!

宮司さんが、すかさず退治!
さあ、お待ちかねの豆まきスタート!

いや~、皆さんすごいですね~。
この寒空に熱気が、ど、どっーと!
両手をあげて「くださいな~!」のポーズ。

だけどね~、なかなか手にできなくて
もう、「おしくらまんじゅう」状態で必死!
すぐ斜め前の人たちが数人転んじゃったりして。

そうかと思うと大きいな紙袋を頭上にあげ、一気に拾い受けようとしている人。
あ、それは反則じゃないのー???
ズルイ! と言いつつ、私も紙袋を持っていないかしらなんてバッグをまさぐり。
「来年は持参しなきゃ」なんて豚ちゃんに相槌を求める私(*^¬^*)

そんなこんなでようやく「福豆1袋」GET。
本日の収穫は、これ1袋のみ。
でもね、もっともっと大きな収穫があったから^^

それはかねてから会いたかった、豚ちゃんに会えたこと。
そして沢山たくさんお話しできたこと。
とっても充実した時間を過ごせたこと。

そうそう、肝炎著効のお礼参りもしましたよ。
厳かに手をあわせて。
onitaiji_2_20170203.jpg


無事、節分祭も終えコーヒータイムは、そこから徒歩10分ほどのカフェ。
裏路地にある古民家という佇まい。

森彦。


morihico20170203.jpg

レトロな風情あふれるカフェ。
さっきまでの凍てつく寒さが嘘のようにそこは暖かな空間。
豚ちゃんとの語らい。

美味しいコーヒーとチーズケーキ。
すっかり満たされて。
「また会いましょうね」
「今度はランチね^^」

そんな会話を後に帰路へと。

とっても前向きで行動家、そしてフレキシブルな豚ちゃん。
若々しくてチャーミングで、キラキラしていましたよ(o^―^o)

p_of.gif
p_of2.gif
p_of3.gif
p_of4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2017年01月30日 (月) | 編集 |
ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


C型肝炎を追いやってからというもの、何かしらのんびり過ごしていますよ。
更にというべきかもしれません。
このボーッとした日々。
気が付いたらもう2月如月はすぐそこに。

たいして忙しくもないけれど、例によって遅ればせながら夫と私の年末調整書類を作っていて。
明日には税務署に提出できるでしょう。

そんな時に限って夫ったら言うわけ。
スラックスの裾がほどけたとか。
糸がだらだら~っと垂れてきて。

で、
「アンタ、忙しそうだからオレ自分で縫うわ」とか。
お針箱を出して針に糸を通してる。

わたし見かねて
「私が縫うよ」
「ガタガタ縫い目になんかされたら、恥ずかしいじゃない」
「私がヘタだと思われるんだから」と。

そう言って夫から、スラックスと針と糸を取り上げる私。
ここはね~、「まつり縫いなのよ」なんて呟きながら。

だけど。
む、む、むっ

なにやらスラックス表面にガタガタと、醜い縫い目が出てきて
(嫌ね~、これは老眼が進んだ証拠
「こ、これはダメだわ、やり直す~!」と私。

でも、もう出かけなきゃならず。
取引先のおエライ様に会う時間が迫ってきて~。

そうしたら夫ったら
「大丈夫! そのままで」
「オレが縫ったことにしておくから」だって(;^-^)

これってホントに大丈夫なことかなぁ。
なんか違うような気もするけど~(o゜ー゜o)?? 


ところで、もうひとつの「大丈夫?」なんだけど。
そう、それは「ハーボニー偽造品流通」のこと。

私のC型肝炎が著効に至ったのも、このハーボニーという薬のおかげ。
とてもお高いお薬でした。
その偽造品が流通されたということでニュースが流れましたね。
ブロ友さんからもお知らせを受けたり、案じてのメールが。
幸い服薬に至った方はおられなかったとのこと。

今日もこちら地元新聞朝刊に再度掲載されていました。
厚生労働省siteにも詳しいことが。

迅速に全容解明がなされますように!
私としてはこのニセ薬の成分は、どのようなものだったのか知りたいと。
現在調査中のようですが。
毒物でないことを祈りたいです。

ビタミン剤など気軽に摂取しているこの頃。
はたと手に取って
「これ、ニセモノじゃないよね?」なんて疑惑の目でみている私。

h_20170130.jpg

▲今朝(1/30)の北海道新聞

kanito_v3_20170130.jpg

▲先日宿泊した登別温泉
 夕食バイキングで蟹の親爪(キュウリはさんでる)とピースサイン(夫です(^-^;)

gatagatada1.gif
gatagatada2.gif
gatagatada3.gif
gatagatada4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2017年01月13日 (金) | 編集 |
ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


お正月が過ぎ、体重計に恐れおののくこのごろ。
しっかりと脂肪をため込んだ、お腹あたりをさすりながら。

だけど昨年12月、暮れも押し迫ったある日の夕食。
質素だった~

おでん好きの私。
だから多めに作るわけ。
いつも。

でも家族には不評なんですよね~。
味が薄いとかで。
血圧高めの夫のために日頃塩分には気を付けている私。

で、さあ出来た!
ということでガスの火を消し、おでんの入った鍋を持ったのね。
片手鍋なんだけど。
と、その時、悲劇が~!

取っ手が折れた(・。・)
ポキッって。

鍋は逆さまになって足元に落ちて。
もちろん出来上がったアツアツの、おでんも(@゚﹏゚@) 

キッチンシンク下のフローリングへ。

傍にいた夫。
何事かとこちらを見る。

唖然としながらも私、言ったわけ。
「すごくない? 私」
「火傷しなかったよ、逃げたよ、逃げ切ったよ!」と、折れた取っ手を握りしめながら訳の分からない自慢(;^-^)

だってね~、万年「体育2」だった私ですよ。 
あんな熱いものが足元にかかってきて、瞬時に逃げ切ったなんて。
衣服を濡らすことなく火傷もせず。
なんだか感動さえ覚えている私^^
日ごろのエアロビクス、少しは役に立っているのかも。

なんにせよ、2016年の厄をぜ~んぶ落とした気分 (o^―^o)

ということでこの日の夕食。
お得意の超簡単手抜きメニュー。

「豆腐の姿造り」。
なんのことはない「冷奴」。
パックから出して薬味をのせて。
ストーブのスイッチ、MAXにして頂きましたよ。 
egatoreta2_20161229.jpg

▲こちらはその取っ手が壊れた片手鍋。
(数年しか使っていないのに見事にポキッって。これは日頃せっせとお料理作りに勤しんだ賜物に違いないかと^^)


hiyokozouni20170107_2.jpg

▲こちらは、お雑煮というか「お雑似」。
今年の干支にちなんで「ヒヨコ顔」のお餅。
味に自信ないから、こういうところで細工

実は、毎年この季節恒例の
「新春企画 お雑煮で心ひとつに」に参加させてもらおうとして作ったもの。

ブロ友さん、かのぼんさん企画。 

「参加する、する!」とか言いつつ、締め切りに間に合わず
(かのぼんさん、ごめんなさいm(u_u)m)

昨年は、象さん餅に挑戦。
名付けて『象煮』に^^  

こうみると、なんか発展していませんね~。
今年も停滞した一年になるかも(;^-^)

odenga1.gif
odenga2.gif
odenga4.gif
odenga5.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年12月30日 (金) | 編集 |
ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


いつもお世話になっている、お仲間さん。
秋にその「会」のロゴ作りをさせていただくことに。

ずっと携わってきたこと。
仕事としても趣味としても。
なので、想いを込めて作らせていただきました。

肝炎が著効してホッと胸をなでおろした春先。
そして、今年一年が終わろうとしている今。
思い出深い年となることは言うまでもありません。

いろんなことに、ありがとう~(*^-^*)

ところで、このロゴ作りのことなんだけれど。
私がまだまだ、ず~っと若かったころ。
そう、かなりの大昔^^

専門学校を出て、初めて就職したデザイン事務所。
そこでのお初仕事は、某競馬新聞のレースタイトル書き。
たしか「はまなす賞」だったかな?
その時分に、はたしてそんなタイトルのレースがあったのかは疑問だけれど。
(だから勘違いかも)

なんだか苦労してデザインしたのを覚えていますよ。
で、評価は
「スピード感はあるものの、少し弱々しい」とか。

でもとにかく、初めての仕事。
印刷され店頭に置かれたその新聞に感激したものでした。
一部は印刷見本として、いただくことができ。
でもどうしてももう一部欲しくて、地下鉄駅の売店で買い求めたことが。

21歳の頃たっだかなぁ。
恥ずかしかった。
競馬新聞なんて買うのが。

一人暮らしをしていた私。
どうしても田舎に住む両親に見せたくて。

帰省時、母に見せたら
「あら~、そうなの。 上手に出来ているじゃない」
「大事にしまっておかなきゃね~」と。

なのに、なのに~。
次の日目が覚めて台所に行ったら、その競馬新聞が~

「鍋の底」に敷かれていて~(・。・)

とっても几帳面で綺麗好きな母だったっけ。
新聞などから、スクラップするのも好きで。

私はといえば、スクラップまではするけれど。
それごと、行方不明にしてしまうのが常(;^-^)

少しとぼけたところがあった母。
先週は、そんな母の25回目の命日でした。



2016年も、明日で終わりですね。
とりとめのないことばかり綴っている、私ブログ。
お付き合いくださって、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいね。


umoreta20161229.jpg

▲我家、窓から見た庭(右は車、家も車も埋もれています) 


baabashinbun1.gif
baabashinbun2.gif
baabashinbun3.gif
baabashinbun4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年12月16日 (金) | 編集 |
友人が非結核性肺抗酸菌症という病気を抱えていて。
病状が思わしくないとのことで先週入院。
少し前、励まそうとして言った私の言葉に苛立ちを覚えたと。

私、
「頑張ってね、良くなるように祈っているからね」と言って。

彼女の病気。
今のところ特効薬もなく、今まで服薬した薬で耐性ができてしまっていると。
それでもその薬を使わざるを得ないか、または手術になるかもしれないとも医師から告げられたそう。
入院も2か月ほどに及ぶそうな。

私以外の友人からも、
「入院して、心も身体も治してきてね」と言われたと。
その「心も」の言葉に、ブチ切れそうになったと。 
「身体は病んでいても、心までは病んでいない!」と彼女。

病気と闘っているときって、そう明るく前向きに物事を良い方ばかりに受けとめられないことも。
よく言われる「明るい気持ちで元気に」とか「前向きに、笑顔で」との言葉も、時としては心に重くのしかかり、かえって辛いかなぁって部分はあるかなぁ。
そんなこと、C型肝炎と向き合ってきた自分にはよくわかっていたはずなのに……。

何だか彼女のその辛い思いが伝わってきて。
私、おもわず
「じゃ、祈るんじゃなくて、そんなこと言ったお友達のこと呪おう!」
と、言ってしまった(・。・)

「祈るんじゃなくて、呪って、そして元気になって退院して見返そう!」
「一緒に呪っていてあげるから!」なんてことをさらに続けて放ってしまった私

悪魔ですね~(;^-^)

でもね~、知っているんですよ。
病状が落ち着いて退院するころには、そんなことコロッと忘れてしまうってこと。
笑顔で退院報告をするってことを。
その彼女の友人に。

ひょんなことから私も、呪ってしまうことになった彼女のお友達の方。
私の知らないそのご友人。
ごめんなさい。
成り行きで呪ってしまってm(u_u)m

私の「呪い」なんて、全然パワー弱いので気にしないでくださいませ。

「箸が転んでも怒る年頃」になってしまったオバさんの戯言とお許しくださいませ。

P.S.
これを綴っているうちに入院中の彼女からメールが。
内視鏡を入れての肺の検査で病状はすすんでいなくて、服薬も手術もしなくてよいことになったと。
笑顔の絵文字が踊っていました。
良かった、よかった~(*^-^*)
これで完全に「呪い」は解けましたよ~^^

pi1.jpg
poppo3.gif

こちら画像は「サンタピカチュウ」。
13日にGETしましたよ~^^
(ボケ防止でやっている「ポケGO」)

でもね、なんだかよく出没される「ポッポさん」が寒そうで。
なのでサンタ帽を被せてあげました。ポッポさんに。
ちょっと大きかったみたいだけど。

頚椎症で手が痺れるのでPC操作は少し自粛。
マンガもお休みしているのに、こんなことして遊んでいます^^
頚椎症には良くないかも

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村