2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年10月06日 (木) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


ブログを綴るようになって約3年。
憧れていたオフ会。

先週末、その日は突如訪れて。

こちらにいらっしゃると連絡を受け。
コーヒーの美味しカフェで会うことに。

で、私、会場係。
地元だし、当然のごとく相応しいカフェ知っているハズ。
ハズ、はず……。
なのに慌てる私。

札幌に住んでもう何十年にもなるというのに、その辺りは無頓着。
郊外は探索するけれど札幌市内って、ほぼノーマーク。
都会は良いけけど好きじゃない、あまのじゃく。

そう、私の知っているカフェなんて一度ブログにも綴った例の
「ウェイトレスさんの来ないカフェ」みたいな所。

しょうがないからコーヒー通の友人・知人にヘルプ。
教えられたところをリサーチ。
これって「覆面モニター」みたい^^ なんて思いつつ。
娘をお供に。

当然、コーヒーよりスイーツの方へ目が行って。
結果、お腹にしっかり脂肪をため込みつつ、そのオフ会「X-Day」をむかえたのです。

集合場所(二人だけど)は、札幌駅南口オブジェ「妙夢」。
友人ともよく待ち合わせるところ。
「サツエキ、石のとこね」なんて言ってたよ、私達(・。・)
「妙夢」って言うのね。
あの石、オブジェ。

ishi20161006.jpg
(画像はお借りしました)

午後2時51分。
時間まであと9分。
何だかドキドキ。
病院で検査結果を聞くときみたい。

出会ったら何て名のるの?
ハンドルネームの「冷凍SANMAです!」なんて名乗るわけ~(o゜ー゜o)??
ああ、恥ずかしい(゚ー゚*)
ここへきて、もっと真面目なHNにするんだったと後悔。

それに何話すの?
カチコチになって
「目指すところは高いコミュニケーション能力です!」とか、
「誰とでもすぐ打ち解けられて~」なんて言うわけ~?
小心内気・人見知りな私ですよ。

就活生の面接じゃあるまいし、そんなこと話さないかー(゚ー゚;
それに一応書類選考通ってるよね。
日ごろのブログやコメント欄で。

そんなことを考えながら、ドキドキ×ドキドキがMAX!

しょうがないから「ポケモンGO」、ボール拾いでもしましょうとスマホを出して。
ボール、コントロールが悪いからすぐなくなっちゃうのよね。
今、「レベル23」。
ジムで勝ったことゼロ、ひん死状態数回。
エリートトレーナー3匹。

なんてことを思いつつスマホ操作していたら……。
現れました~!!!

Akioさん!

もう、ご自身のブログに掲載されているアバターさんそのもの。
すぐ分かりましたよ。

とってもお世話になっていて。
私、C型肝炎だと知って、いえそれ以前から「akioさんブログ」にはお邪魔していたかも。
今は亡き友人も同病で、病気のこともよく調べてあげたりしていたから。   
この病気に罹患している方、その関係者の方はきっと皆さんご存知ですよね。

いつも先頭に立って新しい情報を、正しい情報を、希望を発信してくださって。
どれだけ勇気づけられたことでしょう。

だからお会いして直にお礼がしたかった。
そんな機会が訪れたことに感謝。

今回こちらにいらしたのは、
北海道在住の川西先生の講演会。
そして、肝炎友の会「はるにれ会」の観楓会に参加されるとのことで。
きっと皆さんから大歓迎を受けたことでしょう。

そんなお忙しい中、時間を作ってくださったのですね。
予定していたカフェで、その思いを伝えて。

日ごろはコメント欄を通じたネット上のお付き合い。
でもそのままの、とってもフレンドリーなakioさん(*^-^*)

肝炎をとりまく現状や、これから出る新薬のこと、治験中のことなど伺って。
あっという間の2時間。
有意義な時を共有させていただきました。
ありがとうございました。

初めてのオフ会。
楽しかった!

解散の時、これは肝炎著効したらの「お約束ごと」だとか。
握手とHUG(しちゃった)! (o^―^o)

off-meeting1.gif
off-meeting2.gif
off-meeting3.gif
off-meeting4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2015年05月29日 (金) | 編集 |
薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会(28日夕)で、ギリアドの「ハーボニー」了承とのこと。

すずめさんブログ、

トマトっとさんブログ、

Miyaさんブログ、

akioさんブログ、

それぞれのブログでいち早く紹介されていました。
とても嬉しいです!

Yukettaさんも書かれています。


とっても、ワクワクです(*^-^*)

私は今日(28日)、健康保険限度額適用認定申請書や北海道独自の助成のこと等を調べました。
電話恐怖症の私だけれど、あちこちに電話をして教えていただきましたよ。
うん、重い腰が1歩、いやいや1mmぐらいすすんだかも~(*^-^*)

waiwai.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年05月08日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


えっ、飲んでるの~!?
C型肝炎なのにアルコール飲むわけ~!?

これは夫のことですよ(^-^*) 
ま、私もたまには本物(あ、ビンボーなので第3のおビールね^^)のおビールなどをいただくけど。
ほとんどはノンアルで我慢の日々。

なのに夫ときたら、ほぼ毎日365日飲んでますね~。
もう還暦を超え、アチコチ故障をかかえた身体。
せめて週2日の休肝日を設けてほしいのに。

好きなんですね~、お酒。
という私も結婚以来この夫に添い遂げ、晩酌のお相手をしていましたよ。
C型肝炎だと分かるまでは。
というか実際はその5、6年位前からは健康が気になり控えてましたけど。
それでも週、2、3日は飲んでたかなぁ。

夫に感染していなくてよかった。
このHCVウイルス。
ごく普通に何の疑いもなく接していた日々。
家族との暮らし。

ほんの数年前までわからなかったから。
HCVウイルス保有者だと。

こんなにお酒が好きな人だから。
禁酒はそうとうストレスになるんじゃないかな。

こんなふうにアルコール漬けの夫だけど、肝臓数値は至って正常値。
検査日の夜ギリギリまでアルコール入れていたのに。
でも心臓にはリスクを持ってるし、膵臓なんかも心配。

で、このゴールデンウイークも連日飲んでたのね。
見ていると3本(缶)目に手を出そうとしていたから、

私、「それ、何本(缶)目?」

夫、「2本(缶)目」

私、「ウソ、3本(缶)目でしょう!?」

夫、「2本(缶)目だよ」
   「大体ここは、ニホン(日本)ていうじゃないの」
   「だから2本目なの~!」

だって。
 
なんだか訳のわからないことを言ってる夫。

asupara.jpg

▲庭のアスパラ(ネギと雑草に埋もれて~)とワラビがあちこちから

udo.jpg

▲裏庭にいつの間にかウドが~


m1_150508.gifm2_150508.gif

▲こちらはブロ友さんの、まんねんずさんからの頂き物「ニャン姫ちゃんどこ行くの」
 お猫キャラ、可愛いでしょう(*^-^*)

nihonmade1.gif
nihonmade2.gif
nihonmade3.gif
nihonmade4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年05月01日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


ゴールデンウイーク。
皆さん、きっとあちこちにお出かけかな~。

自営業の我家。
今年は半分仕事で、遠出はできず。
いつものように日帰り温泉というところでしょうか。
出掛けられるとしても。

以前、お猫が生きていた頃。
泊りがけで出かけるときは一苦労。

ペットホテルに預けようかと思ったりもしたけれど。
結局はペットフードと水をあちこちに置いて、一人(?)でお留守番させることに。

出先から心配になり自宅に留守電を入れる。
夫や娘に笑われながら。
帰ってからその留守電のメッセージを再生すると……

「〇〇(猫の名前)ちゃ~ん、ママだよ~! 明日帰るからね~!」
なんて絶叫している声が流れてくる(*゚ー゚*)

そして微妙に反応しているお猫。


C型肝炎という病気にサヨナラできたら、もう一度お猫のいる生活がしたいと思っている私。

この夏には念願のギリアド・サイエンシズ、ハーボニでの治療ができそうな雰囲気。
あの究極のC型肝炎治療薬といわれている……。
それまで体調整えておかなきゃ。

お猫がやってくる日も近いかなぁ(=^・^=)
来年の今頃、ペットホテルの心配なんかしているかなぁ。
そんな心配ができたら、そうなれたら……

うれしい。
pethotel1.gif
pethotel2.gif
pethotel3.gif
pethotel4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年04月17日 (金) | 編集 |
私はもうすぐ認可になるという、ギリアド社ハーボニでの治療を待ち望んでいます。
耐性のリスクや重篤な副作用の心配のない、治療期間も短く、著効率の高い治療薬ギリアドのソフォスブビル/レディパスビルの配合剤ハーボニ。
詳しくはトマトっとさんブログへどうぞ。
今、IFNやBMS経口2剤で治療されている方、どうぞ無事完遂しSVRを得られますよう心より祈っています!


*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


こちらは札幌。
まだまだ桜を愛でるには日にちを要しそうですね~。

そんなこんなで皆様からの桜便りを楽しませてもらってますよ~^^
本日もそうやって食卓に座ってテーブル上に載っかってるノートPCを見つめていると……。

何やら頭上で動くもの発見!

ん~?
って目をやると
「ツツーっ」と頭の上、吹き抜け部分の天窓から降りてくるものが~(゚ー゚;

で、私のタッチしているPCキーボード部分、メモ書き用A4コピー用紙の上で止まる。

「ギャ~っ!」とのけぞる私
A4用紙の上で固まっている『クモ』(@_@)
身じろぎ一つせず、そのコピー用紙と同化するかのように。

目をそらさず後ずさりする私。
敵はまるで催眠術にかかったかのようにそこに佇む。

どんなにそのA4コピー用紙に化けたふりしようとも、あなたは色黒。
バレバレなんですけど~!

クモたん(*゚ー゚*)
まだ生まれたての赤ちゃんグモ。
どうりで化けるのがヘタ^^

そこへ電話の呼び出し音が。
ナンバーディスプレーを見ると何やら 0120 から始まるセールス電話のよう。
出るのをやめ、例のクモたんに視線をずらすと~(゚ー゚;

う~ん、逃げられたー!
アッという間に キ・エ・タ 

クモだけに、雲隠れ~^^
忍法雲隠れの術を取得していたのね。
あんな幼いのに。

今頃は天窓の隙間に作ったお家で、ママに甘えているかなぁ(*^-^*)


crocus150415
▲我家の庭 やっとクロッカスが満開に! 放任主義なのでアチコチ自由奔放(u_u*)
kumo1.gif
kumo2.gif
kumo3.gif
kumotan2.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年04月07日 (火) | 編集 |
昨年暮れから通院しだした病院。
採血室でのこと。

こちらは大きな病院なので採血室もいつも5、6人はいるのかな。
で当然の流れなのでしょうが、そこで採血時に必ず生年月日とフルネームでの名前を言わされるのね。

これは同姓同名の患者さんがいるかもしれなということと、患者・検体取り違えミス防止のためでしょう。
採血に限らず、エコー検査の時もそうでしたね。

間違いがあっては大変。
それは必然なこと。

初回の採血の時のことなんだけど。
はじめての病院・採血室。
そして初めての採血担当の看護師(?)さん。

採血室は私と似た年代の男性が居合わせたのね。

で採血担当の看護師さんが私に
「お名前は? フルネームで仰って」
「生年月日もね」と。

で、私
「この看護師さん、採血上手かしら」
「痛くな~い?」
なぁんて緊張でドキマギしつつも滞りなく質問には答えられたわけ。
舞い上がって(^^)ダンナの生年月日を言ってしまうなんてこともなく (u_u*) 

そうしたら私の他にもう一人いた男性患者さん。
私の横、そう至近距離。
30センチも離れていなかったような。

その男性が言うのね。
「オレ、〇〇年生まれ、オレ、〇〇年生まれ」って。

私より10歳若い数字を言う訳~(*゚ー゚*)
自慢(?)するわけ~^^
私を覗き込むように。

まー、憎たらしいオッサンだこと
(あ、失礼! 私もオバさんよ~^^)

だけどね~、なんか私より10歳も若く見えませんでしたよ~^^
どう見てもお友達~な同年代・同級生にしか~(*^□^*)
きっと日頃の激務でお疲れだったのね。
(ごめんなさ~いm(u_u)m)
crocus1504.jpg

▲庭のクロッカス(数日前の強い風でうなだれていたんだけど、風邪ひきかけたとか~(゚ー゚;)
wasureta1504.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年03月20日 (金) | 編集 |
C型肝炎のキーワードでこられた方へ
ブロ友さんの「とらちゃん」が下記内容をUPされたのでコピーさせていただきました。


ブリストル・マイヤーズの経口2剤(ダクルインザ、スンベプラ)が発売されて半年が経過、かたや、ギリアド・サイエンシズの経口配合剤(ハーボニ)も今夏には認可・発売される見込み。

そんな今、われわれはどうすればいいのか?

答は、akioさんのblog HCV(C型肝炎ウイルス)との闘い3/14の国府台病院の講演会を聞いてきました

特に、下記の記述を強調して紹介します
*************************************************************************************
あと半年もすれば、ギリアドの配合剤を使えるようになります。
ダクラ/アスナ治療(注:BM経口2剤)は6か月間ですが、ギリアド配合剤治療はわずか3か月です。
実質的な差は3か月もありません。その代償に耐性や肝障害のリスクを負うべきではありません。
*************************************************************************************


akioさんblogにはC型肝炎の情報が満載されており、いつもお勉強させてもらいに入り浸りの私です。

いろいろな立場、考え方があるかと思います。
今、IFNやBM経口2剤で治療されている方、どうぞ無事完遂しSVRを得られますよう心より祈っています!

*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


エスパーシール。
遠い昔。
もう30年以上前のこと。

私はまだお姉さんだった。
もちろん独身。
仕事を終え、勤め先同僚女子と地下鉄へ向かう。
と、その途中で1枚のチラシを受ける。

そこにはESP科学研究所、エスパーシールなる写真と説明が。
で、興味を持った私たちはその販売会場へと足を伸ばす。

ドアを開ける、何やら熱気を帯びた摩訶不思議世界が。

エスパーシールなるものを貼れば、不思議なパワーが醸し出される旨。
科学では解明できない大宇宙のパワーだったかな?
体や物に貼ることで、力の恩恵が得られるとか。

たしか物に貼るシールと、体に貼るシールがあったような。
物好きな私たちはその2種類を購入。

顔に貼ったらきっとキレイになれるよねとか。
肩こりにもいいって言ったよね。
車、エンジンルームにに貼ったら燃費が良くなったとか、ハンドルだと運転が上手くなるとか。
で、その全部に貼った^^

そしてなによりも20代も後半だったから、そろそろ結婚相手が欲しいよねってことで心に貼った(胸ね~^^)


昨年12月だったかなぁ、ブロともさんの
風来ねこさん。
ブログでUPしているマンガ「ちゃのまのちゃたろう」
そのマンガの中で、なんとその「エスパーシール」なるものが。

実際は「ねこずきんシール」だったようですが、なんかすごい懐かしくて。
その頃のことを思い出しちゃったのね。

まだどこかにあるはずと引き出しをまさぐったら、出てきたのですね~(゚ー゚;
esp3.jpg
▲これが恐れ多いエスパーシール

1983年ころ。
30年以上も前。
これも正にタイムカプセルですね~。
若かりし頃。
まだお姉さんだった頃(かろうじて^^)。

ひたすら「白馬に乗った王子さま」の出現を、
否定しつつも心のどっかで想っていたっけ(*゚ー゚*)
esp1.gif
esp2.gif
esp3.gif
esp4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年02月14日 (土) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


知人がハワイに行った。
お土産にコーヒーを頂く。
そう、もう7年ぐらい前だったかなぁ。

夫がその頂き物のコーヒーを入れたそうな。
なにやら良さげな豆だったので、これはドリッパーで落として飲むんだって思ったらしくて。

で、ドリッパーにフィルターをセットしてコーヒー豆を入れ落とす。
トクトクトクっと、気持ちいいぐらいにすんなり落ちる。
さあカップに注ごうとしたら~(゚ー゚;
なんか変なことに気づいたらしいの。

何のストレスも感じずスルスルと落ちて……。
ドリッパーにコーヒーかすが一つも残らず~
なに、これー!?
って思ったそうな。

むむっ、と気づいた時には~(*゚ー゚*)

そう、つまりインスタントコーヒーを、わざわざドリッパーで落としてしまったと(*^□^*)

その頂いたコーヒー、大層重々しい缶に入っていてインスタントとはホトホト思わなかったとな。

そんな訳で、夫は二度と再びドリッパーで落とすという行為はせず。
以来、コーヒーを入れてくれることはあってもインスタント限定なのです^^




先日、ファミリードクターとして慕っていた先生が亡くなったと。
昨日のこと、いつも行くエアロビクスサークルでのお話。

サークル仲間が家族ぐるみで診ていただいている先生で、とても良い先生だったと肩をおとしていたのね。
まだ60歳代だというのに。
この先、どの病院・クリニックにかかればいいのかと途方にくれていたその知人。

校医もされていたとのことで、我家の娘もお世話になったらしくて。

どうもC型肝炎からくる肝ガンが悪化してのこと。
そのなくなる当日まで患者さんを診ていたと。
なんだかとっても、心がいたみました。

サークル仲間、私を含め4人ほどでの会話。
なんとそのうちの一人は、B型肝炎だと。
もう一人は旦那さんがB型肝炎。
共に現在、ウイルスは検出されないレベルみたいな。

それを聞いていた私。
これはカミングアウトするチャンスかなと思い、言いかけたのね。
とすると、それを聞いていた4人目の人が言ったわけ。

「それって伝染るんだよね~」と。

で、私。
引っ込んじゃいましたね~^^
言えませんでしたね~(^o^*)

きっと悪気はなかったんでしょうけど。

B型肝炎だった人が
「出産のときの輸血で伝染ったの」とか言ってたような気がしたけど。
私は頭、真っ白のフリーズ状態

そそそと、その場を後に逃げてしまいました~^^
なさけない私(゚ーÅ)

offee1.gif
offee2.gif
offee3.gif
offee4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2014年11月15日 (土) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


まだ11月中旬だっていうのに雪。
昨日から降り出して。
すぐとけちゃうだろうと思っていたのに。

昨夜から、どんどん、どたどたって音がすると思っていたら屋根から雪が落ちる音だったみたい。

今(14日正午)も降り続いていますよ。

で、昨日午後、帰宅してから雪だるま作ったのね。
そばを通った通学帰りの小学生。

このオバさん、大人なのに雪だるまなんて作ってる~って不思議そうに眺めていたわ(*^□^*)
いいの、いいの。
大人だってこんなことしたい気分の時があるのね。

yuki14_1.jpg

▲雪だるま

今年は例年になく雪が降り積もって冬が訪れるのが早いかも。
冬毛の準備もしなきゃ〜ね (=^・^=)
いつもだと憂鬱になるこの季節。

今年はなぜか時の流れに身を任せるまま。
むしろ歓迎!

早く冬になってそしてその先の春が、初夏が滞りなく訪れて欲しいものと。

だってね、そのころC型肝炎の究極の治療薬ギリアドの、
レディパスビル/ソフォスブビル配合剤が使えるようになるはず(╹◡╹*) 
9月に申請されているのであとは承認を待つばかり。

だから冬。
今年はうれしいの。

yuki14_3.jpg

▲14日朝、雪だるまはとけてしまいました


yuki14_2.jpg

▲車の上に積もった雪

yukidaruma1.gif
yukidaruma2.gif
yukidaruma3.gif
yukidaruma4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


2014年10月15日 (水) | 編集 |
12日の日曜日、仕事を抜けて医療講演会に行ってきました。

主催は新聞社。
それに市と医師会・薬剤師会・NHK等放送局が後援。
協賛がブリストル・マイヤーズ社。

夫は仕事がピークなので、休日で休んでいた娘と連れ立って。
昨年も参加したのでどうしたものかと思ったけれど一応申し込み、参加券が郵送されてきたので行くことに。

で、当日。
内容としては特に目新しいことも新情報を得ることもなく、ブログやネット上で配信されている情報のほうがずっと進んでいると感じました。
もっとも一般市民を対象にした『市民公開講座』ですから。
参加されている方も広い年齢層、お若い方も多くいました。

ですので本当に基本的なこと。

治療法もインターフェロン療法から最近でたBMの経口薬まで。
それ以降、9月末に申請されたギリアドの件には全く触れることもなく。

厚生労働省、肝炎治療戦略会議・資料2にある肝臓学会C型慢性肝炎治療ガイドライン
(C型慢性肝炎ゲノタイプ1b型)
 

治療法として、上記URLの21ページの表でいう、「待機」という選択肢のないフロー図だったような?
懸念されるウイルス耐性についても知りたかったので、この講座を申し込み時、質問欄に記入して提出。

最後のQ&Aコーナーでこの耐性問題に少し話が。
さらっと流しての内容。
ウイルス耐性検査は保険診療外で出来るということ。
耐性菌ができてもそれに対する新薬ができると。
現に今治験中とのこと。

???(ほんと~(?_?) 心の声)

実のところ、協賛がBMだから「そうよねぇ~」と最初から思っていました。

地方に住んでいる私。
医療講演会に参加しても、何の新情報などもUPすることはできないのですよ~。
と、スネてみる(*^□^*)

そのかわり「医療講演会」といえば付き物。
お土産ですよ~(╹◡╹*)

ノベルティグッズ?

私に出来ることはこうやって頂いたお土産紹介ぐらいです~
なんせブログタイトル「ダメログ」ですからね~。
こんな時、つくづく良かったと思うのですよ^^
このタイトルで。

これが「C型肝炎患者必見・タメになるブログ!」なぁんてタイトルにしちゃったら~(゚ー゚;
大変ですよ~(><;)
土産情報なんて事かけませんよ~

実は昨夜、ここまで書いて寝落ちしてしまったのです。

で、けさ新聞が配達されて目をとおしたら、肝炎のことが掲載。
しかも、主治医の川西先生が出ているのですね~。

右中程に「C型肝炎の治療薬」と題して、来年夏頃には治療開始できそうなギリアド(ソホスブビル・レジパスビル)と。
12日の公開講座でも聞けるのではと思っていた内容でした。
でもお土産もらっちゃったから、ま、いいか~(*^□^*)

IMG1s_1020.gif


▲北海道新聞10月14日朝刊より


下記の写真の品は昨年の収穫物の数点。
今回はもちろんBMのロゴの入ったメモ帳や、これぞノベルティグッズの『のび~る孫の手』
最長51cmですって。

今までで一番嬉しかったのは、某医大医療講演会で頂いた肝栄食「へパスⅡ」
けっこう美味しかった ^^
それにBCAA4000「アミノガレット」。

novelty2.jpg

▲今回頂いたノベルティグッズの「のび~る孫の手」など


novelty1.jpg

▲お気に入りの肝栄食「へパスⅡ」等

おわり ^^




こちら、北海道で旬をむかえている秋玉ねぎ。
先日テレビで「秋玉ねぎパワー」というのを目にしましたよ。

今、注目の抗酸化物質ケルセチンの量が多いとのこと。
ケルセチンは、フラボノイドの一種で、動脈硬化や脂肪肝の予防に効果が認められているそうです。

皮をむいて日光にさらすと、効率的にケルセチンUP。
反応するのに時間がかかるとのこのことで、最低でも1日以上当てるのがオススメとか。
4日で1.5倍増え、さらに1週間干すと3.5倍含有量が増えるそうです。

ただ皮をむき日光にさらすだけなので、私も早速やってみました。
凝るタイプなのでしばらく玉ねぎメニューが続きそうです (^-^*) 

詳しくはNHK「あさイチ」のWebへ  


tamanegi.jpg

▲玉ねぎをお日様にさらしています(ただこれだけでケルセチンUP^^)


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。