2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2016年12月30日 (金) | 編集 |
ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


いつもお世話になっている、お仲間さん。
秋にその「会」のロゴ作りをさせていただくことに。

ずっと携わってきたこと。
仕事としても趣味としても。
なので、想いを込めて作らせていただきました。

肝炎が著効してホッと胸をなでおろした春先。
そして、今年一年が終わろうとしている今。
思い出深い年となることは言うまでもありません。

いろんなことに、ありがとう~(*^-^*)

ところで、このロゴ作りのことなんだけれど。
私がまだまだ、ず~っと若かったころ。
そう、かなりの大昔^^

専門学校を出て、初めて就職したデザイン事務所。
そこでのお初仕事は、某競馬新聞のレースタイトル書き。
たしか「はまなす賞」だったかな?
その時分に、はたしてそんなタイトルのレースがあったのかは疑問だけれど。
(だから勘違いかも)

なんだか苦労してデザインしたのを覚えていますよ。
で、評価は
「スピード感はあるものの、少し弱々しい」とか。

でもとにかく、初めての仕事。
印刷され店頭に置かれたその新聞に感激したものでした。
一部は印刷見本として、いただくことができ。
でもどうしてももう一部欲しくて、地下鉄駅の売店で買い求めたことが。

21歳の頃たっだかなぁ。
恥ずかしかった。
競馬新聞なんて買うのが。

一人暮らしをしていた私。
どうしても田舎に住む両親に見せたくて。

帰省時、母に見せたら
「あら~、そうなの。 上手に出来ているじゃない」
「大事にしまっておかなきゃね~」と。

なのに、なのに~。
次の日目が覚めて台所に行ったら、その競馬新聞が~

「鍋の底」に敷かれていて~(・。・)

とっても几帳面で綺麗好きな母だったっけ。
新聞などから、スクラップするのも好きで。

私はといえば、スクラップまではするけれど。
それごと、行方不明にしてしまうのが常(;^-^)

少しとぼけたところがあった母。
先週は、そんな母の25回目の命日でした。



2016年も、明日で終わりですね。
とりとめのないことばかり綴っている、私ブログ。
お付き合いくださって、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいね。


umoreta20161229.jpg

▲我家、窓から見た庭(右は車、家も車も埋もれています) 


baabashinbun1.gif
baabashinbun2.gif
baabashinbun3.gif
baabashinbun4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2016年10月30日 (日) | 編集 |
ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


義母の四十九日法要と納骨式があり、夫の生まれ故郷へ。
横綱千代の富士を生んだ松前郡福島町。
亡き義父の眠るお墓。

天候はあいにく下り坂。
雪がチラついて。
向かう車のタイヤ、スタッドレスへ履き替えて。

深夜2時50分出発。
一時間ほど仮眠をとっただけの私。

出かけ際、雷がなって。
玄関を開けると雪が少し積もっていましたよ。
目的地まで途中、山間部を抜けて約6時間。
今回は高速を使わず。

朝10時からの四十九日法要。
無事終わり、納骨式へと。
お坊さんのお経を済ませ、義母のお骨をお墓へ。
参列者が少しずつお骨を手ですくい、御先祖様が眠るその場所へ。
夫に続き私も。

何をおもったのか夫ったら、そのお骨を持った手を自分の身体に擦り付け、
「こうしたら護られる」なんて言って。
私も真似て。
その手は、無意識に肝臓あたりをまさぐってる(゚ー゚;

義母の身体の一部だったはずのそのお骨。
パウダー状の白い粉。
わずかに手に付着して。
義母のあの屈託のない笑顔が脳裏に浮かぶ。

滞りなく終えた午後1時、今夜のお宿へと車を走らす。
約3時間。
予約を入れていた、あわび山荘へ。 

ここは名前の通り「あわびづくし」を堪能できるのですね(*^¬^*)
といっても、有名な「アワビの踊焼き」などは別料金。
別にアワビさまにダンスなど踊っていただかなくとも結構なので、追加オーダーせず(;^-^)
だいたいそんな沢山いただけません。
こちらメインのお料理だけで十分お腹は満足。

おビールなども当然のごとく頂いてしまいましたので~。
そうかどうかは分からないけど。
たぶん前日、ほぼ寝ていなかったせいだと思うけど。

食事が終えるころには、意識不明。
ネオチ(;^-^)

気が付いたら朝。
不思議とちゃんと布団に入って寝ていた^^

で、ここで事件発生。
枕元にあるメガネを手にしたら、なんかヘン。
ノンフレームなんだけど、テンプル(?)部分が歪んでる。

夫、
「あ、それ、オレ踏んじゃったわ」と自首

私、その曲がったメガネを掛け、
「歪んでいな~い?」と聞いたら、

夫、
「何ともナイ!」
「アンタ、もともと歪んでいたから、逆に矯正されたわ」だって。

私の歪んだ顔に心。
このたびのメガネ踏まれ事件で、どうやら矯正された模様 (・。・)

fukushima20161029.jpg

写真上左は「あわび山荘」の夕食。
その横は向かう途中、雪模様の路面。
下左は帰路途中で入ったお店。
その横は、あわび山荘の露天風呂。
私一人の貸し切り状態だったので、iPhoneを持ち込んでパチリ^^


このたびの四十九日法要、そして納骨式。
こうして少しずつ義母との別れを完結していくのかな(゚ーÅ)
yugami1.gif
yugami2.gif
yugami3.gif
yugami4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年09月27日 (火) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


こちら札幌、肌寒さを感じて先日ついに電気ストーブのスイッチをON!
秋物バーゲンもはじまったようですね。
夫が縦ストライプの長袖シャツを購入してきて。
「バーゲンしてたから買ってきたよ」と私の手に。

見るとそれは夫の好きそうな、綿100%のカジュアルシャツ。
肌ざわりが好きだとかで。

だけど私はこの「綿100%」というのが、どうしても好きになれなくて。
だってこれって洗ったら絶対アイロンですよ~(゚ー゚;
シワシワで、手でパンパンして干してもなんかヨレ感が拭えなくて。

そんなの着せて出かけさせられないじゃない。
まるで私がアイロンがけのキライな妻みたいじゃないですか。

そうだけど(;^-^)

それにもしかしたら、
「あそこのダンナ、奥さんに逃げられてたんじゃない?」なんて思われるかも

大嫌いなアイロン掛け。
真夏なんてホント地獄。
ま、今はもう寒いぐらいだからアイロンの熱も悪くはないけれど。

そんなこんなで夫には「綿100%」禁止令をだしていて。
形態安定加工、ノーアイロンのものをと。
なのに絶対守ってくれなくて。
自分で購入する衣類はいつも100%綿のもの。

今回も私、怒ったら
「ごめん、ゴメン!」
「ホラ、ここにもゴメンネって書いてあるよ」とか言って。
そのシャツについていたタグを指で差し。

そこには確か
「綿100%」って書いてあったけど。

昭和なダジャレ好き夫。
それを
「ご綿ネ100%」って言い張るわけでして。

こうしていつも私はあやされて。
いえいえ、ダマされてしまうのです(。-_-。)

ku_iro20160920.jpg

▲先週の連休最終日、登別温泉で一泊。その帰りに寄った倶多楽湖へつづく道。
気の早い葉っぱさん、少し色づいて。

gomenne1.gif
gomenne2.gif
gomenne3.gif
gomenne4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年06月25日 (土) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


父の日だった19日の日曜日。
少し遅れてのプレゼントは

「エプロン」。

私、今年はやたらと指を怪我しちゃって。
切ったし縫ったし(゚ー゚;

更に昨日のこと。
夫の仕事を手伝っていてカッターでプチっと
前回キッチンバサミでチョッキンした左手親指。
こんどはその指、腹の部分。

でもこの度はだいぶ学習したようで(^^)大した傷でもなく。
猫だったらぺろぺろナメていたら治るレベル^^

だけどその前、2回ほどの「指切り事件」はそこそこ大変だったっけ。
痛かったし。
包帯ぐるぐるだったし。
家事、特に水仕事には支障をきたしたし……。

だから家事をするときも水仕事用の傷絆創膏で保護したり、ビニール手袋をはめたり。
でもやっぱ傷口が不安定。
そんなわけで見かねた夫が茶碗とかを洗ってくれて。

で、いう訳。
俺って、こうやってせっせせっせと茶碗洗ったりコップ洗ったり。
まるで

『アライグマだわ~』と(;^-^)

キッチンシンクで背を丸め洗い物をしている夫。
その後ろ姿。
なんだかアライグマの後ろ姿とオーバーラップ^^
あのシマシマのしっぽが見えた気がしたのは、寝ぼけていたせい?

父の日。
だから「エプロン」。
夫に。
家事専用の。
食器洗用の (o^―^o)

でもそれだけじゃなくて本当をいうと「食べこぼし用のエプロン」。
も、ひどく食べこぼす人だから。
ソースとかケチャップなんか、おもいっきり胸元に飛ばすし。
アレ、シミになって洗ってもよく落ないのね。

いっそのこと赤ちゃん用の「ケロケロエプロン」。
あれしてくれたら助かるんだけど(;^-^)

kero_m20160625.jpg

▲こちら左写真は娘からの父の日プレゼント「大人の鉛筆」。 右のケロちゃんはお借りした写真^^


araiguma1.gif
araiguma2.gif
araiguma3.gif
araiguma4.gif



只今、営んでいる会社の決算期で忙殺中。
例によってサボっていたツケがきて、会計ソフトとにらめっこ。

第三者の厳しい目でしっかりと調べていただく準備中。
税理士先生さまに。

そんなわけで取り調べ中につき(^^)今回はコメント欄クローズさせていただきましたm(u_u)m

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年05月19日 (木) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


本日は札幌も初夏を思わせる良いお天気^^
ここのところずっと仕事が忙しくて、ゆっくりと休む暇もなかった夫。
事務所から戻り、昼食をとってソファーにもたれていると思っていたら……。
なにやらウトウトと~Zzz

20分程度の昼寝はとても有効とのこと。
疲労の回復、午後からの仕事の効率UP、ストレス解消、仕事の仕切り直し、そして右脳の働きも活発になりアイディアも湧いてくるとか。

だから私、夫をそのまま休ませてあげようと。
しばしの休憩・お昼寝タイム。

テレビのスイッチを切りそぉっと~(゚ー゚*)
スイッチを切ったところで夫が
「つけておいて、テレビ」と。

わたし、
「だって観てないよ、私も」

と言っても夫は、テレビの音がかすかに聞こえている中で微睡むのが心地いいと。

テレビの音。
ラジオの音。
茶碗を洗う音。
掃除機をかける音。
洗濯機を回す音。
料理の音。
まな板の上でトントンする音。

どうもそれらが夫にとっては「子守唄」。

夫が昼寝をしだしたら私、できるだけ音を潜めその間は静かに休ませてあげようなんて気遣いしていたんだけど。
それは夫には当てはまらないみたい。

だから今日は
「じゃ、うるさくガンガン洗濯機回してガチャガチャ茶碗洗うからね~」と私。

そうしたら夫ったら
「アンタそんなこと言って、録音(家事の音を)したのを聴かせるんじゃないの~?」
だって(;^-^)

そうだ!
その手は使えるわ。
今度録音しておかなきゃ^^
で、寝かしつけて、お出かけね~(o^―^o)

tulip20160519.jpg
▲庭のチューリップ

komori1.gif
komori2.gif
komori3.gif
komori4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年05月11日 (水) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


GWは無事終わって。
というか我家の場合はとっくに終わっていて。
そう4月末の29・30日で終了を告げたのです。
時間でいうと26時間17分。

出かけてから帰宅するまで。
短いみじかい温泉一泊の旅。
しかも温泉地に宿泊するというのに、なんとビジネスホテル(゚ー゚;

だってそこしかとれなかったんですね。
いつもどおり。
押し迫ってからのホテル探し。
じゃらん巡り。

やっとゲットできたところは某大手温泉ホテルの真向かい。
その系列にあるビジネスホテル。
ちなみに登別温泉。

料金に糸目をつけなきゃ、そりゃとれたことでしょう。
でもGWだからといって一気にお値段跳ね上がっちゃうのにはうなずけなくて。
貧乏人。
貧乏性。
もう、病的ビンボー人~(゚ー゚*)

で、高速乗って2時間ちょっと。
途中、ハイウエイオアシスで遅めのランチを含んで。

まあまあのホテル。
温泉はすぐ向かい大手温泉ホテルの施設に入り放題^^
うん、満足まんぞく(*^~^*)
その豊富な硫黄泉が心も身体も癒してくれる。

夕食は宿泊ホテルでのバイキング。
こじんまりしたレストラン。
品数こそ多すぎはしなかったけれど。
そのどれもが丁寧な作り。
一つひとつのお味も良くて(*^¬^*)

朝食のバイキングも美味しくいただき、やはり向かい温泉ホテルの湯船につかって。
あっという間に、もう帰る時間。
午後から仕事の打ち合わせが入ってしまって。
高速に乗って帰宅の途へと。
しめて26時間17分の旅。
我家のGWが終わりを告げたのでした。

noboribetsu_s20160430.jpg

写真は泊まったホテル、すぐ横にあった泉源公園の間欠泉。

こちらに一歩足を踏み入れたら何やらお金があちこちに~。
誰か落としたのかなと思ったけれど。
どうやらこれはお賽銭の意味のようですね。

隣にいた小学生ぐらいの兄弟。
この小銭、ポケットインしちゃってましたね~(゚ー゚;

ramen_s20160430.jpg

▲こちらの写真は休み中食べに入ったラーメン店でのこと。
 麺を箸で持とうとしたらなんかヘン、動かない!
 よく見たら上にのっていたネギの輪に、みごと箸がハマって~。
 カロリーオーバーで食べっるなってことかな^^

ところでGWも最終日の8日夜。
又しても事件が。

常食しているブロッコリースプラウト。
スルフォラファンが含まれているという。

根の部分をキッチンバサミで切ろうとしていて。
指の方を切っちゃった!
チョキンっていい音して(;^-^)

この度の凶器は、ハサミ。
もう5年も前、100円均一で購入したもの。
よく切れるんだから~

kusatohasami.jpg

わっ、イタっ!
と悲鳴あげて。

今度は親指。
第一関節の甲側。
2か月前に包丁で切って外科で縫う羽目になった指の隣。

なんか懲りないですね、私
慣れたもんで平然と~~~。
というわけなど全然なく、大騒ぎ。
ちょうど娘が帰ってきたので傷をみてもらう。

病院へ行くほどでも、ましてや縫うほどではない感じ。
自分でも。

で、ラップを用いての湿潤療法を試みることに。

傷を水道水できれいに洗って、あとは傷を乾かさないように台所用のラップで被って。
ラップは傷の大きさより少し大きめに切り、そこへ白色ワセリンを多めに塗って傷へ貼り付けて。
端をテープで止め。
あとは毎日傷とその周りを水洗いしてラップの交換とのこと。

市販されている「キズパワーパッド」がちょうど同じ原理。
次の日こちらを購入して今はこれを使用。
良い感じに痛みもなく治ってきている模様。

でも親指でちょうど曲がるところなので曲げるとまだ
「ギャ~ッ!」ってことに(。>﹏<。)

こちら湿潤療法の詳しい説明はこちらに
http://www.sakae-clinic.com/wound/p01.html

http://www.topathlete.co.jp/blog/2011/06/post-89-99719.html

http://homepage2.nifty.com/treknz/wound_care.html

刺創、深い切創、異物の混入、組織の大きな挫滅があれば、すみやかに専門医療機関をとのことのようですね。
又、こちら湿潤療法をしていて化膿したり、痛みがあるような場合も迷わず医療機関受診ですね。

remanyan160505.jpg
こちらはokokkeitarouさんから頂いてきたイラスト。
「まじょかふぇ」の登場人物の一人に私と思われるキャラ。
その「猫耳」バージョン。
とぉ~い昔、こんなお猫だったことがあったかも~(=^・^=)

kizuni1.gif
kizuni2.gif
kizuni3.gif
kizuni4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年04月27日 (水) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


仲良くしてくださっているマンガブログお仲間のokokkeitarouさんが書いてくださったイラスト。
rema160427.jpg
okokkeitarouさんブログ、「まじょかふぇ」の登場人物の一人に私と思われるキャラが。
「大正レトロ」なイメージの着物姿。
なのに私、ドピンクに猫柄模様の着物をリクエスト。
でも、ちゃ~んと描いてくださいましたよ^^
いつもありがとうございます。
いろんな意味で大昔へタイムスリップですねσ(^-^;)

ところで今更なのですが、私のこのヘンテコリンなHN「冷凍SANMA」。
どうせ続かないだろうなって思っていて。
このブログ。
だからなんだか成り行きで付けてしまったHN。
アメーバーやヤフーでは猫由来(^^)の「neko3」とかで表現していたけれど。

なにせ病気ブログ。
病院に行くと固まってしまう私。

夫はというとやはり同じ。
で、歯科クリニック。
もう、そこは最悪。

歯の弱い夫はよく歯医者さんのお世話に。
御多分に漏れずその痛みにも弱くて。
治療中はもう心臓バクバク、息するのがやっと。
全身硬くなってフリーズ状態。

で治療が終了する頃には、もうスーパーで売っている冷凍魚。
直立不動で「気をつけ」したままパックにおさまっている、そう、

「冷凍サンマ」。
sanma160427.jpg

そんなことを始終夫から聞かされている私。
私とて歯科クリニックは、その治療は大の苦手。
「冷凍サンマになったわ、冷凍サンマに変身してしまったわ~」と怖がっている夫を目の当たりにして。

妻たるもの、そんな夫に添い遂げなきゃと。
苦楽をともにしなきゃいけませんよと
私は良妻賢母。
従順な妻(゚ー゚*)

ひょんな事で差し歯がとれて……。
歯科クリニック。

みごと冷凍サンマに変身してしまいました~(;^-^)

歯科クリニック。
ブルッ(。>﹏<。)
ha_freeze1.gif
ha_freeze2.gif
ha_freeze3.gif
ha_freeze4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年03月31日 (木) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


何かと物入りな春。
入学祝いやら就職祝いに結婚祝い~。

でもなんといっても年齢を重ねていくと多くなってくるのは、お香典かな。
そんな感じでこの春、我が家でも出費がかさんで。

夕食の準備をと思い冷蔵庫をあけたら、食材が品薄。
そこへ夫がご帰宅^^
いいところへ帰って来てくれたわね~と、買い物を任命。

そうしたら
「俺、財布空っぽ」と手をだすじゃないの。
ただいま我が家は現金不足。
銀行ももう本日は閉店。

しょうがないから、これで買ってきてと
ICカード型前払いの電子マネー「WAONカード」を夫へ。
たしか先日、現金をチャージしたばかり。
まだまだ残額はあるはず。
これって便利よね~と^^

夫に買い物をたのむの、ホントはイヤなんだけど。
だってね~、余計なものを買ってくるんですよ。
自分の食べたいものとか。
しかもけっこうお高いものを。
私なんか絶対カゴに入れなさそうな物を。

値段など見ず、食べたいから買ってきたとか言って。
あ~、恐ろしい(b*゚ー゚) 

それで、今回はというと……。

な、なんと
残高不足で最小限をやっとこさ買ってきたと。

「WAONカード」。
レジで支払いの時、ピッとかざしたら
「ワオ~ン」って鳴いて決済完結のはずが……。

「ポヘェ」とかのエラー音が鳴ったとか。
しょうがないから小銭かき集めて支払ったとな。
で、
「俺のほうが
『ワオ~ン』とか言って泣いてしまいそうだったわ」だと(;^-^)
206haru.jpg

▲我家の庭、残雪の影からちょっとだけ春^^
nyaoncard1.gif
nyaoncard2.gif
nyaoncard3.gif
nyaoncard4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年02月20日 (土) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


ヤドリギ。

それは先日のこと。
小一時間で行ける温泉。
いつも行くところ。
比較的マイナーなのかな。
だから好き。
だから心やすらぎ、満たされる。

車を走らすなか、珍しい光景に遭遇。

『ヤドリギ(寄生木・宿り木)』。
yadorigi.jpg

あの、落葉樹の木に寄生し、その幹から養分などを吸い取って生息するという。
冬、落葉したあとで。

その丸っこい茂みがまるで鳥の巣のような。
茂みは枝と葉っぱの固まりとのこと。

走らせていた車を止め、しばし魅入る。

行き着いた温泉。
このところやはりインターナショナル、爆買を思わせる方々の集団があちこちに。

そういえば先月、登別温泉に泊まった時もすれ違う人たちは、ほぼその方面の方々。
エレベーターでご一緒した日本人。
お互い
「わぁ、今日初めて!」
「日本人だ~!」
なんて言って思わずご挨拶 ^^

そこでの露天風呂。
平日夕方だったから閑散としていて。
娘と私二人だけかな?
と思っていたら、露天風呂の方からなにやら子スズメの集団のような甲高い音声が一際。
もうそれは、間違いなくた子スズメの大群。
露天風呂へとつづく戸を引くと……。

そこには可愛らしい子スズメさんが、たったの3羽。
なのにそれは女子高の修学旅行を思わせる賑わい。
眩しくて楽しげで(*^-^*)
こちらまでなんだか愉快。

だけどとうてい3羽とは思えない高トーンでけたたましくて(;^-^A
正直びっくり。
顔を見合せる私と娘…

といってもウチの娘だって、同年代の友達と温泉お泊りしたなら同じでしょう。
なんだか耳が痛くなるような、眩しい一時。

ヤドリギ。
若い娘たちの感性に少しだけ触れさせてもらったような
寄生してしまったような、そんな一瞬。

遠い昔、そんなころに想いを馳せて。
yadorigi1.gif
yadorigi2.gif
yadorigi3.gif
yadorigi4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年01月21日 (木) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


先日、義母の見舞いで函館へ。
この日は珍しく娘も休みがとれ、自営会社の方もヒマ(゚ー゚;
こんなことはめったにないので急遽決まったこと。
2泊で行くことになり、じゃらんで温泉ホテルを予約。

義母はちょうど私がハーボニー服薬を開始し、副作用で寝込んでいた頃脳梗塞で倒れて。
かなり危険な状態だったけれど一命はとりとめ、現在は鼻からチューブで栄養を。
状態は安定しているものの、意識はないとのこと。
延命は望まないと医師に伝えての措置。

母をずっと傍でささえてきた義姉。
定年まで人の生死に接する看護師の仕事を全う。
その義姉が選んだ選択。

朝9時、自宅を出て高速道路インターへと。
この日、まだ天候は安定していて車で行くことに。
でもあいにく、高速道路は50kmの速度制限。

前後の車に合わせつつもついスピードが出て(;^-^)
すると後方より、サイレンが~
なんと後ろからパトカーが迫ってきてスピーカー越しに、

「前の車、少し先の路肩に停車してください!」だと(>﹏<)
ここは片側一車線。

「うわっ! やっちゃったー!」
「スピード!」

もう私たち家族は、真っ青。
諭吉サマが2枚で済むか3枚になるかと青くなりながら、路肩へ車を着ける。
夫は
「イヤ30キロはでてないわ」と。

でも一応高速道路ですからね~
50キロ規制とはいえ。

「免停にになったらどうするの?」と私。
「トラックなんか運転できないよ」とさらに続けて。
そうなんですよ、トラックを運転して制作物を先方に届けるという仕事もあるのですよ。
生業である我が家の仕事は。

そんな話していたら、
「アレッ? パトカーが追い抜いて行っちゃったよー!?」

そう、パトカーさんスピーカーごしに
「ご協力ありがとうございましたー」なんて言いながら。

もしやあれって、急いでいたから追い抜かせてほしいってことだったのね~^^
「ほっ(*^-^*)」と胸をなでおろす私たち家族。 

そんなこんなで無事、函館に着いて義母の病室へ。
一番上の階。
夫ったら
「天国に近いわ」だなんて冗談を(゚ー゚;

鼻から流動食のチューブにつながれた義母。
そこにはやはり悲しい現実が。
手にはしっかりとサンリオキャラのぬいぐるみ、シナモンロールちゃんを抱き。
きっと、ひ孫ちゃんからのプレゼント^^

hakodate160118.jpg

だけど声をかけても意識はない模様。

音楽療法はどうかなと私。
義母にとっては思い入れのある曲。
それは渥美二郎のあの歌、「夢追い酒」

夫が独身のころ、そのアパートへ義母は一月程泊まっていたことがあるとのこと。
どこかに連れて行きたくとも仕事が忙しくて。
その時たまたま「渥美二郎」のコンサートがあるのが目にとまり、義母を連れ出したとな。
別にファンでもなかったけれど義母はたいそう喜んだと。

まるで少女のように目を輝かせて、その時の話を私にしてくれた義母。
「4人息子がいるけれど、〇〇ちゃんが(夫のこと)一番好き」とも。

だからこの曲、聴いたら目を覚ましてくれないかな?
意識が戻ってくれないかなと祈るような気持ちで、スマホYouTubeから流れるその曲を耳元で。
夫が声をかけ、手をさすりながら。

すると心拍数が60前後だったのが80ぐらいに変動。
目を開け動かす。

でも、それは意識が戻ったのとは違うのかな。
いや、たぶん分かってくれたはず。
分かってるよ。

そんなふうに思いたい私たち家族。
次の日も朝一で病院へ行き同じように。
昨日より少しイイ感じ。

また来るからねと耳元で囁き病院を後に。

この日は登別の温泉で一泊。
途中風雪が強まり視界ゼロ。
ホワイトアウトに遭遇。

このまま私たち、アウトになっちゃうの~
なんて思いつつも、なんとかホテルへ。
次の日も悪天候だったけど、無事自宅へ生還できました。
highway1.gif
highway2.gif
highway3.gif
highway4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村