2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016年12月16日 (金) | 編集 |
友人が非結核性肺抗酸菌症という病気を抱えていて。
病状が思わしくないとのことで先週入院。
少し前、励まそうとして言った私の言葉に苛立ちを覚えたと。

私、
「頑張ってね、良くなるように祈っているからね」と言って。

彼女の病気。
今のところ特効薬もなく、今まで服薬した薬で耐性ができてしまっていると。
それでもその薬を使わざるを得ないか、または手術になるかもしれないとも医師から告げられたそう。
入院も2か月ほどに及ぶそうな。

私以外の友人からも、
「入院して、心も身体も治してきてね」と言われたと。
その「心も」の言葉に、ブチ切れそうになったと。 
「身体は病んでいても、心までは病んでいない!」と彼女。

病気と闘っているときって、そう明るく前向きに物事を良い方ばかりに受けとめられないことも。
よく言われる「明るい気持ちで元気に」とか「前向きに、笑顔で」との言葉も、時としては心に重くのしかかり、かえって辛いかなぁって部分はあるかなぁ。
そんなこと、C型肝炎と向き合ってきた自分にはよくわかっていたはずなのに……。

何だか彼女のその辛い思いが伝わってきて。
私、おもわず
「じゃ、祈るんじゃなくて、そんなこと言ったお友達のこと呪おう!」
と、言ってしまった(・。・)

「祈るんじゃなくて、呪って、そして元気になって退院して見返そう!」
「一緒に呪っていてあげるから!」なんてことをさらに続けて放ってしまった私

悪魔ですね~(;^-^)

でもね~、知っているんですよ。
病状が落ち着いて退院するころには、そんなことコロッと忘れてしまうってこと。
笑顔で退院報告をするってことを。
その彼女の友人に。

ひょんなことから私も、呪ってしまうことになった彼女のお友達の方。
私の知らないそのご友人。
ごめんなさい。
成り行きで呪ってしまってm(u_u)m

私の「呪い」なんて、全然パワー弱いので気にしないでくださいませ。

「箸が転んでも怒る年頃」になってしまったオバさんの戯言とお許しくださいませ。

P.S.
これを綴っているうちに入院中の彼女からメールが。
内視鏡を入れての肺の検査で病状はすすんでいなくて、服薬も手術もしなくてよいことになったと。
笑顔の絵文字が踊っていました。
良かった、よかった~(*^-^*)
これで完全に「呪い」は解けましたよ~^^

pi1.jpg
poppo3.gif

こちら画像は「サンタピカチュウ」。
13日にGETしましたよ~^^
(ボケ防止でやっている「ポケGO」)

でもね、なんだかよく出没される「ポッポさん」が寒そうで。
なのでサンタ帽を被せてあげました。ポッポさんに。
ちょっと大きかったみたいだけど。

頚椎症で手が痺れるのでPC操作は少し自粛。
マンガもお休みしているのに、こんなことして遊んでいます^^
頚椎症には良くないかも

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2016年07月22日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


先週末、一足早い夏休み。
急遽休みがとれて。
そんなわけで、お墓参りと義母の見舞いを兼ね函館まで。

2泊3日。
ちょっとしたミニ旅行な気分。

途中ハイウェイオアシスでランチタイム。
食事を終え車に戻ってきたら、なんと隣の大型トラックから
『モォ~!』と牛さんの鳴き声が。
目をやると、たくさんの牛さんたちが一斉にこちらを見て。

その目は、その鳴き声はまるで私たちに
「助けて~!」
「ここから出して~!」

と訴えているよう(゚ー゚;
大型トラックの車体に描かれたロゴ。
食肉メーカーさんなのでしょうか。

ちょっとしんみり(:_;)

ushi2.jpg 

▲左上がトラックの荷台にいた牛さん、そしてトラック

なんだか後ろめたさを感じつつ義姉の家へ。
お互い家族の近況を報告しあう。
義母はあいかわらず意識はなさそう。

だけど義姉が
「〇〇ちゃん(夫のこと)見舞いに来るよ」って耳元で囁いたら、カッと目を見開き
「うん」と頷いたと。
はっきりではないけれど少なくとも義姉にはそう聞こえたと。

もしかしたら意識が戻ってくれるかもしれないと。
そんなはやる心を抑え、この日は1泊目のホテルへ。

連休前でやっとことれたホテル。
期待はしていなかったけれどその夕食。
食前酒のワインもついて。
程よい品数で美味しくいただきました。

だけど一瞬、「すき焼き?」と思う鍋料理が。
も、もしや~
「牛さん」?

あの高速道路パーキングで出会った「牛さん」が脳裏に(;^-^)

メニューに目を。
するとどうやらこの鍋、お肉さん。
「地場産の豚さん」でした。
ちなみに、しゃぶしゃぶ。
美味でした~(*^¬^*)

次の日の朝食も美味しかった^^
ハーフバイキングでイクラとホタテは食べ放題!
ikura20160723.jpg

▲左が夕食の「しゃぶしゃぶ」、右上は朝食のイクラ食べ放題^^

昨年までは「鉄分制限」していて、イクラもその範疇。 
今回は思う存分いただきましたよ。

といっても私はあいかわらず鉄、フェリチンが多かったから。
ハーボニーで著効を得られたものの、その時のフェリチン値。
121。 
こちらの上限値は120迄。
Dr.はこの程度は正常範囲。
もう制限は必要ないでしょうとのことだったけど。

推移としては
232.7 ⇒ 192 ⇒ 115 ⇒ 103 ⇒ 121

順調に低下してきていたのに。
鉄制限、かなり厳しくしていたつもりなんだけど。
マグロの刺身だって1切れでガマン。
ま、最近は数切れほど頂いていましたが。

話がそれてしまいましたが、とにかくこの時は鉄制限は無視。
お腹いっぱいイクラをいただきましたよ^^

で、肝心の義母の見舞い。
病院へ。

「胃瘻」。
あの函館に地震があったその日の手術。
それまで鼻から入れていたチューブで栄養補給。
鼻も限界にきていた模様。

「延命」という言葉が脳裏へ。

でもそこに横たわっている義母は以前よりも顔色もよくて。
うとうとと眠っていて。
声をかけると目を開いて何かを言いたげな表情。

「絶対わかっているよね」
「聞こえているよね」と私たち。

「また来るからね」と手を握り病室を後に。

車で2時間ほどの墓地へと。
清掃をすませ、ご先祖様に手を合わせました。

2泊目のホテルに着いたのは午後6時をまわって。
この日の夕食はバイキング。
またしても卑しい真似をして、体重はプラス2キロ増。
どうしましょ(゚ー゚*)

ushisan1.gif
ushisan2.gif
ushisan3.gif
ushisan4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年05月04日 (水) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


ハーボニー治療終了後、むくむくと太り出して。
脂肪を溜め込みつつあるお腹まわりを見ると焦り出し。
運動、そう、エアロビクスはもう25年くらい続けているけれど。
それだけじゃ足りないのねと、この2月よりスポーツクラブ通い。
両方合わせても週2回、行けるかいけないかというところ。
自宅でのストレッチも以前ほどできなくてサボリぎみ。

そのスポーツクラブで出くわしたある事件。
事件ってほどでもないんだけれど。
本日の運動はここまでと思いロッカールーム、着替えをしにドアを開けたら~。

そこはなにやら緊迫したムードが。
どうもすぐ奥にあるプールで転倒し顔を打ったのか、酷く顔面を腫らした女性が倒れていて。
傍らでどなたかがタオルで冷やし介抱されている。
もうすでに救急車の手配は済んでいるとのこと。

お見受けするに私と同年代の女性のよう。
顔まわりが大きく晴れ上がって痛々しくて……。
まもなく救急車が到着してストレッチャーで運ばれて。

大事に至らなければと、私自身も気をつけなければと思った次第。

それとは別にエアロサークルでの先生のお話。
別のスポーツジムにてインストラクターもされていて。
で、そこでも似たようなことがあったそうな。

それは女性用のお風呂場。
どうされたのか気を失って倒れていたと。
もう意識もなかったと(心肺停止状態)。

先生はすぐ心臓マッサージ。
そして救急車を呼ぶように周りに告げて。
もう救いたい一心でなりふり構わず。

そこは女性浴室。
もちろん先生も入浴しようかなと思っていてのこと。
なのでかなり、あられもないいでたちだったと。
かろうじてのモノだけは身についていた様子。

その姿での心臓マッサージ。
そして他のスタッフの方々とAEDでの応急処置。
そこへ救急隊の方が到着し、ホッと安堵したと。

後日、この倒れていた女性が無事回復。
社会復帰もされたと聞いて本当に嬉しかったと。
それを聞いた私たちサークルの仲間も、決して他人事ではないと胸をなでおろしましたよ。
のちに、区の消防署から感謝状をうけたそうな。

これらを踏まえ、いつ遭遇するかもしれない事態に備え、心臓マッサージ・人工呼吸法など覚えておかなきゃと切に感じました。

ですが、人工呼吸に関しては感染症の危険があると。
で、心臓マッサージだけでも救命には極めて有効とのことのようです。
この「感染症」という部分に敏感に反応している自分。

C型肝炎を患った私。
現在、そのHCVウイルスは治療により「検出セズ」を続行中ではあるけれど。
なんだかとても考え込んでしまいました。

ふと、同じ病気を持っていた義兄が命を絶ったときのことが脳裏に浮かんで。
その直後に出くわした夫。
まだ義兄は温かだったと。
心臓こそ動いてはいなかったけれど。

夫はまよわず義兄を横にして、心臓マッサージ。
途中、人工呼吸も直にとりいれて。
以前、その講習をうけていたそう。
救急車到着までの間、一人でそれを施したと。
かなりの長い時間に感じたそうな。
この世に引き戻すことはできなかったけれど。

必死でほどこした人工呼吸。
あとで血痰をはいてしまったと。

義兄はHCV保有者。
その当時はそんなこと無頓着だった私。
でもそれから何年かして受けた人間ドッグでのチェック。
私という配偶者もいて、なおさら夫に感染はしてはいなかった。


日本循環器学会のAEDサスペンスドラマゲーム、なかなかでした(o^-')b
http://aed-project.jp/sp/suspence-drama/

心臓マッサージは一定のリズムで行うので、「ドングリころころ」などを口ずさみながが適しているとか。
私、この部分で躓いてマイナス得点に。
やっぱりオンチだと、人助けにも影響がでるのかな(;^-^)
sakura160503.jpg
▲スポーツクラブ、庭に咲いていた櫻

aed1.gif
aed2.gif
aed3.gif
aed4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年03月18日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


先日、ついに整形外科を受診。
実はハーボニー服薬後滞りなく12週をすぎたら、一度診てもらおうと心に決めていて。
数年前からある左股関節の痛み、前後して階段を踏み外して痛めた左膝。
昨年8月頃より現れた左腕、手の痺れ。
そして慢性的にある腰痛。

これらはハーボニー治療間もなく出現した「目眩・吐き気」と並行して、より症状が悪化。
当初は眠れないほど強い痛みを覚え、寝返りばかりうっていた日々も。
治療後も一月前後は疼くように痛んで。
多少なりとも持ち合わせていた症状なので、ハーボニーの副作用とは思ってはいなかったけれど。

今現在はさほど気にならないレベルになってきているということは、少しは関連性もあったかなと。
今となっては。

で、一度は診てもらわなきゃということで医療機関を受診。

整形外科。
股関節痛や腰痛であちこち病院廻りをしている同年代の友人に聞いてみた。

するとごく最近、受診した整形外科。
こちらは診察前にその病院に備え付けられている「短パン」に着替え、待合室で待たされたとな。
この寒空と一般受診者の目に晒されてなんとも落ち着かなかったと。
人様にお見せするほどの脚線美ではないとは友人の弁(゚ー゚;

たしか娘は腰のヘルニアでこの病院を受診していた事はあったはず。
で、娘に聞いてみると別にそんな格好はさせられなかったと。
これってそんなこと、気にもしてもらえない年齢になったということかな?

取り敢えず私は上下トレーナー、下着合わせてファスナー・金具なしの出で立ちで他の医療機関へ。
レントゲン・診察ともにこれでOK。
別に「短パン」で、総合待合室を闊歩させたれるようなこともなく(;^-^)

そういえばもう15年も前だったかな。
父が我が家に泊まりに来ていて腰を痛め、連れて行った整形外科。
そこでは確かにそんな光景を目に。
50歳前後の女性の患者さん、まるで男性のトランクスのようなダブダブ&薄々な短パン姿で待たされていた様な~
私、目をそらしていた記憶がありますよ。
だけどそこは中待合室(今は診察中の声がもれるので廃止ですよね)。
総合待合室でなかったのがまだマシだったのかな。

そこで整形外科めぐりベテラン友人のアドバイスを参考にして受診した今回の病院。
いろんな意味で大正解。
スタッフの方も親切で、なによりドクターの対応も良くて。
恐ろしいぐらいの患者数なのに、端折った対応もせず。
こちらの訴えにも制したりせず耳を傾けてくださって……。

で、レントゲンを撮っての結果は。
股関節に関しては生まれつきのたぶん臼蓋形成不全といった様な~?
女性に多いとか。
ひどくはないので現状維持と。
ひどくなったら人口股関節ということも。

腰に関しては問題なし(一部椎間関節が若干減っているところが有りと)。

腕の痺れは、頸部脊椎に少しブレがあるけれど反射神経とかに問題がないので症状が強くなったらMRIをと。
趣味のエアロビクスもOKらしい^^

ほっ。
良かった(*^-^*)

実は結構心配していたんですね。
順番を待つ間、目にした診察室横のポスター。

「その腰の痛み、もしかしたらヘルニアか、骨の腫瘍の可能性も!」 なんて(>﹏<)
もう、気分は腰の骨に腫瘍ができて、それがどっかに転移して~。
とか、次から次に負のストーリーが押し寄せて

左ひざに関しては現在痛みもないようなので、今回は枚数が増えるからとレントゲンは撮らず。
なにやら3箇所で15枚強のレントゲン枚数になって。
医療被ばくを考えられてのことかな。
それにしても胸のレントゲンと比べ、被ばく量は多そう。

役所でレセプト点検などをしている知り合いからの情報によると、やはり圧倒的に検査やレントゲン撮影が多い医療機関もあるとのこと。

股関節手術で有名な病院では、すぐ手術といわれるとか。
なにやらそこの医師たちで手術件数を競っているなんて話も耳に。
これはそこで手術をした知人の話。
いろいろな考え方もあり、すべてがそうとは限らないとは思うけど。

また、来週でリハビリ終了と告げられたのに、再度3ヶ月のリハビリ期間をいいわたされたりした知人も。
それで先の友人は「短パン」が必須アイテムの整形を受診したとな。
後で聞いたところ、この短パンには閉口したものの、とても信頼できる先生だった模様。
自宅でできる体操を伝授され、ひどくならない限りリハビリなどの受診も必要なしとか。

今回私が受診した病院は、紹介状がないと別途2160円が加算されるところ。
でもレントゲン・MRIなどの医療機器が最新のもの。
鮮明さを欠く医療機器保持での医療機関を受診し、そこで検査をして紹介状を書いてもらったとしても、その料金もかかることだし紹介先で再度撮影が必要になるでしょう。

夫が肩の腱板断裂で受診した近くのクリニック。
やはり不鮮明なMRIしかなく埒があかなく、知人の紹介してくれた専門病院にて鮮明なMRIにて検査。
そこで内視鏡にて手術。
そのクリニックでも手術はできると、かなり引き止められ。
紹介状を書いてもらうのも気が引けたと夫。

そういう思いをするのならやはり最初からよしとする医療機関にかかったほうが早道ではと。
そんなわけで今回の医療機関受診に至ったわけで。
レントゲンだけで済んでしまったので、初のMRIデビューとはならずじまいσ(^-^;)

これは私の備忘録。
忘れないうちに記しておこうと。
nekoze1.gif
nekoze2.gif
nekoze3.gif
nekoze4.gif
にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年03月01日 (火) | 編集 |
***** 追記あり(3/5 最下部) *****


危なく指を詰めるところでした。
こんな痛い思いをしなきゃならないんだもの、「ヤのつく職業」にならなくてよかった^^
離脱するときに大変。

肝炎と縁を切ろうとしていて、指の方を切っちゃったなんて様にならないけど。
27日のこと、南瓜を切ろうとしていて。
そう、あの硬い南瓜。
全体重をのっけて切っていたら、南瓜じゃなくて手が切れてしまった~(゚ー゚;
左手人差し指。

頂きものの南瓜。
やたらと大きくてそして硬くて。

すぐティッシュで押さえて絆創膏を探すも見当たらなく。
やっと探し当て、そっと傷を見ると。
う、う、う~っ、ダメ~(>﹏<)
でも指はもげてはいなさそう。
爪もあった!

血が噴き出してきて包帯でグルグル巻きがやっとこ。
事務所に居る夫に電話をして救急隊を任命^^

その日は土曜日。
しかも午後3時過ぎ。
近くの内科で傷口の処置だけでもと電話するも断られ。
取りえずそのへんの外科に行ってみようと夫。
車を走らせ4軒程回ってはみたけれどいずれもダメで、スマホにて当番病院を検索。
40分程の当番病院へ。
すぐ診ていただくことができ処置を。

あ、勿論C型肝炎だというこことも告げて。
かなり流血していていましたもの。
結果、傷口は12mm位、深さは5mmと。
神経までは痛めていない模様。
麻酔をして縫うことに。

この間、ずっと目を閉じ顔を背け。
縫ってるところなんて、とてもとても見ることなどできませ~ん(;^-^)
何やら引っ張られる感覚とパチンと糸を切る音(たぶん)。
正視に絶えず。
「見て」と先生より言われ、恐るおそる傷口に目を(@_@)

抜糸は1週間後。
痛み止めを処方されて無事帰還。

先生が神様に見えました。

ホッとして帰ってきたら、リビングはまるで強盗か何かにはいられたような、荒れよう。
血糊も点々と。
かなり慌てふためいていた模様。

で、切りかけの南瓜は大丈夫だった半分を、ダンナが天ぷらにするとか。
仇をとってやるとのことで^^

実は先週金曜日はハーボニー服薬後3ヶ月目の採血で病院へ。
結果が分かるのは一週間後の今週金曜日。

C型肝炎ウィルス、再燃していたらどうしょうなんてマイナーな気持ちが脳裏をよぎるこの一週間。
この度の「指詰もどき事件」、指の痛みもあわさってどうやら気持ちは指の方へ。
「むしろ南瓜に感謝したら」とは娘の弁。

そうそう、カボチャの天ぷら。
これは下記写真のように焦げていたけれど。
でもま、以前「男の創作料理」で綴った「沢庵の天ぷら」よりは美味しかった(*^¬^*)
パリッとかはいわなかったけど、食感が^^

yubikireta160227.jpg
▲手術料ってなってた(@_@)  右は焦げた南瓜の天ぷら^^



28日(日)こちら地方紙にこんな記事が。
『北大病院 4月から最先端検査』の見出しで、がん遺伝子検査が始められると。
個々の患者に最適な薬を探すことができそうとのこと。

一昨年ガンで召されてしまった友人、この掲載されている病院での抗がん剤を受けるも副作用が強くて断念したり、効き目がなかったり。  
辛い闘病生活をおくっていて。
この遺伝子検査がもう少し早くできるようになっていたなら、友人はまだこちらの世界にいられたのではと……。

といっても自由診療、100万円。
う~ん。
ガンにならないよう努力するか、この療法の費用捻出のため、努力するか~(゚ー゚*)

idenshi160228s

▲クリックすると大きいタイプに



お見舞いのメッセージやコメントをいただきました。
貴重な時間をさき、書いてくださって恐縮です。
ご心配おかけしました。
そしてありがとうございました。
指がまだ痛く、思うように動いてくれなくて。
キーボードを打ち込むのも、まだるこしく。
お返事が思うように打てなさそう。
なのでコメント欄はクローズしましたm(u_u)m

***** 追記 *****

たくさんの方からお見舞いの言葉をいただきました。
拍手コメントを下さった、トラッチママさん、おきまちあきさん、愛新覚羅さん、babaちゃまさん、noxさん、るどるふくんさん、ぶらっくこーひーさん、はちみつ色の陽だまり さん、日々安穏さん、Mさん、I さん、果物のMさん、そして前記事にコメントを下さった、Oさん、Kさん、もう一人のOさん、Aさん、またメッセージをくださった方々。
お知らせページまで作ってくださった、おこちゃん。
本当に有難うございました。
お陰さまで痛みもかなり消え、本日抜糸の運びとなりました。
決死の覚悟で行ってまいります!
(痛そー 。>﹏<。)

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年09月08日 (火) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


ハーボニー肝炎助成、北海道はまだのようですね。
先週末、道の担当の方に電話でお聞きしたところ、厚生労働省より通達がきていないのでまだ申請はできないと。
「国より正式な通達が来てはじめてWebに掲載でき、実際に助成が始まるのは10月頃からになるでしょう」とのことでした。
「他県では申請が出来るところもあり、Web上に掲載されていますが…」と伺ったところ
逆に「HPに掲載されているのはどの県でどの辺に出ていますか?」と質問されてしまいました。
ソホスブビルがWebにUPされたのは6月23日。5月25日の発売から約一月後。
ハーボニーは9月1日の発売なので10月1日には掲載されるでしょうか。
一日でも早く周知して頂きたいこと、そして助成申請の受付がはじまりますようにとお願いし電話を切りました。
気がついたら電話の前で深々と頭を下げていました(゚ー゚;
私自身は限度額適用認定証を使っての治療をと思っていますが、助成の開始は早いに越したことはありません。

お仲間の、とらちゃんが「ハーボニー肝炎助成、都道府県別の状況(9/6 10:00 現在)」として都道府県の対応状況をUPされていました。
またmiyaさんも「ハーボニー助成要項が、まだ発表されていない地域にお住まい方へ」を綴られています。

ところで先月末の通院日のことですが……。

これは夢。
きっと悪夢。
頬を抓ったらきっと目覚めるはず。
なのに目は覚めるはずもなく、間違えて乗ってしまった列車は警笛をならし目的地とは違う町へ。
プラットフォームに残された私。
幸い誰もこのアホなことをしたオバさんに気付いてはいない(ハズ)──。


『午前中は急用が入り込、あちこちへ移動。
バタバタと過ごし、時間ギリギリに病院へ駆け込む』

先月末のこちらブログで、いかにも急な仕事でも入ったかのような書き方をしてしまったのですが。
実はですね~。

病院へ行く列車を乗り間違えちゃったんですね(゚ー゚;

いつもは夫の車で助手席の人。
決して自分で運転しようなどとは思うはずもなく。
でも夫はその日、外せない用事がありそこへ急行。
そう、急用だったのは夫の方で私ではなかったのですね。

従って私、娘に乗る列車の時刻などを調べてもらって(ものぐさ^^)
で、乗り場は何番ホームかを聞くと
「その時間の案内板に書いてあるから」と。

で、当日。
JR駅に着き、案内板を見ると教えられた時間に微妙なズレが。
でもま、
「きっとこれね~♪」
なぁんて迷うことなくそれに飛び乗る。
時間が迫っていて発車寸前!

そこへ行き先のアナウンス。
えっ!
反対方向じゃん!
こ、これはマズイ!
と、飛び降り反対側の列車が入ってきたので行き先を見る。

これぞ目指す列車!
今度こその気持ちでやはり飛び乗る。
これって
「間違えて反対方面に乗ってしまいました~」
「なのでクルット向きを変えて、反対方向の列車に乗り換えしました~」
などとおバカな人の見本みたいな行動ですよね~

ま、とにかく乗った。
これで病院着けるはず。
やれやれと一息。

すると何やら不穏な空気が漂って……。
「も、もしや~!?」
と思ったときには、時すでに遅し。

目的地、病院のある駅。
つ・う・か

あろうことか、通過してしまったんですね~( p_q)
これって快速、特急列車~!?
停まらなかったのです、その駅では。
無残なことに隣町、となりの駅まで行ってしまいました~。

しょうがないから速やかに降り、改札口のお兄さんに訳を話し切符に何かを記され目的の駅につく列車を教えてもらいそれに乗る。

そういえば10年くらい前もこんなことがあったっけ。
友人と札幌駅周辺で待ち合わせ、これだ~と思う列車に飛び乗る。
やはり時間ギリギリ。
すぐ前、一緒に駆けっていた人もその列車に飛び乗る。
なんだか知らないけど私もつられて。

で、ふと、窓の外に目をやると「トンネル」が見えて来るではありませんか!
鈍感な私でも「アレッ!?」と思い窓の外を凝視。
すると今度は海が見えてきた~
こ、これはれは違う!
札幌までの間にトンネルも海もなかったはず。

次の駅で降車し、改札口で訳を話そうと。
しかし、友人との待ち合わせの時間が迫ってきている。
私はくるっと向きを変え反対側のホームへと。
決して改札口を通ることなく札幌方面行きの列車が来るホームへ。

いかにも「あの人、間違えたんだ~! 間違えて乗っちゃったからクルット向きを変えて反対の列車に乗ったんだ~」という人々の視線を感じつつ。
そしてその「間違えて乗っちゃった~」な人を滞りなく演じるのでした。

あれから10年。
話は戻って。
さすがに人々の視線はさほど気にもならなくなり、ずうずうしいオバさんと化した私。
とにかく予約時間に間に合わせたかった。
親切なお兄さんに教えてもらえて良かった~^^
まもなく目的の駅。

で降車後、私は走った!
病院まで約5分、信号待ちも入れて。
到着後素早く自動受付機に診察券を入れ受付表を持ち消化器外来受付へ。
ここで診察券を出すよう言われ、持っていないことに気付く。
バックの中をさがすものの見つからず。
もしやと思い先程入れた自動受付機へ駆ける。
機械がパクパク点滅して私の診察券を吐き出しているではありませんかσ(^_^;)
速やかに抜き取り再度消化器外来受付へ。

まもなく呼ばれ採血室へと。
こんな走りづめ、焦りづめの後だもの。
検査数値、肝数値悪くもなっちゃうよね。
ということにしておきます~^^

これって認知症の始まり?
徘徊の練習しちゃったの~?
norimatige1.gif
norimatige2.gif
norimatige3.gif
norimatige4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年09月02日 (水) | 編集 |
先週末の検診でのこと。
ハーボニー服薬が開始されても今現在摂取しているお薬「ウルソ」は、当分併用になるとのこと。

ドクターに
「それは私の場合、肝数値が高いからでしょうか?」
と伺ったところ、どうもそのようですね。
ウルソには薬剤性肝障害をセーブする働きもあると。
まだ飲み続けなければならないかな。

いずれも、ハーボニー治療がはじまって数週間で数値は下がるようですね。
早く、ウルソからも卒業したいところ(゚ー゚;

ところで「東京五輪の大会エンブレムデザイン」のこと。
デザインに賛否両論あったり、盗作疑惑が浮上したりと波紋を広げていますね。
ついには、エンブレムの使用を中止することを正式に決定した模様。
このエンブレム撤回での多額損失は、どうなってしまうのでしょうね。

仕切り直しのデザイン公募を決定したとのことで、公募マニアの私に応募を勧めてくれる友人やブロ友さんも。
でもね、私、絶対応募は致しません。
なぜならそれは採用されてしまったら大変なことになるからですね~(ない、ナイ)σ(^_^;)

応募した作品と似ている作品なんかが出てきてしまったら、もう大変!

マネするなんてパクるなんて以ての外。
むしろ類似性がないか調べてからの応募。
それでも似てしまうことってあるんですね。

でもま、私はそんな心配いらないでしょう。
何故ならそれ以前の問題で、そこまで進まないでしょうという理由から (゚ー゚;

そ。
その他大勢。
選外(;^-^)

私はTwitter上で好評を博しているこの作品が好き!
logo150902.jpg
ところで先日訪れた大型ショッピングモール。
食事のあとプラプラしていたら、イベントホールが何やらキラキラ。

ご当地アイドルさんたちでしょうか。
歌って踊っていましたよ。
もうすでに「追っかけ」さんがいっぱい!
一番前で「振りコピ(?)」しているお兄さんたち。

ついそちらの方に目がいっちゃいました~^^
(写真はボケボケ~

gotouchi3.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年08月26日 (水) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


本日8月26日、ついにハーボニーの薬価が決まるのでしょうか。
中央社会保険医療協議会が開催されるとお仲間さんブログで目にしています。
そして明日、27日木曜日はいよいよ第15回肝炎治療戦略会議。
こちら地方からはなかなか出向くことは難しく、傍聴される方のお知らせをありがたく読ませていただく身。

患者にとって優しい結果でありますように!
今週末、穏やかな気持ちで過ごすことができますように。
祈りたい気持ちです~^^

***8/27 AM9:45 追記***

こちら北海道新聞にも、ハーボニー薬価の記事が掲載されていました。
ハーボニー薬価 1日1錠80,171円と高額と。
その薬価についてメディアがどう報じるか気になっていました。

doshin20150827s.gif

▲北海道新聞8/27朝刊より(クリックすると大きいタイプに)

話はかわって先日、毎年一度は出向くお気に入りのレストランに行ってきました(*^-^*)
札幌から一時間ほど。
そこは石狩厚田の森の中。
途中から砂利道。
交わすのがやっとの細い道。

ギャラリーカフェ「チニタ」。

営業しているのは、6月中旬からから10月中旬までの4ヶ月のみ。
冬は雪に埋もれて静かに眠っているところ。
白樺の林に囲まれたログハウス。

chinita2.jpg

口コミで人気が出てからは訪れる人も増えたみたい。
以前はあまり知られていなかったせいか、隠れ家的な感じが好きだったけど。
とりあえずこの日も、お客さんで満席。

テラス席はあいていたけれど、ここはちょっと~(゚ー゚;
以前、まだ娘が中学生ぐらいだった頃。
「テラス席がいい~!」
というのでそう、そこで食事をすることに。

で、美味しいお料理が運ばれて楽しく頂いていたら……。
なんと、クマバチさんが~
一緒に食事がしたかったのでしょうかね~^^

親子3人、ギャーギャー言いながら逃げ惑いましたよ。
ここは自然豊かな森の中。
決して珍しいことではないのですね。

だからテラス席はパス。
待つこと10数分。
案内された席に着く。

相変わらずロケーションが抜群。

この日食べたのはハンバーグランチ。
ドリンク、サラダ、デザート付で1500円。
サラダ3種類と、デザートのシフォンケーキは、カウンター横のテーブルに置かれており、おかわり自由。

ホテルのシェフをされていたというオーナー。
ハンバーグはボリュームがすごくて、どこにナイフを入れても肉汁がじゅわ~っと(*^¬^*)
もうこれだけでお腹いっぱいになるというのに、我が家の家族はサラダやケーキを3回もおかわりするんですね。
恥ずかしいとか言いつつ、私も負けてはいませんでしたよ。

で、食事のあとはこの広い森の奥に位置する円柱の建物へ移動。
そこはまるでジブリの世界。
ギャラリーになっていてアートな気分にひたれるんですね。
この日は布と器、見事な陶芸を堪能。

お腹も心も満たされたひと時でした~(o^・^o)

chinita3.jpg
kumahachi1.gif
kumahachi2.gif
kumahachi3.gif
kumahachi4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

2015年08月11日 (火) | 編集 |
本日「健康保険限度額適用認定証」が届きました。
先週火曜日、申請書を郵送していたっけ。

本当に一週間で届くんですね^^
これでいつからでもハーボニーでの治療受けられますよ!
といっても実際いつになるんでしょうね。

それに発癌していたり他のところに隠れた病気なんか発見されちゃ、できなくなるかもしれないのね。
なんか心配。
このお年ですからね。

さがしたら絶対どっか悪いような気がしますよ
お願い!
良い子だから今は自己主張しないでね。
私のなかでくすんでいるかもしれない病原菌さん。
genndo2.gif
▲これがその「健康保険限度額適用認定証」

ところでもうひとつの「来た~!」があるんですね^^
少し前に「クリアアサヒ『絶対もらえる!』キャンペーン第2弾」にシールが一枚足りなくて応募できなかったと綴ったのですが…。 

実はあれから足りなかったと思っていたシールが一枚、出てきたのです。
キッチン食器棚のガラス戸にその一枚が貼ってあった~!
それを次のチャンス、第3弾のために貼ってとっておいたのね。
そして貼り終わったハガキを会社の請求書と一緒に重ねて置いて。

そうしたら夫が気をきかせ、全部ポストイン(゚ー゚;
次の日、自宅郵便受けに返送されてきたわけ。
そのシールを貼ったハガキ。
「切手を貼ってください」みたいなことを書いた紙が添付されて。

そう、あのハガキ。
出すつもりもなかったので切手等はってなかったのねσ(^_^;)
戻されて当然。

で、普通はここで自分を戒めるところ。
なのに私はついでだからなどといって、52円切手を貼り再度ポストイン。

あのー、もうとっくに締切は過ぎているんですよ~
一週間は、いっちゃってるでしょ。
1日ぐらいなら締め切りすぎても郵便屋さんのせいにして、無理くり出しちゃうこともあったけど(;^_^A
(あくまでプレゼント応募などのものですよ)
これはいくらなんでも郵便屋さんのせいにできないわ。

う~ん。
年を重ねるということは人をこうも大胆にさせてしまうのね~^^
(なことはフツー、ないでしょ^^)

そんなことなどすっかり忘れていたら、本日届いたのですよ!
クリアアサヒ3缶セット!

▼これ。
c_asahi.jpg

アサヒビール様、なんて太っ腹なの~(*^¬^*)
締切、とうに過ぎて出したのに。
ありがとうございます!

だけど、ズーズーしくてごめんなさ~い(u_u*)
c_asahi_g.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年08月04日 (火) | 編集 |
いよいよ8月27日に第15回肝炎治療戦略会議が開かれると、お仲間さんブログで紹介されていましたね。発売日が気になるところです。
私は本日、協会けんぽWebより「限度額適用認定申請書」をDLし記入、明日郵送しようかと。
一週間程度で「健康保険限度額適用認定証」が交付されるようです。


*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


事務所の冷蔵庫がついに御臨終となってしまいました。

兄の代から使われていた冷蔵庫。
取引先で使われていたものを譲り受けたとか。
で、夫の代になって10年程。
かれこれきっと17年ぐらいは現役で頑張ってくれたのね。

もう召されてもしょうがないかな。

でも、冷蔵庫がないと困るの。
札幌だって暑い日が続いていますからね~。

ということで新しいものを購入することに。
手頃のものをネットで発見!
価格.comで最安店を調べ、評価も高い店舗にて購入決定!
メーカー保証もついているので多分大丈夫かなと。

先週末、届きましたよ。
買ったのはコレ。
reizouko.jpg

▲ハイアール(Haier) JR-N106H
容量106L ¥20,500(税・送料込)
購入したショップはここ
日本最大級のデジタル家電通販「Nojima Online」

「新しい冷蔵庫さん、また長生きしてね~^^」
って言ったら、夫、
「オレより長生きするんじゃないの~、この冷蔵庫」だなんてσ(^_^;)

でもねそれを言うなら、なんか私のほうが危ないわ
あ、それより前にこの事務所の方。
もっと危険かも~(゚ー゚;
nagaikisuruno1.gif
nagaikisuruno2.gif
nagaikisuruno3_2.gif
nagaikisuruno4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。