2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、現在は経過観察中。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も書いていま~す(*^-^*)
| Login |
2014年06月28日 (土) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てねー(最後のほう)


我が家の生計は、生業である小さな ちいさな会社経営で賄われている。
夫と二人で営んでいる。
正確には自営業とは言わないのだろうか。
とりあえずは法人化している。

その決算期が毎年4月末。
そして税務署への提出期限が今月6月末。

なのに、一年間ほぼ何もしていなかった。
会計簿付け~(;^_^A

しよう、しよう!
しなきゃ!

と思いつつも、何故かスイッチが今ひとつONにならなくて。
で、いよいよ今月、6月も半ばを過ぎた頃から焦りだした。
例年のごとく。

何事も、ギリギリにならなきゃ出来ないタイプ。

しょうがない、するかー。
するしかないよねー、と。

そしていざはじめようと思ったら消費税が8%になって、会計ソフトが対応していないことに気づく。
500円で買った電卓だって、8%の税率に変更できたというのに(゚ー゚;

バージョンUPしなきゃ、買い直さなきゃダメだって、この会計ソフト
しっかりしていますねぇ。

ということで、1年ぶりに会計ソフトを立ち上る。
いや~、すっかり忘れちゃってますよ。

浦島太郎状態

それにまず書類の整理だわ。
請求書・領収書・レシートなんかを月ごとにしてファイリング。

いくらミニ会社とは言え、1年も溜め込むとボリュームがありますわ。
必死で取り組む
徹夜した~(-"-;A
それでなんとかまとめあげ、あとは税理士さんにミスがないか見ていただく。

そんなこんなで、乏しい売上の割には手間暇かかったわけだけど無事決算処理業務は終了。
消費税、法人税等の額も決まり月末、その重すぎる税金・年貢を支払えば全て終了!

あ~、疲れた

来年こそはこまめに会計簿つけておかなきゃ。
とはいうものの、来年の今頃もきっと青くなって焦っている自分が脳裏にうかぶ。

っていうか~、来年の今頃、その会計簿付けをしていられる身だといいんだけど~。
会社そのものが存続していなかったり~なぁんて(;^_^A
それに私自身だって存在しているのー!?
nengu1.gif
nengu2.gif
nengu3.gif
nengu4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2014年06月25日 (水) | 編集 |
先週お片付けを余儀なくされた「ガス器具検査」。
検査は無事終わり整理整頓をしたおかげで、副産物ともいえるあるものを発見。
それは食器棚引き出し片隅に眠っていた「タイムカプセル」。

そう、それは30年ほど前に献血した時の「血液検査結果データ」

昭和60年9月だって。
私、独身だっな、その頃。

で、もう一つは結婚し娘を授かり、その娘が2歳の誕生日をむかえたころのもの。

二つのデータを見比べる。
あきらかに肝臓数値に変化が。

下記画像を載せましたが不鮮明なので少し補足。

*昭和60年9月献血時データ(左) *平成1年5月(右)
ALT(GPT)8  → 45
ALP    4.6 → 5.7
TP    7.8 → 8.6
ALB    4.5 → 4.2
A/G    1.4 → 1.0
BUN    15 → 12
CHOL  176 → 181

で、平成1年の肝臓数値。
「標準値範囲を少しだけはみ出していましたと」
「ご心配はないと思います」とコメントされていた。

私がC型肝炎に感染したと思われるのは、娘を出産した時に施された非加熱血液製剤。
その前と後を比べると、肝臓の数値が気になりますね~。
この程度の数値の開きはそこそこあること言われれば、そうなのでしょうが

独身時は何度か献血に協力していましたが、数値はいたって正常。

この平成元年にした献血の少し後で、私は風邪(?)をひいた。
高熱と耳の痛みを訴え内科を受診。
風邪でしょうとのことで薬をいただき、血液検査をうける。
その結果、白血球数が異常に多く「白血病」の疑いがあると恐ろしい宣告。
多分、よくわからないけれどその数値は「2万」と言われたような記憶が。

一ヶ月後再受診し再度血液検査を促される。
私は「白血病」と言われ、気が滅入りひどく落ち込んだのを覚えている。
何も手につかず、やたらと不安な日々を過ごした。
耳の痛みはだいぶ薄らいだものの、閉塞感は増していた(耳の聞こえの)。

やっと一ヶ月が過ぎた頃、病院へ。
で次の週、結果を聞きに。
その結果、白血球は基準値に。
同じく基準値超えをしていた肝臓数値は高めなものの何とか基準値内へ。
ZTTが高かったのも指摘されていた。

そこで
「耳が痛かったし、なんだか閉塞感が」と再度訴えてようやく
「耳が痛いのは耳鼻科に行かなきゃ~」と言われた。

「早く言ってくれればいいのに(-_-メ」とは、私の心の声。

近所で評判の耳鼻科クリニックへ。

医師
「すぐ来なきゃダメじゃない、滲出性中耳炎になっちゃてるよ」
「え~っ、白血病って言われてたの~!」
「患者を脅かす悪い医者だ」とな(;^_^A

すぐ、鼻から耳へ空気を通す通気治療を隔日行う。
でもね~、これがとても痛くて。 
子供でもできる治療とのこと、学校帰りの小学生たちがズラ~と列をなしているところへ私も並ぶ。

速いスピードで次々とこなす医師。

私はこの時何度も鼻の奥に挿入された器具、管が鼻の骨に「ゴキッ」と鈍い音をたてぶつかるのを体感。
治療後は鼻から出血することも。

隔日、3ヶ月も通っただろうか。
治療中、あまりの痛さに涙があふれてしまった。
気持ちでは絶対我慢と思っていても、涙は正直。

で、つけていたコンタクトレンズを落としてしまう

そんなことが二度ほどあった次の治療日。
「あの~、すごく痛くて~」と医師に訴えた。

医師、
「じゃ、もうしない!」と。

投げられた私

周りは一瞬シ~ンと静まり返る。
看護師さんは哀れみなのか、ニガ笑い。

私はその病院に、二度と足を踏み入れることはできなくなった。

タイムカプセル。
そんな思いがよぎった。

しかし、あの時の血液、どうなったんだろう。
どなたかに輸血され、あらたなC型ウイルス感染被害者をうんでしまったのだろうか。

私は被害者であると同時に、感染させてしまったという加害者にもなってしまったんだろうか。

kenketu1.jpg

▲昭和60年9月献血時データ

kenketu2.jpg

▲平成元年5月献血時データ

mieta.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2014年06月20日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てねー(最後のほう)


その日は仕事が長引き遅い帰宅となってしまった。
いつものように夕食の準備を終え、食卓には夫の作った力作料理が並べられている。

「これ、食べてみて」と出されたのは何やら天ぷらかな。
ちょうど少しオイル系を欲していたので、早速口へとはこぶ。

エッ?!
「パリッ」

パリッっていったよ!?
「な、何?」
「この食感」


結婚してから気づいたのだけれど、夫はかなり料理好き。
食べるのは勿論だけど作るのが。
しかも創作系。
ちょっと「う~ん!?」としてしまうような不思議系だけれど

普通に玉子丼・エビチリ・酢豚・トマトスープ、チンジャオロースあたりはクリアした。
で、テレビなんかでやってるレシピを真似たり、レストランで食べたのを複製。


結婚後間もなく妊娠し、子を授かる。
お互いの親を頼れない分、夫は育児や家事・料理には協力的。
娘が小学校高学年になった頃、私はパートへ。
といってもほぼフルタイムに残業付き。
貧乏が災いし自宅でSOHOなどもしていたので、自ずと料理当番になってしまった夫。


だけどね~(゚ー゚;

家庭菜園でキュウリが異常に採れた夏。
それを使っての~。
キュウリの酢の物は普通に可。

ところが、キュウリの「味噌汁」ときましたよ(お味・ムリ) (;^_^A
そして、キュウリのサラダオイルではなくマヨネーズ炒め(お味・そこそこイケた)
キュウリの天ぷら(お味・ダメ)


たくわんを作った。
日頃料理をサボってる私。
罪滅ぼし(*゚ー゚*)

でも取り出すのが面倒で春をむかえてしまった
それを何とかできないかと考えたそうな。

で、水出しをして~


マヨ炒め(お味・これ、普通)。

味噌汁に投入(お味・かなりビミョーf^_^;)。

で、最後にコレ。

たくあんの
「天ぷら」~

決して、けっして、人様のお口には~(゚ー゚;

takuan1.gif
takuan2.gif
takuan3.gif
takuan4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2014年06月17日 (火) | 編集 |
サングラス。
そう、少し綺麗に見えるサングラスがほしいと思った。

いえ、私をきれいに見せようとかじゃなくて
私の家の中が綺麗に見える。
というべきか、家の中の不要物とか乱雑さ、ゴミが見えなくなるサングラス。
カムフラージュしてくれるサングラス(゚ー゚;

明日、ガス屋さんが定期点検で我が家に来るのですよ。
ガスの点検といえば、キッチンまわりも目に入りますよ。
玄関から入って居間を通り奥のキッチンへ。

えっ?
ってことは、そのとおり道、全てを綺麗にしなきゃならないんじゃない(?_?)
私は今、自営会社の決算期でその事務処理に追われる身。
自宅なんか荒れ放題。
ジャングル化しているのですよ~(;^_^A

とてもとてもこんな所へ人様など~
でもでも、汚ずきなオバはんだとは思われたくない~っ!!!

だから、サングラス。
ガス屋さん、我が家に入る時にかけてもらわなきゃ。
サングラスというフィルターごしに見てくださ~い(^o^;)
とまあ、そんな妄想は後にして、とりあえずお片付け。

ひどいもんですわ~。
物を捨てられない年代の私。
まあ、溜め込んだもんですこと。
リスさんみたい。

この際だから思い切りよく捨てなきゃ。
ガス台もピカピカにして、シンク下も片付けて~。

あ、そうか冷蔵庫も開けるかも。
冷たいお飲み物の一つも、お出ししなきゃ~ね♪

そうだ!
冷たいものなんか お出ししたら、お腹こわして
「おトイレ貸してくださーい」なぁ~んてことにも~(子供か^^)。

これは、トイレも掃除だわ
でもここは、ほぼ毎日きれいにしているけど、とりあえず念入りにね。

あとは~。
も、もしや、ガス台にのっかってるお味噌汁の鍋。
あれ、ひっくりかえすかもー!
そそっかしいガス屋さんだったら、やりかねないよ。

そう、けっこうやるんですよね~、これ。
我が家のキッチン、狭いから。

手がすべって鍋が傾き、中身のお味噌汁がガス屋さんの足にザバッとかかる。
ヌレヌレになったガス屋さん

私がすぐさまオシボリを差し出す。
だけどそんなもんじゃ間に合わない。
匂いもしてくる。

このまま、勤め先の会社へ帰すわけにはいかないでしょう。
味噌汁の匂いを膝からプンプンただよわせて。

と、そうなれば、
「シャワー、あびていって下さい!」
なぁんて言わなきゃなんないのー!?

ヒャッ、お風呂も磨かなきゃ

ない! ないっ! ありえない~っ!
って、そこまでは~。

よそう、よそう!
これは妄想に過ぎない(;^_^A
ありえるはずないでしょう、普通。
そこまでは。

さ、こんなこと考えてる暇あったら、さっさと片付けなきゃ。
明日になっちゃう(゚ー゚;

(すみません、くだらない話にお付き合いさせてしまってm(u_u)m)


suika_20140617233909332.jpg

▲スイカの苗を植えました(おそすぎかも)


itigo.jpg

▲裏庭のいちご(雑草だらけ、放任主義です~

gas_soji.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

2014年06月13日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てねー(最後のほう)


6月14日は札幌まつり。

彼は仕事を早めに切り上げ、待ち合わせ場所にあらわれた。
あいかわらずジーンズに着込んた感じのTシャツ。
手にはこなれた感じのGジャン。

今日は結婚指輪を買いに行く日。

少し前。
彼は、はじめて私の住むアパートへ。

料理は得意ではなかった。
食べるのは大好きだけど、人様のお口に合うものなど作る自信0(ゼロ)の私。

しょうがないから、レシピ本に書いてあった手順を必死に暗記した。
なんせ私、30歳超え(*^o^*)
あとがないよ。

一応、仕事に燃えていた。
好きな仕事だった。
でも限界を感じていたのも事実。

私は作った。
必死で作った。
料理(゚ー゚;

サンドイッチだけど

で、
痛~っ!

指、切っちゃった!!!
そこで言ったよ。

『責任とってー!』って(;^_^A

それで結婚することに。
良かったー^^
う、うっ、う~っ (゚ーÅ)

今日は札幌まつり。
屋台とかいっぱい。
にぎやか。

そこで指輪。
結婚指輪、買うの。

「ちゃんとしたとこで買おうよ」と彼。
「いいよ、いいよ、高いもの。お祭りので充分」と私。

だってね、安月給の彼。
指輪にお金費やしたら、以後の生活成り立ちませんよ。

というわけで、お祭り会場は屋台の売り場。
1,400円の指輪で決まり!

な、なんと、彼はそのお金さえ持ち合わせず。
しょうがないから私が立替 

で、指輪は彼の知り合いの彫金屋(?)さんへ。
なにやらメッキ?

まもなく分厚くメッキされた指輪が手元へ。

そんなこんなで数十年。
ビンボー生活、相も変らず(*^o^*)
プラス、C型肝炎ウイルス付き~(-"-;A

6月14日、札幌祭り。
私の生まれた日。
そして、結婚指輪を買った日。

あと1時間と13分でその日、6月14日がやって来る。
pure1.gif
pure2.gif
pure3.gif
pure4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2014年06月10日 (火) | 編集 |
日が沈み、あたりは暗くなってきた。

そろそろかなと思っていたところに、Sさんが来る。
連れ立って近くの河原の方へ行く。
慣れ親しんだ川へと続く道のり。
薄暗い光のもと草木に足をとられそうになる。

時折通る車のライトで、お目当ての樹がそこにあることを確認する。

まわりを見回す。
誰もいない。

Sさんが
「今だよ!」と。

私たちはその樹に連なっている赤い実を、二つ三つ手にした。

クルッと180度向きを変え今来た道を引き返す。
手中にはほどよく色付いた「サクランボ」が数個。

15、6年前のこと。
娘がまだ小学生だった頃、遠足の日を前にして。
お弁当に持たせる彩りの良いフルーツを求めてのこと。

我家にもサクランボの木がある。
実が色付くのを待ってはいても、遠足の日までは間に合わなかった。
当時は今よりももっともっと、貧乏。 
同じような貧乏同士は引き合うものがあるらしい。

で、その貧乏ママ友と非合法なサクランボ狩りを企てた。

「あそこの川原に誰が植えたのか、サクランボの樹があるよね~」
「あれ、もう赤くなっていたよね~」
「皆けっこう採りに来てるよね~」
なぁんて。

川の近く、野生で生えているサクランボの樹。 
白昼どうどうと採りに来る人も。
ワラビも生えているので、ついでに手を伸ばしている模様。

でも一応、子の親。
そんな姿など子供に見せらませんよ。

ということで暗くなるのを待っての犯行。
(もっといけないかぁ~
そんなこんなで「ドロボー」しちゃいました~のお話。

神様、ごめんなさい。
貧乏に免じてお許し下さいm(u_u)m
(時効ですよね?)

もう、しませ~ん

sakuranbo2.jpg

▲苦い思い出の我家のサクランボの樹。
バチが当たったのか、ここ数年1個も採れなくなってしまった(*^.^*)
sakuranbo.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村





2014年06月06日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てねー(最後のほう)


先日、いつも温泉にご一緒する友人と会った。

で、「温泉ばかりじゃ芸がないから、たまには隣接するボウリング場にでも行こうよ」
と言われたんだけど。

でもね~、ボウリングと言えば思い出したくもない苦~い過去があって~(゚ー゚;

あれは確か娘が小学校低学年の頃。
ママ友に誘われてボウリング教室に行くことに。

「すごい運動量なんだって!」
「ダイエットになるって!」
と、少し太りだし、気になりかけた私に誘いかける。

子供が手を離れつつあることに開放感を覚え、私は二つ返事で応じた。

スクール初日。
講師はセミプロの好青年。

基礎からはじまりそして、フックボールの投げ方を教わる。
なぞるようにマネをする。

が、しかしいくらやってもボールは変にまがってレーンの外側へ。
ここでも「体育は2」が邪魔をする(;^_^A
そう、何度やってもガーターに。
「類は友を呼ぶ」で、一緒に受講したママ友もほぼ同じ。
回を重ねても一向に改善されるどころか、その傾向は更に顕著に。

と、そこへ。
そのボウリング場施設のオーナーが現れる。

で、オーナーが言った。
「君~、ダメだよ」
「この人達にフックボールなんて教えたって」と講師へ。

そう言い放つと、オーナーはおもむろに
「ここから投げなさい!」
「フォームなんてどーでもいいんだから!」
「さっ、そっから両手で股の下にボール持っていって、エィって投げなさいっ!」
「そうしたら、ボールは真っ直ぐ行くんだから」
だって(゚ー゚;

そ~んなこと、かっこ悪くて出来ませんよ~

それでも回を重ねるうちに、何とかそれなりに上達したような気がしていた。
そして3ヶ月が過ぎた頃。
講座も最後の日をむかえた。

最終日は生徒全員で恒例のボウリング大会だと(゚ー゚;

なんだかイヤな予感。
胸騒ぎを覚えたのは言うまでもない。

しょうがなく挑んだ。
ゲーム回数は確か2回。

そしてこの胸騒ぎは見事的中!
あろうことか、そこで私はまさかの「33点」などという不名誉な点数を出してしまった
ガーターの連続。
良くてピンが1、2本倒れるのみ~(;^_^A

「どうやったらそんな点とれるの~?」と周りから呆れられた。
だけど、私にしたら、
「どうやったら50点以上取れるの~?」と逆質したい気持ちでいっぱいなんだけど。

横目で笑っていたママ友だって、48点位だったような~。
bowling1.gif
bowling2.gif
bowling3.gif
bowling4.gif

eight="31" border="0" alt="にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ" />
にほんブログ村



2014年06月03日 (火) | 編集 |
(ゆずライブ、ネタバレあり)


先週土曜日、それは『ゆずライブ』の日。

娘が、ゆずファンで毎年参加。
といっても私は昨年から。
チケットは必ず2枚購入しているというのに一緒に行く彼氏もいなくて、私がご相伴にあずかることに。

一昨年の大晦日、カウントダウンコンサートでは、職場の上司(女性)を誘って、たいそう喜ばれたそうな。
独身だったその上司は大晦日をご一緒したことを、とても喜び以後、娘を可愛がってくれたよう。
その上司も転勤したとのことで、私が手をあげた。
彼氏いない歴更新中の娘 (゚ー゚;

めいっぱい若作りして、いざ出発!
その前に記念撮影。
首にゆずグッズのタオルを巻いたら、娘にしかられた
しょうがないから腕にかけた。

で、娘と一緒に写真を~と思ったら、逃げられた。
「どうせ、ブログにのせるんでしょ」と。

そういうことは一切嫌いな娘はさっさとバス停へ。
ということで私一人で記念撮影。

yuzuoba.jpg

▲めいっぱい若作りして、ゆずグッズのタオルをうでに~
(横は娘が写るはずだったので輪郭だけの透明人間)

無事、会場につく。
何と、かなり良い席。
前列中央の5番目くらい。
肉眼で楽に見られそう。

すごい熱気の中まず最初は、恒例のラジオ体操第一をしなきゃならないのですよ~。
以後3時間強は立ちっぱなしで声援、応援!
ジャンプしたりタオルをぐるぐるさせたり、手を振ったり。
けっこう大変。
アラ還世代の私は、ついていくのがやっと。

でもね周りを見たら、けっこういるじゃないの。
お友だち~な年代のオバさんたち。
私の前後、そして右隣も同年代だわ(*^.^*)

だけどこの右隣の人、やたらと元気で手をあげたり回したリと大胆。
その手が私の目先、鼻先にぶつかりそうなんですけどー。
私は、身をかわすのに必死

なんせ「体育は2」でしたからね~。

こんな所で一人だけ椅子に座って大人しく見ていたら、かえって目立ってしまうんですね。
と思っているうちに今度は皆で「盆踊りしましょう」だと。
へっ! (*_*)

ま、盆踊りは得意といえば得意なのかなぁ
そんなこんなで北川さんの汗を、受けてしまうんじゃないかと思う程接近。

とりあえず汗だらけになりつつ、無事終了。
ふ~っ、疲れた~(;^_^A
ご老体に3時間強立ちっぱは、堪えますね~。

と、ここで気付いた。
定番の大好きな曲「 栄光の架け橋」を、歌わなかったんじゃない?

でも、ま、いいか~。
「栄光の架け橋」は、主治医ライブの定番曲でもあり、そちらで聴いてるから(^-^*)

yuzu.jpg

▲ゆずグッズ

yuzuyu.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村