2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
| Login |
2015年03月30日 (月) | 編集 |
数年前『干しエノキ』が内臓脂肪を撃退するのでは!?
という放送をNHKあさイチで目に。

そうそれは、2012年10月1日放送のNHKあさイチ!「スゴ技Qえのきたけ徹底活用術」で紹介されていたもの。

以来2年6ヶ月そのエノキ茸を天日で干し乾煎りしたものを毎日5g食していますよ。
熱湯をいれた500mlのポットに入れ身ごといただくわけですね。

以前にも少しふれていますが……。    

エノキタケリノール酸が体内の脂肪、特に内蔵脂肪を減少する効果があると。

下記サイトによ詳しく書かれていましたよ。
http://trendnews1.com/asaiti/4701/ 

えのきたけはきのこの中でも固い細胞壁を持っているので、そのまま食べてもなかなかエノキタケリノール酸は吸収されない。
しかし干すと細胞壁が壊れるので、エノキタケリノール酸が細胞の外に出て吸収されやすくなる。細かく切るとさらに吸収されやすくなる。
さらに、お湯の中で出すことによって、初めて成分の色が出る。この中にエノキタケリノール酸が含まれている。
等など。

私はこのNHKの番組を見たのは、まだC肝に感染しているとわからなかった頃。
ダイエットには成功していたものの、維持するのに一苦労。
ちょっと油断するとジワジワと体重増。
けっこう皮下脂肪もあり、体脂肪率もそこそこあったような。

もともとあまりコレステロールはないほうだったけれど。

こちらはダイエットとしても効果があり、またコレステロールを減らす働きもあるようですね。

enoki.jpg
▲これが天日で干して乾煎りしたもの。今回はさらにミキサーで粉状に

で、劇的に効果があったかどうかはわかりませんが~^^

とりあえず、肝臓に脂肪は、ほぼ付いていないとのこと。
また、コレステロールも低すぎるぐらいの140前後。
中性脂肪やHDL・LDLは、それぞれ60前後。

もっとも肝炎の人はコレステロールも作られづらいとか。
私は脂肪肝、とりわけNASH予防にもなると思い食してたのですね。
ず~っと以前は「エノキ氷」なんていうのにも凝って作っていましたよ。
http://cookpad.com/recipe/2870723

良いと言われると何でも試してみたくなる「健康オタク」やってたのですね~^^
今もだけど(゚ー゚;

干しエノキ・エノキ氷、どちらも料理を作るときの「だし汁」としてポンと入ると美味しいし、忙しい時の手抜き料理にも重宝してますよ~(*^-^*)

ところで本日午後、出先から戻ってきたら我が家の庭に春がおとづれていました~。

crocus1503.jpg
▲今年はじめて咲いたクロッカス(奥にはまだ雪が)

niwa1503.jpg
▲雪がとけたところは一斉に花の蕾が

wakagaeriyaku.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2015年03月27日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


寝坊してあわてて起きてきたら、夫が何やらあせってる。
『もしかしたら当たってるかもしれないぞ!』って。

宝クジだって。

で、私
『え~っ、宝クズ~!?』

『クジ』じゃなくて『クズ』だって(゚ー゚;
朝起きぬけだから口が回らなくってというか、もともとお口はまわらないほう~(*゚ー゚*)

すぐ言い直したら夫は宝くじを指差し、これはむしろ確かに
『宝のクズだわ~』だって(*^□^*)

そうだよね、当たってる訳ないものね。
クズにちがいないよね。
紙くずになってゴミ箱にポイの運命なのね(゚ーÅ)

昨年5月に夫が買ったロト7のこと。
支払い期限が今年の5月23日。
買ったのを忘れていて、気付いたのが昨日の朝だったのね。

私に当たってるか見ておいてといって、夫は仕事場へ。
たった3口、900円分の購入。

ネットで「ロト7 過去当選番号と抽選結果データ一覧」というサイトを見つけたんだけど、見方がよくわからない~
takarakuzu.jpg
▲これ 当たってる~! かもしれない宝クジ

多分この数字かな~とは思うけど。
もしや6等~!?
1000円当たった~!?

でも、『B数字2個、または1個一致』って何~?

どなたかこの結果の見方のわかる方、教えてくださいませ<(_ _*)>
watashi150326_3.gifwatashi150326_2.gif watashi150326_1.gif 


白衣の天使、まんねんずさん作
お猫キャラ  ふふっ、可愛いでしょうლ(╹◡╹ლ)
takarakuzu1.gif
takarakuzu2.gif
takarakuzu3.gif
takarakuzu4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年03月23日 (月) | 編集 |
【こちらはお知らせです(本文は下に)】
*C型肝炎のキーワードでこられた方へ*
ブロ友さんの「とらちゃん」が下記内容をUPされたのでコピーさせていただきました。


ブリストル・マイヤーズの経口2剤(ダクルインザ、スンベプラ)が発売されて半年が経過、かたや、ギリアド・サイエンシズの経口配合剤(ハーボニ)も今夏には認可・発売される見込み。

そんな今、われわれはどうすればいいのか?

答は、akioさんのblog HCV(C型肝炎ウイルス)との闘い3/14の国府台病院の講演会を聞いてきました

特に、下記の記述を強調して紹介します
*************************************************************************************
あと半年もすれば、ギリアドの配合剤を使えるようになります。
ダクラ/アスナ治療(注:BM経口2剤)は6か月間ですが、ギリアド配合剤治療はわずか3か月です。
実質的な差は3か月もありません。その代償に耐性や肝障害のリスクを負うべきではありません。
*************************************************************************************


akioさんblogにはC型肝炎の情報が満載されており、いつもお勉強させてもらいに入り浸りの私です。

いろいろな立場、考え方があるかと思います。
今、IFNやBM経口2剤で治療されている方、どうぞ無事完遂しSVRを得られますよう心より祈っています!


先日、21日は春分の日でしたね。
そしてお彼岸でしょうか。

なのに我家ではというか私がなんだけど、今更のお雛様料理に勤しんだのですね^^
いつもお雛様には鮭寿司と、お雛ケーキを焼くことになっていて。
ケーキの方は、サボり気味になってきてたけれど。

3月3日のお雛様。
インフルかも知れない高熱でダウン。
従ってケーキはおろか、鮭寿司だって作れず。
それどころか夕食作りだってサボりましたよ。

だから罪滅しに作たのですね~。
雛ケーキと鮭寿司のドッキング^^

『ひなケーキ寿司』。

cakekana.jpg

▲これがそれ

名づけて「ケーキで再会」。
鮭とイクラが再会してケーキになったとか~^^
あるいは再会を記念してケーキを食べた~?
いやいや、ケーキにされて食べられたちゃった~かな。

な~んて、おバカなこと考えながら作った『ひなケーキ寿司』。
なんか今更お雛様クッキングなんて~(゚ー゚;
ズレてますよね~(*゚ー゚*)

と言いつつも、ただ人様よりワンテンポ遅れた生活を送っているだけ~とうそぶく自分。

うん、こうやって何でも遅いのね。
お雛様だって10年ぶりぐらいに仕舞ったし。
結婚だって遅かったし。
かけっこだって遅いし。
寝るのも起きるのも遅いし。
多分明日出かけるのだって遅くなりそう~^^

で、考えた!
人様よりワンテンポ(もっとかも^^)遅れているということは、人様より少しだけ長生きすれば追いついて同じになるんじゃない(*^-^*)
そっかー、長生きしなきゃ!

神様、どうぞ長生きさせてくださいませ~(u_u*)

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年03月20日 (金) | 編集 |
C型肝炎のキーワードでこられた方へ
ブロ友さんの「とらちゃん」が下記内容をUPされたのでコピーさせていただきました。


ブリストル・マイヤーズの経口2剤(ダクルインザ、スンベプラ)が発売されて半年が経過、かたや、ギリアド・サイエンシズの経口配合剤(ハーボニ)も今夏には認可・発売される見込み。

そんな今、われわれはどうすればいいのか?

答は、akioさんのblog HCV(C型肝炎ウイルス)との闘い3/14の国府台病院の講演会を聞いてきました

特に、下記の記述を強調して紹介します
*************************************************************************************
あと半年もすれば、ギリアドの配合剤を使えるようになります。
ダクラ/アスナ治療(注:BM経口2剤)は6か月間ですが、ギリアド配合剤治療はわずか3か月です。
実質的な差は3か月もありません。その代償に耐性や肝障害のリスクを負うべきではありません。
*************************************************************************************


akioさんblogにはC型肝炎の情報が満載されており、いつもお勉強させてもらいに入り浸りの私です。

いろいろな立場、考え方があるかと思います。
今、IFNやBM経口2剤で治療されている方、どうぞ無事完遂しSVRを得られますよう心より祈っています!

*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


エスパーシール。
遠い昔。
もう30年以上前のこと。

私はまだお姉さんだった。
もちろん独身。
仕事を終え、勤め先同僚女子と地下鉄へ向かう。
と、その途中で1枚のチラシを受ける。

そこにはESP科学研究所、エスパーシールなる写真と説明が。
で、興味を持った私たちはその販売会場へと足を伸ばす。

ドアを開ける、何やら熱気を帯びた摩訶不思議世界が。

エスパーシールなるものを貼れば、不思議なパワーが醸し出される旨。
科学では解明できない大宇宙のパワーだったかな?
体や物に貼ることで、力の恩恵が得られるとか。

たしか物に貼るシールと、体に貼るシールがあったような。
物好きな私たちはその2種類を購入。

顔に貼ったらきっとキレイになれるよねとか。
肩こりにもいいって言ったよね。
車、エンジンルームにに貼ったら燃費が良くなったとか、ハンドルだと運転が上手くなるとか。
で、その全部に貼った^^

そしてなによりも20代も後半だったから、そろそろ結婚相手が欲しいよねってことで心に貼った(胸ね~^^)


昨年12月だったかなぁ、ブロともさんの
風来ねこさん。
ブログでUPしているマンガ「ちゃのまのちゃたろう」
そのマンガの中で、なんとその「エスパーシール」なるものが。

実際は「ねこずきんシール」だったようですが、なんかすごい懐かしくて。
その頃のことを思い出しちゃったのね。

まだどこかにあるはずと引き出しをまさぐったら、出てきたのですね~(゚ー゚;
esp3.jpg
▲これが恐れ多いエスパーシール

1983年ころ。
30年以上も前。
これも正にタイムカプセルですね~。
若かりし頃。
まだお姉さんだった頃(かろうじて^^)。

ひたすら「白馬に乗った王子さま」の出現を、
否定しつつも心のどっかで想っていたっけ(*゚ー゚*)
esp1.gif
esp2.gif
esp3.gif
esp4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年03月16日 (月) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


3月だというのに不覚にもインフルかもしれない熱を出してしまった月初め。

体温計が39度になりつつあるなか、夫にメール。
「カロナール、買ってきて、コンビニにも有るって」と。
インフルだと普通の解熱剤とかは飲まない方が良いと。
で、「カロナール」とかは可と。
日常よく使われている解熱剤の中には、インフルエンザ脳炎・脳症を重症化させる場合があるとのこと。
安全な解熱剤としては、アセトアミノフェン系『カロナール』とWebより情報収集。

でもその日は何だか飲まずに済み、翌朝には37度程度に落ち着いて。
夫が買ってきてくれた解熱剤、『カロナール』。

なんか栄養補強・滋養強壮って書いてある。
しかもドリンク剤。
たしか錠剤じゃなかったの、カロナールって。

1本45mL
475円(513円)だって。
2本買ってきてくれた。

kakona.jpg


次の日、別に解熱剤って書いてないし熱が下がってたので飲んでみた。
すると空腹時だったせいか、胃がキュ〜ってなって痛みが〜
すぐ冷蔵庫から牛乳を出して飲んだらもっと痛くなって。
しょうがないから水を飲んでもやっぱり痛い。
ホットミルクにして飲んでみたら治った(゚ー゚;

で、昨日、もう1本あったカロナールをよ〜く見て気付いた。
これ、『カコナール』って書いてある〜!

欲しかったのは『カロナール』!
いつの間にか解熱剤の『カロナール』が『カコナール』になって〜
伝言ゲームをしてしまったんだ〜(*^□^*)

別に薬も飲まずに治ってくれたから良かったけど(*^-^*)




ブロ友さんの「おこちゃん」からステキなプレゼントを頂きました。
パワーストーンブレスレット。
私のイメージでと「優しい癒しのプレナイト、緑」。
添えられてあったこの言葉にも、癒されてしまってる私(*^-^*)
あとは解毒作用のシトリン。
万能の石、水晶。

おこちゃん、ありがとうございました。
大切にします。
powerstone.jpg

powerstone2.jpg





2015年03月12日 (木) | 編集 |
お雛様。
3月3日、めでたく終わりました。
今年こそは本来あるべき所へしまわなきゃと。

なのにその日の午後発熱。
多分インフルだったのね~。

でもひどくもならずに済んだし昨日は重い腰をあげ、お雛様をしまうことに。
実に10年以上飾りっぱなしにしていたお雛様。

昨年も綴ったけど

「毎年今年こそはしまわなきゃ、来年こそはしまおうね」
とか言ってるうちに月日がたち、夫が
「嫁にやりたくないから、しまわん!」と言いだして~(゚ー゚;
で、その「嫁にやらない話」にのってしまった私。

「おひなさまを早くしまわないと嫁に行き遅れる」といわれているアレ(u_u*)

今年はしまいますよ。
お雛様。
誇りを丁寧に取り除きニオイがつかない防虫剤といっしょにダンボールへ。

ohina2.jpg

▲ながいことお疲れ様のお雛様

そこでタイムカプセル。
お雛様をしまう箱に一年後の自分へ宛てた、お手紙というタイムカプセルを入れるの。
ブロともさんのところで目にし、今年こそそんなお手紙したためようと。


2016年3月3日の私へ(下書き^^)

まだ生きてた~?
(わっ、最初っからコレ~^^:)
憎きウイルスのC肝と、晴れてサヨナラできた~?

娘は無事、彼氏いない歴を更新することなく済んでる~?
もしやお雛様をちゃんとしまったからご褒美、お嫁入の話などでてるかなぁ?

それにまだブログ続いているかしら?
それからそれから、来てくださる方もいるかしら?

あ~、ダメだ。
こんな俗っぽいこと書いちゃ清められないわ~。
浄化されないよ~。
ってこれ、別にそういう種類のものでもないし~(^o^*) 

そうそう、とにかく家族全員無事にまた来年お目にかかれますように。
どうぞよろしくお守りください、お雛様。

あれっ、これじゃタイムカプセルじゃなくて、ただの神頼みになってる~(*゚ー゚*)

ということで、これはあくまで下書きですよ^^
まともに書いたのは来年の今頃、まだブログを続けていたらUPしようと思います。

今、これを読んでくださった あなた。
ありがとうございます。
来年の今頃も来てくださるとうれしいなぁ(*^-^*)
cake.jpg
▲六花亭のポイントでいただいたお雛様ケーキ

niwa2.jpg
▲雪解けもすすんで

me1503.jpg
▲我家の庭で見つけた春の息吹

mado2.jpg
▲キッチンから見た裏庭はまだ真冬(お隣の家が半分雪で~)

niwa1.jpg
▲雪の隙間から春が~


ながいこと愛でさせてくれたお雛様。
しばし、ごゆるりとお休みになってくださいませ。

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年03月08日 (日) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


先週、火曜日のこと。
遅い昼食を終え、洗い物をしていたら、なんだかゾクゾクッと。
春めいた日差しが差し込む暖かな日。

なのに寒気がするのね。
おまけになんだか節々が痛いようなだるい様な。
耐えられず2階のベッドへ。

熱を計ると37.8度。
どうりで寒いはず。
私の平熱はへたしたら35度台。

ベッドの中でも首にマフラー巻いて、モコモコのソックス履いて震えてる。
これってもしや、インフル~?
私、かかっちゃった~!?

ベッドに持ち込んだiPhoneでインフルエンザを検索。
いろいろなサイトで症状から、かかってしまった後の注意とやらが出ていますね~。

今はイナビルなんてすごく効く薬があるのね。
そういえば5年ほど前だったかな。
娘がインフルにかかり病院へ同伴したときのこと。

次の日、私も頂いちゃいましたね~。
インフル。
で同じ病院。
そのときはタミフルを処方されて。

そのタミフルが劇的に効いて熱はすぐ下がり、咳とか鼻炎の症状も全くでることなく全快。
タミフルって効くんだ~!
と感動したものでした。

あれから5年。
2年前にC型肝炎が発覚したものの、風邪などほぼ引くこともなくきたっけ。
とくにC肝とわかってからは、これ以上肝臓には負担をかけられないと。
風邪などひいて薬のお世話になるわけにはいかないの~と自分を戒めてきたのね。

そんなことが頭をよぎる中、体温計に目をやるとすでに39度(ノ゚ο゚)ノ
わあ~!
こんな高熱、前回のインフルの時以来かな。

と思いつつも、さほど辛くもないわけ。
で考えた。

幸い以前も行った病院。
それは我が家のすぐ近く。
100mはあるかなぁ。

でも車で行くには近すぎるし、歩いていくにはこの高熱。
夫も娘も本日は、日付が変わらなきゃ戻っては来ないでしょう。

時計は午後6時30分に近づいている。
病院の受付終了時間の。
いくら近いとはいえ、すんなりとその時間までに病院へ辿りつく自信はない。
大きな道路があってそこの信号を渡らなければならず、フラつく足で滑って転んだなんてことになったら~
行き倒れてしまうじゃないの~( p_q)

それで着いた途端、受付終了なぁんてことに~(>_<)

さっき、インフルで検索した結果。
まぁいろいろの説はあるかと思いつつも、薬剤師さんが書かれていた部分。

仕事を休むことができ、寝ていることが許される環境であるなら、水分をとり寝ているのが一番と。
喘息などの持病がある方や高齢者、1日でも早く解熱したい人は別としてとも。

結局、おとなしく寝ていることに。
ベッドサイドにアルカリイオン水と体温計、そしてiPhone。
保険証と直近の血液検査結果表。
イザという時のために。

どこまで体温が上がるか見極めてみようなんて気持ちも。
チャレンジャーの血(そんなはずない^^)が騒ぐのですね~。
ただインフルだったら解熱剤は使わない方が良いとのことで、解熱剤や風邪薬に頼るのはよそうとも。

夫に感染しないよう下の部屋で寝るようにとメール。
娘にも気をつけるようメール。

そんなことを考えながらもウトウト。
夜も明けた頃目が覚める。
何となく熱、下がった感じ。
体温計で計ると37.2度。

咳も出ないけど、喉は痛い感じ。
耳がボーッとする感じもあり。

以後、37度程度の微熱は出てもすぐ下がるし、鼻炎に移行したのかなと思うような鼻水が。
昨日は咳が少し出たかな。

でも今日にはもう全快な気分(*^-^*)
ただ大事をとって、大人しくお家でお留守番^^

これはいったいただの風邪~?
それともインフルだったの~?

とにかく家族に移さないようにしなきゃね。
今のとこ大丈夫みたいだけど^^



 aFuRL_nA.gif    aFuRL2.gif
ふふっ、可愛いでしょうლ(╹◡╹ლ)



onetsuga1.gif
onetsuga2.gif
onetsuga3.gif
onetsuga4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2015年03月04日 (水) | 編集 |
トマトっとさんブログに『肝炎対策推進協議会の報告、ギリアド情報とアスナ/ダクラの件』と題して、とても有益な情報が書かれています。
http://fine.ap.teacup.com/tomato8029/



akioさんブログにも『ジェノタイプ2型の特効薬、ギリアド社のソフォスブビルが承認される日は近い!』と題して嬉しい情報がそしてこちらも有益な情報が満載です。
http://blogs.yahoo.co.jp/akiokiokio1962/26963762.html



*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


先月下旬、定期通院日でした。
で今回はエコー検査ということで、前日夕食後から当日お昼頃までの絶飲食。

さあ寝ようかと思うも、こちらの病院でエコー検査を受けるのははじめて。
なので前回渡された予約票&注意事項に目を。

とすると~、
『肝硬度測定追加』という項目が~

えっ、これってもしやあの『フィブロスキャン』てヤツ~!?
うわっ、あれはじめてだよ。
大丈夫~?
痛くなぁ~い?

電流とか流れてくるんじゃないの~?
(そんなことはけっしてありませんので^^)
と、もうビクビク(>_<)

すっかり不安が押し寄せ、眠気もどこへやら。
というわけでほぼ一睡もできず朝を迎えたのですね~(^o^*)

でも前の晩で良かった!
これが前回通院時、この予約票を受けた時点で気づいていたなら不安が数十倍。
前の晩、寝る直前に気づくなんて~
そんなズボラな人で良かった~(*^□^*)
人間て、うまく出来てますね~。

神経質とか臆病とか心配性なんて言われ続けている私。
でもこの微妙なズボラさで救われているんですね~^^

ということで、この日の血液検査の結果は別表のとおり。
先生より、特に問題はないですと。
肝臓の数値も落ち着いているので、次回通院は5月末でいいでしょうとも。

私としてはもう少し肝数値を下げたかったなぁと。
あと、先生は正常範囲とおっしゃっていたけれど、血小板が「15」というのが気になりましたね~(今までで最も低いかな)。

エコー所見としては、F1とのこと。
今回初のフィブロスキャン、痛くも痒くも電流が流れるなんてこともなく終わりましたよ^^
肝臓・胆嚢・胆道・膵臓・脾臓・腎臓、ともに問題はなかったと。
大きかったり腫れていたりといったこともなく。
フィブロスキャンの数値は確か5.1とかモニターに書いてあったような?
違うかも?

いずれにしても「FO」が健康な人。
だけどウイルスを持っている人は「FO」はありえないと。

脂肪量(CAP)とかは数値上「0」となって出ているけれど、エコー画像をよく見ると僅かに白っぽく見える部分があるので、脂肪量に関してはプラスマイナスと。

それと今回は、
『HCV NS5 INV法(HCV薬剤耐性変異解析 L31/Y93)』の血液検査を追加。

これは昨年の薬剤耐性検査結果で弱陽性反応が出た、2ヶ所。
NS5A/ Y93H→弱陽性
NS3/D168E→弱陽性
そのL31/Y93の部分。

こちらの病院では弱陽性と出た人をさらに詳しく
「HCV Y93H INV法(HCV薬剤耐性変異Y93H相対定量)」で全員調べたと。
人数にして7~80人(昨年11月時点)だそうです。
ところがその全員が1%未満と出たそうな。
ですのでその検査は11月末で打ち切り。
調べても皆その数値が出るので意味がないと。

今回は特別「気になるでしょうから」と研究費用でしてくださることに。

「したがって1%未満は陰性と出た方と同じくBMSが効き易い人」
「治験でもその結果が」

「ギリアド・ソフォスブビルに関しての効果は、全く耐性ない人と同じである」とも。

また、NS3/D168Eの件。
「D168についてはこの病院は2人に1人は何らかの弱陽性とでたと」
「こんなにいるということ自体おかしな話」
「なのでこれを変異とは考えていない」とも。

こちらは昨年暮れの通院時に伺ったこと。
現在は変更されているかもしれません。
また私の解釈が間違っているかもしれません。

今回流れたギリアド社の件、心配だったのですが事なきを得そうですね。
ギリアド・ハーボニ、先生も一時は来年1月になるのではと危惧したと。
過去形でおっしゃっていましたし、審査・認可もほぼ順調の様子^^
(この辺は、トマトっとさんが書かれています)  

akioさんも書かれています。

今回のエコー所見でF1という数値。
初のフィブロスキャン。
肝生検に代わる非侵襲的肝病態診断法。

先生は万が一、ギリアドが使えるようになるのが来年1月だったとしても充分待てる肝臓と。
年単位で待てますよと嬉しいお言葉もいただきました。
といっても気持ち的に今年中に何とかして~とわめいていますよ^^
心の中で(*^-^*)

ketsueki_a1502.gif
ketsueki_b1502.gif

haminiku1.gif
haminiku2.gif
haminiku3.gif
haminiku4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村