2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
| Login |
2016年03月31日 (木) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


何かと物入りな春。
入学祝いやら就職祝いに結婚祝い~。

でもなんといっても年齢を重ねていくと多くなってくるのは、お香典かな。
そんな感じでこの春、我が家でも出費がかさんで。

夕食の準備をと思い冷蔵庫をあけたら、食材が品薄。
そこへ夫がご帰宅^^
いいところへ帰って来てくれたわね~と、買い物を任命。

そうしたら
「俺、財布空っぽ」と手をだすじゃないの。
ただいま我が家は現金不足。
銀行ももう本日は閉店。

しょうがないから、これで買ってきてと
ICカード型前払いの電子マネー「WAONカード」を夫へ。
たしか先日、現金をチャージしたばかり。
まだまだ残額はあるはず。
これって便利よね~と^^

夫に買い物をたのむの、ホントはイヤなんだけど。
だってね~、余計なものを買ってくるんですよ。
自分の食べたいものとか。
しかもけっこうお高いものを。
私なんか絶対カゴに入れなさそうな物を。

値段など見ず、食べたいから買ってきたとか言って。
あ~、恐ろしい(b*゚ー゚) 

それで、今回はというと……。

な、なんと
残高不足で最小限をやっとこさ買ってきたと。

「WAONカード」。
レジで支払いの時、ピッとかざしたら
「ワオ~ン」って鳴いて決済完結のはずが……。

「ポヘェ」とかのエラー音が鳴ったとか。
しょうがないから小銭かき集めて支払ったとな。
で、
「俺のほうが
『ワオ~ン』とか言って泣いてしまいそうだったわ」だと(;^-^)
206haru.jpg

▲我家の庭、残雪の影からちょっとだけ春^^
nyaoncard1.gif
nyaoncard2.gif
nyaoncard3.gif
nyaoncard4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2016年03月25日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


先日出掛け先でバスを待っていたら、もうすごい花粉が。
白い粉のように襲ってきて。
思わず首にまいていたマフラーを口元に。

この季節、我が家の家族は花粉症に苦しめられて。
夫は5年位前からでしょうか。
それまで大丈夫だったのにアレルギーが出はじめて。
特にこの時期の花粉。
娘はもともとがアレルギー体質。
アトピーに鼻炎、そして今時は花粉にやられ目の周りが赤くなって。

私は一番軽いとは言え、花粉の酷い時期には弱くて。
くしゃみ・鼻ずまりに涙目。
どれもそう酷くはないけれど。

ここ数年はあの『胎盤埋没療法』やプラセンタ・ラエンネックが奏功したようで症状が抑えられていたけれど。 
最近はまた少々症状が……。

先月だったでしょうか。
テレビで「花粉症のかゆみ対策にヨーグルトとみかんの皮が効果」というような放送を目に。

で一緒に見ていた娘が
「やってみよう!」と。

ものぐさな私だけれど、実はこういうことにはひどくもの好きに変身。
だから早速実験開始!

温州ミカンが良とか。
でも我が家にあったのは屋久島から取り寄せた「タンカン」。
果肉はとってもジューシーで美味しかったけれど。
皮はといえば、けっこう分厚くて。

ノーワックスで有機栽培。
ここ、けっこう気になるとこなんですね。

よく野菜でも皮付きのまま丸ごと調理をと言われていますが。
そのほうが栄養価は高いというのも分かっていても。
残留農薬とかがとても気になって。

でもこのタンカンは安心できそう。
表示に偽りがなければ。

冷蔵庫にストックしていた飲むヨーグルト。
ちょうどみかん味。
みかんの皮を1cm程度に刻み、ついでにやはり安心できそうなところから購入したリンゴの皮も適度に刻んで入れようかと。
これらをジューサーに投入。
絞らないでツブツブも摂取。

mikankawa160325.jpg

▲こんな感じ

お味の方は~。
う~ん。
これは別に味合わないで飲み込んでしまう方がベターかも ^^
薬膳(?)だと割り切って。
ジュースといっても固形物も感じるので、一気飲みはできず。

家族も付き合って飲んではくれているけど。
ちなみにバナナをプラスすると甘みが増し、まずまずなお味に。
でも夫はバナナにアレルギーだし(゚ー゚;
はちみつを追加すると良いかも。
あとはゼラチンでかため果物をトッピングするとか。

なんてことを考えているうちに、早くも娘は離脱(;^-^)

だけど目のかゆみはかなり治まったと。
夫も今のところ酷い花粉症には襲われていない模様。
私もさほど症状があらわれず。

私にいたっては花粉症に効いたというよりは「お通じ」に効果が!
もともとお通じは良い方だったけれど、C型肝炎が発覚してからというもの、「ウルソ」を飲み出してからまるでウサギさんの様になることも。
そう、コロコロなんですね~

もともと緊張したり寝不足なんかが続くとそんな感じになってはいたけれど。
整腸剤(?)のマグミットを処方していただいたのも、ウルソを服用するようになってから。
そして昨年9月より飲み始めたハーボニー。
この時もウサギさんが押し寄せて。
なんとか脱出したけれど。

今思えば、この「みかん皮+ヨーグルトジュース」が効いたかも。
あ、でもグレープフルーツなどの柑橘類は薬によってはNGだったかな?

というわけでけして美味しいとは言えないジュースだけれど、また私のヘンテコ仙人食・薬膳の仲間入りをすることに(゚ー゚*)
こういうものを常日頃食していると、毎日の普通の食事が、我家の質素な夕食がいかに美味しく感じることか……。
負け惜しみですけど~^^

「花粉症に、みかん皮+ヨーグル」は下記のURLに詳しいことが記載されています。

http://oishiinohimitsu.com/ep/ep07-02.html

http://xn--kzw749b.com/mikan-youglte-kahunshou

http://kinyanpu.hatenablog.com/entry/2016/02/02/033236

banana1.gif
banana2.gif
banana3.gif
banana4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


2016年03月18日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


先日、ついに整形外科を受診。
実はハーボニー服薬後滞りなく12週をすぎたら、一度診てもらおうと心に決めていて。
数年前からある左股関節の痛み、前後して階段を踏み外して痛めた左膝。
昨年8月頃より現れた左腕、手の痺れ。
そして慢性的にある腰痛。

これらはハーボニー治療間もなく出現した「目眩・吐き気」と並行して、より症状が悪化。
当初は眠れないほど強い痛みを覚え、寝返りばかりうっていた日々も。
治療後も一月前後は疼くように痛んで。
多少なりとも持ち合わせていた症状なので、ハーボニーの副作用とは思ってはいなかったけれど。

今現在はさほど気にならないレベルになってきているということは、少しは関連性もあったかなと。
今となっては。

で、一度は診てもらわなきゃということで医療機関を受診。

整形外科。
股関節痛や腰痛であちこち病院廻りをしている同年代の友人に聞いてみた。

するとごく最近、受診した整形外科。
こちらは診察前にその病院に備え付けられている「短パン」に着替え、待合室で待たされたとな。
この寒空と一般受診者の目に晒されてなんとも落ち着かなかったと。
人様にお見せするほどの脚線美ではないとは友人の弁(゚ー゚;

たしか娘は腰のヘルニアでこの病院を受診していた事はあったはず。
で、娘に聞いてみると別にそんな格好はさせられなかったと。
これってそんなこと、気にもしてもらえない年齢になったということかな?

取り敢えず私は上下トレーナー、下着合わせてファスナー・金具なしの出で立ちで他の医療機関へ。
レントゲン・診察ともにこれでOK。
別に「短パン」で、総合待合室を闊歩させたれるようなこともなく(;^-^)

そういえばもう15年も前だったかな。
父が我が家に泊まりに来ていて腰を痛め、連れて行った整形外科。
そこでは確かにそんな光景を目に。
50歳前後の女性の患者さん、まるで男性のトランクスのようなダブダブ&薄々な短パン姿で待たされていた様な~
私、目をそらしていた記憶がありますよ。
だけどそこは中待合室(今は診察中の声がもれるので廃止ですよね)。
総合待合室でなかったのがまだマシだったのかな。

そこで整形外科めぐりベテラン友人のアドバイスを参考にして受診した今回の病院。
いろんな意味で大正解。
スタッフの方も親切で、なによりドクターの対応も良くて。
恐ろしいぐらいの患者数なのに、端折った対応もせず。
こちらの訴えにも制したりせず耳を傾けてくださって……。

で、レントゲンを撮っての結果は。
股関節に関しては生まれつきのたぶん臼蓋形成不全といった様な~?
女性に多いとか。
ひどくはないので現状維持と。
ひどくなったら人口股関節ということも。

腰に関しては問題なし(一部椎間関節が若干減っているところが有りと)。

腕の痺れは、頸部脊椎に少しブレがあるけれど反射神経とかに問題がないので症状が強くなったらMRIをと。
趣味のエアロビクスもOKらしい^^

ほっ。
良かった(*^-^*)

実は結構心配していたんですね。
順番を待つ間、目にした診察室横のポスター。

「その腰の痛み、もしかしたらヘルニアか、骨の腫瘍の可能性も!」 なんて(>﹏<)
もう、気分は腰の骨に腫瘍ができて、それがどっかに転移して~。
とか、次から次に負のストーリーが押し寄せて

左ひざに関しては現在痛みもないようなので、今回は枚数が増えるからとレントゲンは撮らず。
なにやら3箇所で15枚強のレントゲン枚数になって。
医療被ばくを考えられてのことかな。
それにしても胸のレントゲンと比べ、被ばく量は多そう。

役所でレセプト点検などをしている知り合いからの情報によると、やはり圧倒的に検査やレントゲン撮影が多い医療機関もあるとのこと。

股関節手術で有名な病院では、すぐ手術といわれるとか。
なにやらそこの医師たちで手術件数を競っているなんて話も耳に。
これはそこで手術をした知人の話。
いろいろな考え方もあり、すべてがそうとは限らないとは思うけど。

また、来週でリハビリ終了と告げられたのに、再度3ヶ月のリハビリ期間をいいわたされたりした知人も。
それで先の友人は「短パン」が必須アイテムの整形を受診したとな。
後で聞いたところ、この短パンには閉口したものの、とても信頼できる先生だった模様。
自宅でできる体操を伝授され、ひどくならない限りリハビリなどの受診も必要なしとか。

今回私が受診した病院は、紹介状がないと別途2160円が加算されるところ。
でもレントゲン・MRIなどの医療機器が最新のもの。
鮮明さを欠く医療機器保持での医療機関を受診し、そこで検査をして紹介状を書いてもらったとしても、その料金もかかることだし紹介先で再度撮影が必要になるでしょう。

夫が肩の腱板断裂で受診した近くのクリニック。
やはり不鮮明なMRIしかなく埒があかなく、知人の紹介してくれた専門病院にて鮮明なMRIにて検査。
そこで内視鏡にて手術。
そのクリニックでも手術はできると、かなり引き止められ。
紹介状を書いてもらうのも気が引けたと夫。

そういう思いをするのならやはり最初からよしとする医療機関にかかったほうが早道ではと。
そんなわけで今回の医療機関受診に至ったわけで。
レントゲンだけで済んでしまったので、初のMRIデビューとはならずじまいσ(^-^;)

これは私の備忘録。
忘れないうちに記しておこうと。
nekoze1.gif
nekoze2.gif
nekoze3.gif
nekoze4.gif
にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年03月11日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


明治のR-1ヨーグルト、もう3年ほども経つでしょうか。
毎日食べ続けて。
C型肝炎に感染していると知ってから。

免疫力アップやインフルエンザ予防、花粉症の軽減などの効果が期待できるとのこと。
NK細胞を活性化してくれるようですね。

私はその他にやはり明治のプロビオヨーグルトLG21も摂取しているんですね。
こちらはもう7、8年くらいも食べ続けているかな。
ピロリ菌を減少させることができるとのことで。

たぶん私は飼っているでしょうから。
ピロリ菌。
幼い頃、井戸水を飲んでたことがあるようなので。

そんな訳で我が家はこぞってこの明治プロビオヨーグルのファン。
家族で食べているので結構な摂取量。
この容器の蓋を集めて応募すると当たるというキャンペーンをやっていたので応募しましたよ。
毎日、せっせせっせと集めて。
で、先月のこと、そのロゴの部分をハサミでチョキチョキして。
全部で180枚もあったでしょうか。

なんだかハサミを持つ手が痛くなって。
まるで内職している気分
生活苦をひしひしと感じてしまうわ~(*゚ー゚*) 

応募者全員にもらえるプレゼントだと思ったら抽選だって。
そんなこと分かってたら集めるんじゃなかったと。

で、苦し紛れにイジイジと
「あ、捨てないで~! 当たりますように
なんてことを書いた封筒(写真参照)に切り取ったシールをしたためて。

さて、当たるでしょうか~。

campaign160226.jpg

ところでこのヨーグルト、家族3人で毎日摂取し続けるというのはけっこうな家計の圧迫。
いっそ手作りしてしまおうかと数年前にネット検索。
しかしながらこのヨーグルト菌は家庭では再現できないと。

10年も前だったでしょうか。
カスピ海ヨーグルトなどというものが流行って。
で、友人からその種菌を分けてもらい数年ほど続けてみたんですね。
たぶん最後の頃には全く別物になってしまったようで(;^-^)

実は最近ブロ友さんの、おこちゃん と かえるママさん がR-1を用いてのヨーグルト作りをされていたことを発見。

さらに「R-1手作り」検索してみると~。
かなりヒット。
下記のWebはその一部です。

http://www.lowlowlow.link/entry/2015/08/03/142732
http://spotlight-media.jp/article/145759587624177015

r1c1.gif
r1c2.gif
r1c3.gif
r1c4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


2016年03月05日 (土) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


昨日4日は午後より通院日でした。
先週採血したハーボニー服薬後12週目の判決(^^)が下る日。

結果はマイナス、検出セズ続行でした。
いろいろ心配したけれどなんとかマイナスキープ。
お陰さまで、おかげさまでの心境です^^

先生も
「3ヶ月マイナス続行なので再燃の心配はほぼないでしょう」と言いつつも、
「ただゼロとはいえないのであと3ヶ月後の結果で…」とのこと。
次回は5月末。
エコーの予約もしました。

他の血液検査結果は下記の通り(クリックすると大きいタイプに)。

dracula_s_201600304.gif
総コレステロール、やはり増えましたね~。
体重はハーボニー服薬後4k増えたけれど、今回の採血前になんとか2k程落として。
実は中性脂肪の数値も気になっていたけれど。
こちらは次回5月末の採血時にと、リクエスト。
中性脂肪検査値は食事内容に影響されるとのことで、2食ぐらい抜かないと正確な検査値にはならないようですね。

今回はM2BPGi 糖鎖マーカーも検査に入っていたようです。
BLは少ない時で1.78だったけれど今回は念願の1を切り、マイナス判定。
やはり下がっていくものなのですね。

またこの度は予約時間より少し早く診察室に入れたこともあり、ちょっとだけ先生にグチってしまいました。
日頃感じていたことを。
静かに耳を傾けてくださり、すっかり心が軽くなりました。
ありがたいことと頭が下がりました。

話はかわって先日のお雛様。
その当日、しかも午後からお雛様をだして飾りましたよ。
なんだかお久しぶりなお顔のお内裏様。

昨年、しまう時に箱の中にそっとしたためた「タイムカプセル」 
開いてみると~
timecapsule2s_16.jpg

昨年のブログに下書きを綴ったけれど。
ほぼその内容(゚ー゚*)

『まだ生きてた~?
(わっ、最初っからコレ~^^:)
憎きウイルスのC肝と、晴れてサヨナラできた~?』なんて(゚ー゚;
(しかし、ヘタな字

一番心配だった「C肝とサヨナラできた?」というコレ。
今のところほぼその圏内にinできている模様。

来年お雛様。
「SVR24になりました!」と自信を持ってお目にかかりたいなと。

今年もまたタイムカプセルなお手紙。
2017年3月3日の私へ。
書かなくちゃ。



ご心配をおかけした左手人差し指の傷。
だいぶ痛みも治まってきました。
たくさんの方から「拍手コメント」でのお見舞い、そしてお見舞いメッセージを頂きました。
貴重な時間を割いて書いて下さり恐縮です。
本当にありがとうございました。

そういえば、カボチャを切る時ってレンジで少しチンしてから包丁を入れると良かったのですね^^
ブロ友さんの、おこちゃんから教えていただきましたよ。
ありがとう~(*^-^*)

指の傷、縫ったところ。
本日、キョーフの抜糸の日です。
痛いでしょうか~~~。
恐~っ(。>﹏<。)
yubitume1.gif
yubitume2.gif
yubitume3.gif
yubitume4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年03月01日 (火) | 編集 |
***** 追記あり(3/5 最下部) *****


危なく指を詰めるところでした。
こんな痛い思いをしなきゃならないんだもの、「ヤのつく職業」にならなくてよかった^^
離脱するときに大変。

肝炎と縁を切ろうとしていて、指の方を切っちゃったなんて様にならないけど。
27日のこと、南瓜を切ろうとしていて。
そう、あの硬い南瓜。
全体重をのっけて切っていたら、南瓜じゃなくて手が切れてしまった~(゚ー゚;
左手人差し指。

頂きものの南瓜。
やたらと大きくてそして硬くて。

すぐティッシュで押さえて絆創膏を探すも見当たらなく。
やっと探し当て、そっと傷を見ると。
う、う、う~っ、ダメ~(>﹏<)
でも指はもげてはいなさそう。
爪もあった!

血が噴き出してきて包帯でグルグル巻きがやっとこ。
事務所に居る夫に電話をして救急隊を任命^^

その日は土曜日。
しかも午後3時過ぎ。
近くの内科で傷口の処置だけでもと電話するも断られ。
取りえずそのへんの外科に行ってみようと夫。
車を走らせ4軒程回ってはみたけれどいずれもダメで、スマホにて当番病院を検索。
40分程の当番病院へ。
すぐ診ていただくことができ処置を。

あ、勿論C型肝炎だというこことも告げて。
かなり流血していていましたもの。
結果、傷口は12mm位、深さは5mmと。
神経までは痛めていない模様。
麻酔をして縫うことに。

この間、ずっと目を閉じ顔を背け。
縫ってるところなんて、とてもとても見ることなどできませ~ん(;^-^)
何やら引っ張られる感覚とパチンと糸を切る音(たぶん)。
正視に絶えず。
「見て」と先生より言われ、恐るおそる傷口に目を(@_@)

抜糸は1週間後。
痛み止めを処方されて無事帰還。

先生が神様に見えました。

ホッとして帰ってきたら、リビングはまるで強盗か何かにはいられたような、荒れよう。
血糊も点々と。
かなり慌てふためいていた模様。

で、切りかけの南瓜は大丈夫だった半分を、ダンナが天ぷらにするとか。
仇をとってやるとのことで^^

実は先週金曜日はハーボニー服薬後3ヶ月目の採血で病院へ。
結果が分かるのは一週間後の今週金曜日。

C型肝炎ウィルス、再燃していたらどうしょうなんてマイナーな気持ちが脳裏をよぎるこの一週間。
この度の「指詰もどき事件」、指の痛みもあわさってどうやら気持ちは指の方へ。
「むしろ南瓜に感謝したら」とは娘の弁。

そうそう、カボチャの天ぷら。
これは下記写真のように焦げていたけれど。
でもま、以前「男の創作料理」で綴った「沢庵の天ぷら」よりは美味しかった(*^¬^*)
パリッとかはいわなかったけど、食感が^^

yubikireta160227.jpg
▲手術料ってなってた(@_@)  右は焦げた南瓜の天ぷら^^



28日(日)こちら地方紙にこんな記事が。
『北大病院 4月から最先端検査』の見出しで、がん遺伝子検査が始められると。
個々の患者に最適な薬を探すことができそうとのこと。

一昨年ガンで召されてしまった友人、この掲載されている病院での抗がん剤を受けるも副作用が強くて断念したり、効き目がなかったり。  
辛い闘病生活をおくっていて。
この遺伝子検査がもう少し早くできるようになっていたなら、友人はまだこちらの世界にいられたのではと……。

といっても自由診療、100万円。
う~ん。
ガンにならないよう努力するか、この療法の費用捻出のため、努力するか~(゚ー゚*)

idenshi160228s

▲クリックすると大きいタイプに



お見舞いのメッセージやコメントをいただきました。
貴重な時間をさき、書いてくださって恐縮です。
ご心配おかけしました。
そしてありがとうございました。
指がまだ痛く、思うように動いてくれなくて。
キーボードを打ち込むのも、まだるこしく。
お返事が思うように打てなさそう。
なのでコメント欄はクローズしましたm(u_u)m

***** 追記 *****

たくさんの方からお見舞いの言葉をいただきました。
拍手コメントを下さった、トラッチママさん、おきまちあきさん、愛新覚羅さん、babaちゃまさん、noxさん、るどるふくんさん、ぶらっくこーひーさん、はちみつ色の陽だまり さん、日々安穏さん、Mさん、I さん、果物のMさん、そして前記事にコメントを下さった、Oさん、Kさん、もう一人のOさん、Aさん、またメッセージをくださった方々。
お知らせページまで作ってくださった、おこちゃん。
本当に有難うございました。
お陰さまで痛みもかなり消え、本日抜糸の運びとなりました。
決死の覚悟で行ってまいります!
(痛そー 。>﹏<。)

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村