2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
| Login |
2016年05月28日 (土) | 編集 |
*** 6/2 PM22時現在、FC2ブログがシステム障害なのか、コメントもお返事もできない状況です ***
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


昨日は定期通院日、というかSVR24(正確にはSVR25)を宣言できるかできないかの大事な検査の日。
6本の採血とエコー・フィブロスキャンもメニューに。
エコーは昨年2月からしていなかったので、実に1年3ヶ月ぶり。

午後2時半からのエコーなので朝食は食べても良かったんだけど、その後の採血に影響が出るのも嫌なので朝食、昼食ともとらずに病院へ。
今回は中性脂肪値もリクエスト。
これは2食ぐらい抜かないと正確な数値はでないとのこと。

だからお腹すきすぎてフラ~っとしながら向かいましたよ。
病院へ。

で、エコー室。
今日の担当は若い女性技師さん。
なんか女性技師さんだとホッとしますね~^^
あ~、だけどだけど、検査中の「吸って止めて」の息止めが長かった~。
苦しー(。・ε・。)
もしかして言い忘れてるんじゃない?
って思っちゃうほど

で、悪いものが見つかりませんようにって祈るような気持ちでいるわけ。
見たって分からないエコー画面モニターを凝視しつつ。

す、すると、突如鳴ったんですよ~!
何がって。
お腹が~!
わたしの(*゚ー゚*)
「グゥ~ッ!」って。

だってほら2食も抜いてるから~。
聴こえたかしらね?

そういえば技師さん、プローブを持つ手がピクッとしたような~(゚ー゚;

ということで結果は血液検査結果とあわせて来週受診時に。
またまたドキドキな一週間を過ごす予定^^
これって心臓のリハビリになるよね(;^-^)


onsen20160522.jpg

ところでこちらは先日行った近隣の温泉。
もう桜は散っていましたが。
レストランで昼食をとっていたら、なんと目の前の川に突如ボートが!
しかも立て続けに何艘か…。
どうもラフティングを楽しんでいる模様。
春の雪解け水、増水時期限定のラフティングなんですね。

ここでドキリ!
だってこの川、さっきまで入浴していた露天風呂。
その目前に迫って流れているのですね。
ということは~。
これは見えてしまいますね~。
ラフティングを楽しまれてる方々に(;^-^)

露天風呂、娘と二人の貸切状態だったのね。
だからなんとも自由奔放な姿でくつろいでいましたよ。
岩場でゴロリとか

ま、鹿かなんかと間違ってくれてたらいいけど。
ここ、鹿さんもよくいらっしゃる様なので^^

きっとそう。
あなたの見たのは、「鹿」。
shika20160528.gif

haragu1.gif
haragu2.gif
haragu3.gif
haragu4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2016年05月19日 (木) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


本日は札幌も初夏を思わせる良いお天気^^
ここのところずっと仕事が忙しくて、ゆっくりと休む暇もなかった夫。
事務所から戻り、昼食をとってソファーにもたれていると思っていたら……。
なにやらウトウトと~Zzz

20分程度の昼寝はとても有効とのこと。
疲労の回復、午後からの仕事の効率UP、ストレス解消、仕事の仕切り直し、そして右脳の働きも活発になりアイディアも湧いてくるとか。

だから私、夫をそのまま休ませてあげようと。
しばしの休憩・お昼寝タイム。

テレビのスイッチを切りそぉっと~(゚ー゚*)
スイッチを切ったところで夫が
「つけておいて、テレビ」と。

わたし、
「だって観てないよ、私も」

と言っても夫は、テレビの音がかすかに聞こえている中で微睡むのが心地いいと。

テレビの音。
ラジオの音。
茶碗を洗う音。
掃除機をかける音。
洗濯機を回す音。
料理の音。
まな板の上でトントンする音。

どうもそれらが夫にとっては「子守唄」。

夫が昼寝をしだしたら私、できるだけ音を潜めその間は静かに休ませてあげようなんて気遣いしていたんだけど。
それは夫には当てはまらないみたい。

だから今日は
「じゃ、うるさくガンガン洗濯機回してガチャガチャ茶碗洗うからね~」と私。

そうしたら夫ったら
「アンタそんなこと言って、録音(家事の音を)したのを聴かせるんじゃないの~?」
だって(;^-^)

そうだ!
その手は使えるわ。
今度録音しておかなきゃ^^
で、寝かしつけて、お出かけね~(o^―^o)

tulip20160519.jpg
▲庭のチューリップ

komori1.gif
komori2.gif
komori3.gif
komori4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年05月11日 (水) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


GWは無事終わって。
というか我家の場合はとっくに終わっていて。
そう4月末の29・30日で終了を告げたのです。
時間でいうと26時間17分。

出かけてから帰宅するまで。
短いみじかい温泉一泊の旅。
しかも温泉地に宿泊するというのに、なんとビジネスホテル(゚ー゚;

だってそこしかとれなかったんですね。
いつもどおり。
押し迫ってからのホテル探し。
じゃらん巡り。

やっとゲットできたところは某大手温泉ホテルの真向かい。
その系列にあるビジネスホテル。
ちなみに登別温泉。

料金に糸目をつけなきゃ、そりゃとれたことでしょう。
でもGWだからといって一気にお値段跳ね上がっちゃうのにはうなずけなくて。
貧乏人。
貧乏性。
もう、病的ビンボー人~(゚ー゚*)

で、高速乗って2時間ちょっと。
途中、ハイウエイオアシスで遅めのランチを含んで。

まあまあのホテル。
温泉はすぐ向かい大手温泉ホテルの施設に入り放題^^
うん、満足まんぞく(*^~^*)
その豊富な硫黄泉が心も身体も癒してくれる。

夕食は宿泊ホテルでのバイキング。
こじんまりしたレストラン。
品数こそ多すぎはしなかったけれど。
そのどれもが丁寧な作り。
一つひとつのお味も良くて(*^¬^*)

朝食のバイキングも美味しくいただき、やはり向かい温泉ホテルの湯船につかって。
あっという間に、もう帰る時間。
午後から仕事の打ち合わせが入ってしまって。
高速に乗って帰宅の途へと。
しめて26時間17分の旅。
我家のGWが終わりを告げたのでした。

noboribetsu_s20160430.jpg

写真は泊まったホテル、すぐ横にあった泉源公園の間欠泉。

こちらに一歩足を踏み入れたら何やらお金があちこちに~。
誰か落としたのかなと思ったけれど。
どうやらこれはお賽銭の意味のようですね。

隣にいた小学生ぐらいの兄弟。
この小銭、ポケットインしちゃってましたね~(゚ー゚;

ramen_s20160430.jpg

▲こちらの写真は休み中食べに入ったラーメン店でのこと。
 麺を箸で持とうとしたらなんかヘン、動かない!
 よく見たら上にのっていたネギの輪に、みごと箸がハマって~。
 カロリーオーバーで食べっるなってことかな^^

ところでGWも最終日の8日夜。
又しても事件が。

常食しているブロッコリースプラウト。
スルフォラファンが含まれているという。

根の部分をキッチンバサミで切ろうとしていて。
指の方を切っちゃった!
チョキンっていい音して(;^-^)

この度の凶器は、ハサミ。
もう5年も前、100円均一で購入したもの。
よく切れるんだから~

kusatohasami.jpg

わっ、イタっ!
と悲鳴あげて。

今度は親指。
第一関節の甲側。
2か月前に包丁で切って外科で縫う羽目になった指の隣。

なんか懲りないですね、私
慣れたもんで平然と~~~。
というわけなど全然なく、大騒ぎ。
ちょうど娘が帰ってきたので傷をみてもらう。

病院へ行くほどでも、ましてや縫うほどではない感じ。
自分でも。

で、ラップを用いての湿潤療法を試みることに。

傷を水道水できれいに洗って、あとは傷を乾かさないように台所用のラップで被って。
ラップは傷の大きさより少し大きめに切り、そこへ白色ワセリンを多めに塗って傷へ貼り付けて。
端をテープで止め。
あとは毎日傷とその周りを水洗いしてラップの交換とのこと。

市販されている「キズパワーパッド」がちょうど同じ原理。
次の日こちらを購入して今はこれを使用。
良い感じに痛みもなく治ってきている模様。

でも親指でちょうど曲がるところなので曲げるとまだ
「ギャ~ッ!」ってことに(。>﹏<。)

こちら湿潤療法の詳しい説明はこちらに
http://www.sakae-clinic.com/wound/p01.html

http://www.topathlete.co.jp/blog/2011/06/post-89-99719.html

http://homepage2.nifty.com/treknz/wound_care.html

刺創、深い切創、異物の混入、組織の大きな挫滅があれば、すみやかに専門医療機関をとのことのようですね。
又、こちら湿潤療法をしていて化膿したり、痛みがあるような場合も迷わず医療機関受診ですね。

remanyan160505.jpg
こちらはokokkeitarouさんから頂いてきたイラスト。
「まじょかふぇ」の登場人物の一人に私と思われるキャラ。
その「猫耳」バージョン。
とぉ~い昔、こんなお猫だったことがあったかも~(=^・^=)

kizuni1.gif
kizuni2.gif
kizuni3.gif
kizuni4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年05月04日 (水) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


ハーボニー治療終了後、むくむくと太り出して。
脂肪を溜め込みつつあるお腹まわりを見ると焦り出し。
運動、そう、エアロビクスはもう25年くらい続けているけれど。
それだけじゃ足りないのねと、この2月よりスポーツクラブ通い。
両方合わせても週2回、行けるかいけないかというところ。
自宅でのストレッチも以前ほどできなくてサボリぎみ。

そのスポーツクラブで出くわしたある事件。
事件ってほどでもないんだけれど。
本日の運動はここまでと思いロッカールーム、着替えをしにドアを開けたら~。

そこはなにやら緊迫したムードが。
どうもすぐ奥にあるプールで転倒し顔を打ったのか、酷く顔面を腫らした女性が倒れていて。
傍らでどなたかがタオルで冷やし介抱されている。
もうすでに救急車の手配は済んでいるとのこと。

お見受けするに私と同年代の女性のよう。
顔まわりが大きく晴れ上がって痛々しくて……。
まもなく救急車が到着してストレッチャーで運ばれて。

大事に至らなければと、私自身も気をつけなければと思った次第。

それとは別にエアロサークルでの先生のお話。
別のスポーツジムにてインストラクターもされていて。
で、そこでも似たようなことがあったそうな。

それは女性用のお風呂場。
どうされたのか気を失って倒れていたと。
もう意識もなかったと(心肺停止状態)。

先生はすぐ心臓マッサージ。
そして救急車を呼ぶように周りに告げて。
もう救いたい一心でなりふり構わず。

そこは女性浴室。
もちろん先生も入浴しようかなと思っていてのこと。
なのでかなり、あられもないいでたちだったと。
かろうじてのモノだけは身についていた様子。

その姿での心臓マッサージ。
そして他のスタッフの方々とAEDでの応急処置。
そこへ救急隊の方が到着し、ホッと安堵したと。

後日、この倒れていた女性が無事回復。
社会復帰もされたと聞いて本当に嬉しかったと。
それを聞いた私たちサークルの仲間も、決して他人事ではないと胸をなでおろしましたよ。
のちに、区の消防署から感謝状をうけたそうな。

これらを踏まえ、いつ遭遇するかもしれない事態に備え、心臓マッサージ・人工呼吸法など覚えておかなきゃと切に感じました。

ですが、人工呼吸に関しては感染症の危険があると。
で、心臓マッサージだけでも救命には極めて有効とのことのようです。
この「感染症」という部分に敏感に反応している自分。

C型肝炎を患った私。
現在、そのHCVウイルスは治療により「検出セズ」を続行中ではあるけれど。
なんだかとても考え込んでしまいました。

ふと、同じ病気を持っていた義兄が命を絶ったときのことが脳裏に浮かんで。
その直後に出くわした夫。
まだ義兄は温かだったと。
心臓こそ動いてはいなかったけれど。

夫はまよわず義兄を横にして、心臓マッサージ。
途中、人工呼吸も直にとりいれて。
以前、その講習をうけていたそう。
救急車到着までの間、一人でそれを施したと。
かなりの長い時間に感じたそうな。
この世に引き戻すことはできなかったけれど。

必死でほどこした人工呼吸。
あとで血痰をはいてしまったと。

義兄はHCV保有者。
その当時はそんなこと無頓着だった私。
でもそれから何年かして受けた人間ドッグでのチェック。
私という配偶者もいて、なおさら夫に感染はしてはいなかった。


日本循環器学会のAEDサスペンスドラマゲーム、なかなかでした(o^-')b
http://aed-project.jp/sp/suspence-drama/

心臓マッサージは一定のリズムで行うので、「ドングリころころ」などを口ずさみながが適しているとか。
私、この部分で躓いてマイナス得点に。
やっぱりオンチだと、人助けにも影響がでるのかな(;^-^)
sakura160503.jpg
▲スポーツクラブ、庭に咲いていた櫻

aed1.gif
aed2.gif
aed3.gif
aed4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村