2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、現在は経過観察中。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も書いていま~す(*^-^*)
| Login |
2016年06月25日 (土) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


父の日だった19日の日曜日。
少し遅れてのプレゼントは

「エプロン」。

私、今年はやたらと指を怪我しちゃって。
切ったし縫ったし(゚ー゚;

更に昨日のこと。
夫の仕事を手伝っていてカッターでプチっと
前回キッチンバサミでチョッキンした左手親指。
こんどはその指、腹の部分。

でもこの度はだいぶ学習したようで(^^)大した傷でもなく。
猫だったらぺろぺろナメていたら治るレベル^^

だけどその前、2回ほどの「指切り事件」はそこそこ大変だったっけ。
痛かったし。
包帯ぐるぐるだったし。
家事、特に水仕事には支障をきたしたし……。

だから家事をするときも水仕事用の傷絆創膏で保護したり、ビニール手袋をはめたり。
でもやっぱ傷口が不安定。
そんなわけで見かねた夫が茶碗とかを洗ってくれて。

で、いう訳。
俺って、こうやってせっせせっせと茶碗洗ったりコップ洗ったり。
まるで

『アライグマだわ~』と(;^-^)

キッチンシンクで背を丸め洗い物をしている夫。
その後ろ姿。
なんだかアライグマの後ろ姿とオーバーラップ^^
あのシマシマのしっぽが見えた気がしたのは、寝ぼけていたせい?

父の日。
だから「エプロン」。
夫に。
家事専用の。
食器洗用の (o^―^o)

でもそれだけじゃなくて本当をいうと「食べこぼし用のエプロン」。
も、ひどく食べこぼす人だから。
ソースとかケチャップなんか、おもいっきり胸元に飛ばすし。
アレ、シミになって洗ってもよく落ないのね。

いっそのこと赤ちゃん用の「ケロケロエプロン」。
あれしてくれたら助かるんだけど(;^-^)

kero_m20160625.jpg

▲こちら左写真は娘からの父の日プレゼント「大人の鉛筆」。 右のケロちゃんはお借りした写真^^


araiguma1.gif
araiguma2.gif
araiguma3.gif
araiguma4.gif



只今、営んでいる会社の決算期で忙殺中。
例によってサボっていたツケがきて、会計ソフトとにらめっこ。

第三者の厳しい目でしっかりと調べていただく準備中。
税理士先生さまに。

そんなわけで取り調べ中につき(^^)今回はコメント欄クローズさせていただきましたm(u_u)m

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2016年06月15日 (水) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


油断するとすぐ太り出して。
せっかく著効を頂いたのに脂肪肝になってしまっては大変!

そんなわけでスポーツクラブ通い。
もちろん週1のエアロサークルも続けてはいるけど。
スポーツクラブはいろいろなメニューがあって、あれこれチャレンジできて^^
そんななかで私が今もっとも気に入ってしまったのが

『ファイドウ!』 

これは格闘技の動きを取り入れたシンプルかつダイナミックなエクササイズ。
音楽に合わせて楽しくボディシェイプ。
キックボクシング、ムエタイ、マーシャルアーツの動きをベースに、有酸素運動と無酸素運動の組み合わせによりにより、全身の筋力、持久力、俊敏性、柔軟性を効果的に向上させることができるとのこと。

なんだか理屈はよくわからないけどとにかく60分、大音響かつ軽快な曲に合わせての躍動は汗ビッショリ。
半端ない「やった感!」に満たされて。
ストレス解消!
気分爽快!

インストラクターのお兄さん真似て、パンチにキック!

イヤなことなどすっかり忘れて……。
いえいえ、しっかりと思い出しては打ち消すように!
でもなく、打ちのめすように(;^-^)

そうあの無理難題ばかり指示してきた上司とか。
ちょっとばかり入社したのが先だからといってイビリぐせのあったパート時代の先輩女性。
作戦会議でブラックなことばかりアプローチしていたコンサルさんたち。
(全部隣の部屋にいた私に聞こえてましたけど~

皆みんな、キライだ~!

そう、だから、力を込めて
「パンチ!」
「キック!」

これはエアロビクスよりも楽しいかも (o^―^o)

ファイドウ。
体育は万年「2」だった私。
こんな私にもできました~。
ま、相手のいるものではなく、あくまで個人プレイのものだから~。

warabi20160614.jpg
▲家庭菜園のアスパラ、だけどもうダメみたい。ワラビの方が優勢で^^   

20160614_chinita.jpg
▲こちらは昨年も綴った森の中のギャラリー&カフェ「チニタ」と蝉の亡骸(右) 
 まだ6月上旬なのにセミの声が(?_?) 

▲チニタの森「蝉の音」13秒と短いですよ^^

fd2016_1.gif
fd2016_2.gif
fd2016_3.gif
fd2016_4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年06月03日 (金) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


今日はいよいよSVR24が確定するかどうかの判決(^^)日。
午後、ドキドキする胸をおさえながらいざ病院へ。
ほぼ予約時間どおりに呼ばれ診察室へ。

結果は無罪放免『SVR24』を勝ち取ることが(o^―^o)
(本当はSVR25だけれど)
お陰さまで、おかげさまでの心境です。

それと1年3ヶ月ぶりで検査したエコーの結果。
特に問題はないとのこと。

フィブロスキャンもしたので結果を伺う。
数値は
FibroScan:4.4KPa(F0 level)
CAP値:166db/m(F0 level)

とのことでした。
実は先週のエコー検査。
お腹が鳴ってしまったということよりも、酷く心配だったことが。

これまで4、5回この検査を受けたことがあるのですが、今回診て下さった技師さんは初めての方。
今までの検査方法とは違って体位をかなり変えての検査。
左右横向き、起き上がったり逆に頭部分を少し下げたりと。
いつもより時間も多かったよう。
終わったかなと思ったら、フィブロスキャンをするので別の検査室へと。
また一部見えづらい部分があるのでそこももう一度検査と。

悪いものでもあったのかなと不安がよぎり、お腹が鳴ったことなんかどっかへ吹っ飛んで(゚ー゚;

腹部についたジェルを拭き、また廊下で名前を呼ばれるのをじっと待って。
十数分で呼ばれ、今度は別の技師さんに診ていただく。
フィブロスキャンと、見えづらいといわれた胆嚢部分を数回ブローブで。
別に仰向けのまま。

10分もせず終了。
心配なので聞いてみた。

「なにか悪いところがあったのですか?」と私。

技師さん、
「それは答えられない」と。
「医師でなければ話してはいけない決まりなので」とさらりとかわされて。

ま、そうでしょうが。
ということで結果が分かるまで不安な一週間をすごしましたよ。
気分はもう胆嚢がん(。>﹏<。)

技師さん、ホント、口が堅いんだから~

そんなわけでエコー検査、2回もお腹を出してはジェルを拭きとって~を繰り返し。
結果は問題なしだったので、ホッとしましたが。

それにしてもこちらの病院はエコー検査の時、ジェルが洋服につかないようペーパータオル(?)のようなもので覆ってくれるんだけど。
これがなんとも薄す々で~。
まるでペットシーツ (=^・^=)

そういえば今は召された我が家のお猫。
ペットシーツがキライだったっけ。
布のタオルじゃないとイヤって言ってた(゚ー゚*)

あ、これは余談でした。
ジェルがつかないよう配慮して下さるだけでもありがたいものですよね。

なのに今回はこの薄々のペーパータオルの上にバスタオルも掛けてくれたんですから^^
決して暑い日じゃなかったのもあり、身も心もホンワカでした。

血液検査結果は下記の通り(クリックすると大きいタイプに)。

dracula_s_20160603.gif
今後の通院は年に一回になるみたいです。
だから今度は来年の今頃エコーと採血。
こちらの病院ではその病状の程度に合わせて、3ヶ月ごと、6ヶ月ごと、1年後とのこと。

お仲間さんのところでは、3ヶ月ごとのエコーや血液検査を推奨していたかなと。
なので、年1回は自営する会社での健康診断、それと個人でも折を見て検査をしてもらおうかなと。
そのうち一度ぐらい風邪もひくことでしょうから。
そんな折に。

C型肝炎が判明して約3年半。
このウイルスと共存してたぶん29年程。
お陰さまでウイルスを排除し、今こうして穏やかな日をむかえることができました。

ブログを通してコメントを下さった方、アドバイスを下さった方。
また個人的に相談にのってくださったり、貴重な情報も下さった方。
ともすると不安にかられ方向性をうしなったり、落ち込んだり傷ついたりすることもありました。
ブログでは言えないこと、言ってはいけないこと。
とうぜんありますよね。

そんな折、『東京肝臓友の会』の電話相談では随分と助けられました。
アドバイスを頂いたり、おもわず涙してしまうこともありました。
ありがたいことだと感謝の気持ちでいっぱいです。

またこれまで携わってくださった看護師さん、検査技師さんや医療関係者の方々。
そして現在担当してくださっている主治医。
HCV判明当時、診てくださっていた先生。

それにそれにブログを通して知り合えた肝炎お仲間さんや、マンガお友達、なんとなく繋がって下さっているブロ友さん達。
そんな方々のあたたかい励ましや、コメントにどれほど助けられたことでしょう。
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

私、ブログをやってなかったら乗り越えられなかったかもしれません(;^-^)
この日をむかえられなかったかもしれません。
だからこれからも、どうぞよろしく(*^-^*)


今、治療をされておられる方、これから始めようとしている方。
きっと大丈夫!
頑張ってくださいね~。
応援していますよ~^^

suika2016060.jpg
▲(左)こちらは我家のタンポポ畑^^      ▲(右)スイカの苗を植えました
c_shinyaku1.gif
c_shinyaku2.gif
c_shinyaku3.gif
c_shinyaku4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村