2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、現在は経過観察中。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も書いていま~す(*^-^*)
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2016年08月20日 (土) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


お盆が終わりましたね。
私の両親の眠るお墓。
そして義兄の眠るお墓へと足をのばして。
お線香をあげ手を合わせ。

母はお線香のにおいが嫌いだったっけ。
だからよくお墓なんかいらない。
線香なんて焚かなくていいから。
法事もなにもしなくていいからとか、死んだら無になるだけ。
そういう行事は生きてる人のためにあるもの。
なんて言っていましたよ。

別に無神論者でもなかったけど。
今思うときっと肺を患っていたせいで、お線香の煙にむせてしまっていたのかなと。
そんなわけで母のお墓に行くときは普通のお線香ではなく、ラベンダーの香りのお線香。

lavandulasenkou_b20160820.jpg

お線香といえば夏の風物詩。
蚊取り線香。

昭和な夫、それに火を灯さなければ夏を終われないと。
私はといえば母の血をついだらしく、この香り・煙で鼻水がダラダラ~と(゚ー゚;
「バラの香り」というのを見つけたのでこれならばと購入。

katori_s.jpg

うん、確かにバラの香りがするかも。
蚊も「いい香り~」と思ったかどうかは定かではありませんが^^

そこへ娘がご帰宅。
「なにこの煙いのは!」とのたまるわけ。

で、真っ先に燻されたのは娘。
鼻炎に涙目。
頭痛もするって。

「蚊より先に 娘 やられる」 (@゚﹏゚@) 

ここまで綴って、ネオチしてしまった私。
どうやら娘、盗み見(^^)したらしく挿絵など描いて横に。
せっかくだからスキャンして載せてみました。
ドヘタだわ
一応、体育と美術(だけ)は「5」だったんだけどな~(;^-^)
musumega.gif
▲娘作挿絵「蚊取り線香、蚊より先に倒れる自分」


uni3kyoudai.jpg

▲夏の一時、この季節限定のウニ。近くの漁港、漁師さんより購入。
今年、バフンウニは品薄とのことで紫ウニをゲット。

irojironamako.jpg
▲こちらは突然変異したのか真っ白の「ナマコ」


ところで私、解剖されるかも~?

4コマ漫画を描かれているokokkeitarouさん。
『まじょかふぇ!日曜版 ニッポン魔女図鑑』で私(?)が~ (o゜ー゜o)??

見に行ってね~^^
できればコメントなど書いて下さると嬉しい(*^-^*)

katori1.gif
katori2.gif
katori3.gif
katori4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2016年08月10日 (水) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


痛いのはキライ!
痒いのもイヤ!
腫れるのなんて以ての外!
あれほど言っていたのに聞き訳がないんだから。
虫さん。

蚊のことですが(゚ー゚;

気を付けていたのに。
我が家のミニ菜園。
畑仕事をするときは、もう完全防備。

ノギャルファッション。
じゃなくて、まさしく農家さんそのもののオーソドクスなスタイル。

名前は分からないけどあのツバが広くて首や口元顔半分を覆い隠してくれる帽子に、ジーンズにレインウェアのような上下を着込んで。
更に花粉予防のマスク。

この炎天下。
このスタイルで数時間畑仕事に没頭するのです。
容赦なく照りつける太陽。
汗が額から流れ落ちる。
ぽたり、ぽたりと。

も、我慢大会。
突きつけられたら受けてしまうタイプ^^

そうこうしていると瞼あたりに虫が……(◎_◎;)
追い払ってもおいはらっても纏わりついて。
ほとんど顔など露出していないのに。
帽子とマスクとメガネで、入り込む余地などほんの僅か。

なのに見事スルーして。
そしてチクッて刺された
きっと右目刺したのねとそのとき思って。

作業を終えシャワーを浴びて。
なんだか右目、瞼がひどく重く感じて。
鏡を見たら、なんとそこに映ったのは~(@゚﹏゚@) 

『お岩さん』。

しょうがないから常備していた虫刺されの薬を塗って。
次の日。
瞼はもっと悲惨なことに。
こんもりと赤く腫れあがって。
目を開けるのも大変。

病院に行こうかと思ったけど、それほど痛みもなくて。
結局予定していたスポーツクラブへ。
ファイドウ、こなしてきましたよ。

人目にさらすのも~とも思ったけれど。
ハードな動きのファイドウ。
45分こなすのがやっとで、傍目など気にする余地なし。
それは他の人も同じ。

数日は重い瞼を必死で開けて過ごすことに。
PCに向かって文字を追うのも大変。
まるで
「ボケ~っとしていて蚊ごときに瞼やられました」感、ひしひしと醸し出して。

で、4日目。
ん?
なんかいい感じ。

程良く腫れがひいて赤身もとれて。
だけど「ふっくら感」は残っていて。
若かりし頃のふっくら瞼に戻ったみたい^^

これってもしかしたらプチ整形効果!?
女優さんたちがこぞってやっているあの
「ヒアルロン酸注入」効果に匹敵するのでは(o゜ー゜o)? 

ということは~。
左まぶたもプチッと刺してもらえば良かったかな~。
負け惜しみですけど~(;^-^)

そんなこんなで蚊との攻防。
今年の夏も夏季限定
「我家は献血ルーム2016」。
庭スペースにまでに及び、思わぬ副産物をもたらしつつオープンしてしまいました~^^

「我家は献血ルーム2015」←昨年綴ったもの  
「我家は献血ルーム2014」←一昨年綴ったもの
morihadamamori20160810.jpg
▲北海道発「森の肌守り」(虫よけ・アウトドアアロマミスト)
 肌の弱い私でも大丈夫でした。効果てきめんですよ^^
 虫さんからも「キライ!」って引導を渡されました。
petit1_1.gif
petit1.gif
petit3.gif
petit4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村