2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
| Login |
2017年03月03日 (金) | 編集 |
ここのところずっと左手の痺れや肩の痛みで、ブルーな日々を過ごしていました。
ハーボニー治療を始める少し前より出た頚椎の症状。
ちょうど一年前整形外科で診てもらって。
レントゲンを撮っての結果、頚椎症でしょうと。
若干のズレが頚椎にみられるも軽度とのことで、生活上の制限はナシでした。
もう少し悪くなってから再度受診をと。

で、昨年12月ころより酷い肩凝に悩まされ。
それと同時に左腕・指に痺れを感じる度合いが強みを増し頻繁に。
特にPCの前に座るとその症状は顕著になり、仕事にも支障をきたして。

家業である店舗等のディスプレー什器作成の手伝いをすることもあり、そこでも支障が。
手に力が入りづらく、作り上げた製品を落としてしまったりと。

そんなわけでPCの前に座る時間を減らしたり、夫の手伝いも控えていた訳なんですね。
そうすると痺れや痛みは軽減されて。

だけどこれはもう十分症状が悪化しているので、再受診は咎められないよねと病院へ。
予約の電話を入れ、もうMRIを撮られることを覚悟して

あの

「狭いよ~!」
「暗いよ~!」
「怖いよ~!」
「棺桶みたいだよ~!」
「ガンガンって音がうるさいよ~!」

の、MRI (@゚﹏゚@)

もっ、パニックになったらどうしましょと。
でもそんなこと言ってはいられないし。

で、病院。
整形外科。

名前が呼ばれ診察室へ。
昨年と同じ穏やかな話し方の先生。
なんだかそれだけで安心^^
畳み込むようにガンガンと大きな声で話されるドクターは、なんだか苦手。

「どうされましたか?」と言いながら、
「じゃ、ひとまずレントゲンを撮ってみましょうか」と先生。

私、
「被爆が心配なのでMRIを撮るならそちらだけでダメでしょうか?」と申し出て。

「でも流れとしてはレントゲンで診てから、必要であればMRIということで良いのでは?」と先生。

あのキョーフのMRIをしなくてもすむという訳?
と、ここで臆病者の私、にんまりと (o^―^o)

「ハイ^^」と頷いて。

で、レントゲンの結果。

「昨年と変わっていませんね~」
「悪化はしていないようですよ」と先生。

腱反射などもしらべ。
MRIを撮る必要もないでしょうとも。
どうしてもというなら撮ることもできるようですが、現状では手術の適用にはならないとのこと。

「撮影費用もかさみますからね」と。

なんとも良心的なお言葉。
というか、私がビンボーくさそうだからお慈悲で言ってくれたのかな^^

だけど痺れや痛みはかなり増していると申し出て。
けっきょく痛み止めの薬が処方されて。

痺れにも効く薬も処方されそうだったけれど、肝臓に負担をかけたくないとのことで酷い方の症状のものをセレクト。

処方されたのは
「エペリゾン塩酸塩錠 50mg 1日3錠 21日分」
「モーラステープ」

「エペリゾン塩酸塩錠」
ちょっと心配なので副作用を検索してみたら……
「肝臓:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)」と

どうしましょ。
今、まだ飲まずに見合わせ中。
PC操作や仕事から、できるだけ離れていると症状は軽くなっているし……。

そんなわけで、少しの間ブログをお休みしようと思います。
といっても、ほとんどお休み状態でしたが~(;^-^)

皆さまにおかれましては、どうぞ真面目にブログを更新してくださいませ^^
こっそりと伺わせてもらいますからね~(*^-^*)

zuruyasumi20170303.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト