2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2013年12月18日 (水) | 編集 |
16日の月曜日は定期受診日だった。

で、前回の採血結果をおごそかに伺う。
肝数値は前回より、少し下がったとのこと。
(まだ高いけど

いつもどおり穏やかな声で変わりはないかと尋ねられ、
「はい」といつもどおりの、よそいき顔で答える私。
(すでに固まっている^^;)

主治医の診察はこの日が年内最後とあってか、外来はかなり混んでいた。

自宅に戻り血液検査結果を確認。

え~~~っ!
また、異常値を示す矢印が増えてるよ

前回の異常値・・・8個
今回の異常値・・・10個

な、な、なんと
鉄(Fe)が171~192へ跳ね上がってる
(このクリニックでの正常値は女性⇒50~170)

先生は特に何もおっしゃらなかった。
通院当初は極力鉄制限食に徹していたけれど、先生に伺ったところ私の場合は必要ないと。
特に野菜の鉄分は、非ヘム鉄で吸収されにくいとのこと。

そういえば先月から今月にかけて、よく牡蠣の酢橘を食べてたっけ。
あれは、鉄分多いよね、きっと。 
控えなきゃ~

我が家は、肉類があまり得意でなく魚系を多く食す。
といっても、たまにはバーベキューもするし鉄板焼きだって食べる。
だけど鉄板までは食べていない(^^;)

なのに、この数値はナニっ
私の肝臓ちゃん、鉄溜め込み作戦ときたかーっ?!

ホントに貪欲なんだからっ!
聞き分けのない悪いコなんだからーっ 

もー、お酒あげないからねーっ
(あ、これはいつもダンナに言ってるオシオキ言葉だった~^^;)




ketsueki_s_131216.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
はじめまして~、昨日初めてブログを拝見しました。
私もC型肝炎に20年近く悩まされてきました。
過去形なのは今年完治?したからです。
AST/ALTが、私が急遽治療を受けたほうがいいよという数値より多いんですね。今は要様子見でしょうか?

吉田クリニックでのプラセンタは肝機能には可もなし不可も無しです。
実際通いましたが、保険期間が切れてのその後の肝機能検査もほぼ同じでした(時間返せ~)
気休め程度のサプリメントと変わらなかったんです。

治療はかなり構えて挑みましたが、暇な主婦としては大きなダメージは全くなかったです。
髪の毛が少なくなっていくことくらいで、治療後は新鮮な白髪付きがワサワサ^^
なぜ何十年も分かっていたのに治療しなかったのか?
できなかったんですね。上記の数値が酒を浴びるほど飲んでいたにもかかわらず35を両方超えている月がなかったんです。
インターフェロンの無駄打ちになる。もっと悪化する可能性がある。
都の補助もまだない。もう少し待とうという近所のクリニックの指示でした。書ききれないのでまたコメントしてもいいでしょうか?
絶対に治るので安心してくださいね。。
2013/12/23(月) 15:09:20 | URL | kおばさん #-[ 編集]
こんにちは
↑のようなコメントを入れる人を信じてはいけませんよ。
絶対に治るなんてどうして言えるのでしょうか?
私は17年前にC型肝炎が発覚、それ以前から肝機能障害があり
その期間はすでに30年を越えています。
10年前にペグリバをやりましたが失敗して今日に至っています。
まず、クリニックではなく肝臓専門医の居る病院に行ってください。
大きな病院だと血液検査の結果は1時間で出ますから
そのような所に通うべきです。
当然、患者数も多く医師の経験値も高いわけですから
より安心して治療してもらえます。
血液検査の結果を見るとうらやましくなるほどに悪化していません。
私などは肝硬変になっていますから激しく数値が悪いです。
治る人も居ますが、難治性の人もまた数多く居るのです。
ですから悲観しなくても良いですので楽観的に成らず
より良い道を探して治療していって欲しいです。
2013/12/24(火) 11:54:04 | URL | ぱぱ #I9hX1OkI[ 編集]
誤解があったようですね
すみません、タイプのことで言えば99%ウイルスが排除できると言われました。残りの1%は耐えられないか好血球?で治療不可能(厚生省)の場合です。
クリニックは定期検査(血液検査)のみならOKだと思いますよ。
いざという時に肝臓専門医のいる病院の紹介をしてくれるクリニックを選べば安心ですね。
女性の場合、毎月の生理痛に悩まされてきた人、その後更年期が辛かった人は治療中ある程度のダメージがあるかもしれません。
そうでない人は高熱も頭痛も軽減範囲でしょう。
健康診断で知ったくらいですから体調には変化はないのですよね?

私と同じタイプと思っていたので(セロ2)ダメ出しされてしまいました、すみませんでした。
2010年夏24週での治療予定でしたが、2回目に好血球が異常を示し3回目インターフェロン量を半分、その為4週で陰性にならず48週治療に切り替えました。
補助は1年間出るので(半年以降インターフェロンのみ)ありがたく利用させていただきました。
朝早くの診療は混みすぎているので、ラストPM4時頃に毎週通いました。誰もいないといっても良いほど空いていました。

病院に通うのが苦痛でなくなりました。
仕事がある人は時間的融通が難しいのでご苦労されていると思います。
用心深いけれど基本楽天家。これも特効薬です^^
2013/12/24(火) 14:16:36 | URL | kおばさん #-[ 編集]
初めまして
コメント、ありがとうございました。

kおばさんさん、と呼ばせていただくのも何だか~^^;)ですが。
多分私のほうが、ず~とオバさんだから。

数あるC型肝炎ブログ。
そんななか、この私のつたないブログにおいでくださっただけでも有難いのに、コメントまで残して下さってありがとうございます。

吉田クリニックでプラセンタ療法を試されていたのですね。

今、「私はブログをはじめて本当に良かった」
と、思える瞬間を感じています。

なかなか「プラセンタ療法」体験者の方のお話など伺える機会は、そうそうないと思うからです。

反対意見も含めて、感想・意見等はとても参考になり有難いものです。

今は完治されているとのこと、良かったですねー(^-^)
ましてや、副作用も大きなダメージは全くなかったとのこと。

「髪の毛が少なくなっていくことくらいで」
    ↓
コレ、私、こまりますわ。
それでなくても生まれつき、髪の毛は少なめでおまけに細く猫毛。
閉経を迎えたら更に、細~くなって、ハリがなくなってしまって~。
キケン領域。

副作用で脱毛した友人に言わせると、更年期超えでの脱毛は回復力に乏しく「生えてきても弱っちい毛だよ」と。
「○○(私のこと)さんも、そのタイプだわー」とな(ー_ー)!!

よく温泉とかご一緒しますが、その都度
「『ビフォー』『アフター』が難しいよ」と嘆いています。
(ウイッグを取るタイミング)

夏場は暑いし頭皮に湿疹が出来たりと、大変そうです。
購入費用も馬鹿になりません。

それに私は運動神経ないから、木に引っ掛けて落としちゃいそうだし、転んで取れそーだし、犬にもってかれるかも~なぁんて妄想してしまうのですよ(^_^;)

全ての方に、この副作用もないでしょうが。

肝炎友の会の方に相談したところ、
脱毛はウイッグを使うまでには至らないとおっしゃる先生が多いが、実際は使用せざるを得ない人も多いと。
だから治療に入る前に購入しておいたほうが、心の負担が少ないとのアドバイスでした。

それにしても、「治療後は新鮮な白髪付きがワサワサ^^」
   ↓
コレ、良い響きですねー。
「ワサワサ♪」「ワサワサ♪」
白髪付きだって、ワサワサはいいですよ!
染めればいいんだから。
ないのは、染めようもないですよー^^;)

「AST/ALTの数値が酒を浴びるほど飲んでいたにもかかわらず、35を両方超えている月がなかった」
   ↓
あ~、なんと羨ましいこと!

「浴びるほど飲んで」
なんか懐かしい響き。

私もそんなことしていたかも。
太っていたし食生活もデタラメだったし、きっと脂肪肝にもなっていたと思う。
その当時、血液検査をしていたら恐ろしい数値になっていたかも(>o<)

これから先、めでたくウイルス退治できたら、「お酒」ご一緒したいですねー(^o^)/

「用心深いけれど基本楽天家。これも特効薬です^^」
  ↓
「石橋を叩いて、安全だと確認しても渡れないタイプ」
「石の上にも三年以上、居てしまうタイプ」
かといって、
「信頼している人に手を引かれたら、壊れた橋でも渡ってしまいそうなタイプ」です~(-_-)

副作用は、如何に???

長くなってしまいましたが、さっき週1のプラセンタ「ラエンネック」してきましたよ。
帰りの車のなか、何だか体が暖かくなってくるのです。
で、家に着いて事務所に行く用意をしていると(自営業です)、後頭部が「スー、スー」する感じ。
寒いのかな? と思いストーブのスイッチを見ると「ON」になっている。
これってきっと「すっきり」していることなのかも。

先日の定期受信日、主治医にそのよう伝え、
「これって効果が分かるってことは、今までがすっきりしていなかった状態、悪かった状態だったてことですか?」と尋ねたら、
「そうではなくて、薬に対する反応があったと捉えるべき」というニュアンスでした。

肝臓数値に対しては、???ですが~^^;)
私の場合は、ラエンネック・胎盤埋没療法含め膝痛等の外科的疾患には効果が。
これから先の治療への副作用軽減等も視野に入れ、継続していきたいと思っています。
2013/12/24(火) 19:44:15 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
Re: こんにちは
ぱぱさん、初めまして。

あたたかいコメント、ありがとうございました。
正直、ちょっと落ち込んでいました。

即刻、治療をはじめなければならない程、検査値悪いんだーと。
そうですよね。きっと。
今できる治療をすべきなのでしょう。

経口薬を待てなくもないというのが主治医の見解。

私自身、インターフェロンの副作用にとても恐れをなしています。
ブログではまだ触れていませんが、パニック障害に悩まされていました。

5年ほど前まで仕事が忙しかったということもあったのか、通院していた歯科クリニックで発症。
以後、美容院も映画館もエステ(滅多に行かなかったけど)もダメに。

仕事はパートとはいえ、フルタイムに残業付き。
(もちろん報酬はパートあつかいですよー)
たった一人で実質、子会社を任されたという感じで、営業して製作して経理をやって~。
売上が悪いと、プレッシャーを与えられたり~。

好きな仕事、職種だったから耐えられたのかな。

家では名古屋本社の会社から、仕事を受中してのSOHO。
それに、時々は個人でも仕事を受けていた。
(基本、ビンボーだったから)

そこへ夫が仕事で独立。
経理、その他を手伝うはめに。

今は、メインだったパートを辞め心身ともに楽になりました。
C肝が発覚してからは、何だかSOHOもめんどーになってお休みもらっています。
夫の会社(力仕事あり^^;)と時々自分の仕事も受けている状態。
のんびり過ごし、改善しつつあります。

更年期からは、欝もありかな。。。
さっき某サイトで「鬱病チェック」やってみたら、危険水域というか受信のお勧め。

インターフェロンフリーの経口薬を、なんとか待ちたいと思っています。
夫と二人で営む自営業も、続けなければなりません。
下請けの弱小企業です。

「後継者を育てろ」
「社員を雇え」
と、親会社から言われてもその体力もない自営業者。
アベノミクスの恩恵は、ほとんどありません。

夫が数年前、肩鍵盤断裂で3週間ほど入院したときは、親会社より
「今度は、ない」という感じでした。
(当然でしょが・・・)

ですので、私自身の病気も入院する羽目になった場合も、とてもマイナスなのです。
年金までは、まだ間がありますし。

生活保護?
それともホームレスで「ビッグイシュー」売ることに?
あー、またしても妄想が~(ー_ー)!! 

いずれにせよ、その時がきたら受けざるを得ません。治療を。
ビッグイシューも売ってるかもv-12

私の主治医は肝臓専門医です。
週1回、近くのクリニックでも外来を。

本拠地は総合病院、肝臓センターでのセンター所長。
広く肝臓病患者の為に奔走されています。

尊敬に値する人で、その人間性に惹かれ受診をきめた私です。
テーラーメイド治療もされています。

確かに、血液検査結果は当日分かった方がいいですよねー。
総合病院の方に出向けば、当日分かるのですが遠くて~^^;)

今じゃ、忘れた頃の血液検査結果なので、
「たった今はきっと良くなっているはず」なぁんて思うことにしています。

パパさんも、30年もの間の闘病。
お辛い思いをされてきたのですね。
お察しいたします。

これから寒さも本番となりますねー。
暮れも押し迫ってくるし。

どうぞ、ご自愛くださいませ。
アドバイス、本当にありがとうございました(^o^)/
2013/12/24(火) 19:56:24 | URL | 冷凍SANMA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック