2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年01月03日 (金) | 編集 |
1月1日、元旦。

我家のその日は「新年」を意味するものより、これからはじまろうとする「苦行」を物語る。

一年の始まりは、おとずれるだろう数々の試練に堪えうるべく、また不屈の精神で立ち向かうべく「苦行」を実施する日なのだ。

その日(だけ^^;)は日の出と同時に目覚め、神棚に水を供え手を合わせる。
別に宗教を持っている訳ではないけれど、ここに家を建てると同時に夫が神棚を手作り。
その時からずっと水を供え手を合わせ、一日を過ごしていた。

大晦日・元旦だけは真似事で「お神酒」も供える。

新聞に目をやっていると、まもなく年賀状が配達され目を通す。
「この不届き者めー!」(自分が^^;)
とか言って、出し忘れていた人の年賀状を書く

遅めの朝食・昼食を兼ね、お雑煮を食す。

で、いよいよ「苦行」。
それは初詣の神社まで、徒歩で往復するというもの。

片道4k強の道のり。
普通に歩いて往復で2時間程度。
冬道なのでもう少しかかるかな。

普段、車で移動することが多く「歩く」ということが少なくなっている。
だから年初めぐらいは「歩こう!」という事になった。

というのはこじつけで、実のところは上記に記した「お神酒」を飲んでしまい、車の運転が不可能に。
夫も私も。
で、仕方がなく歩くということに。

バスで? と思いきやすぐそばのバス停に目をやると、待っている人の頭や肩に雪がのっかってる。
「これじゃー、バスが到着する前に『雪だるま』になってしまう!」
したがって、歩くしか~
ここでタクシーという発想に至らないのが、さすが貧乏人!

「苦行」??? なぁんのことはない。
ただ飲んでしまったから、歩くしかなかったーってだけのこと
初詣に。

幸い空模様は雪が降ってきて、いい感じ(^o^)
「更に風が吹きまくって、視界ゼロの猛吹雪になればいいのに!」

向かい風に遮られながら前へと進む。
容赦なく叩きつける、風雪。
前が見えなくなる。

道が閉ざされる。
獣道を行く。
顔が、髪が、氷柱がさがってくる!

遭難するかもしれない!
それはもう『八甲田山』の世界。(古い! 知らないよね~)
帰る頃には、ほとんど「雪だるま(自分が)」

こんなシチュエーションが理想。

そんな年もあったし、そうでなかった年もあったけど、娘が4歳だった頃から今年で23年程続いている。
娘が幼い頃は、おんぶしたり抱っこしたり。
小学生3・4になると、その友人も参加でにぎやかに。

途中、娘のクラスメイト・出来の良い一家の車が、クラクションを鳴らしながら通り過ぎる。
私たちは雪煙を受け、トボトボとひたすら歩く。

「あんなふうになっちゃダメよー」
「あれは、負の人達がやることよ~」
なぁんて言ったか言わないかは、知るところではございません。
(たんなる、ヒガミ^^;)

今年は夫婦二人。

▼証拠写真①「いざ出陣式!」

ikuyo.jpg

ドアを開け、出発するところを演出。(したつもり


途中で郵便局に寄り、出し忘れていた人への年賀状を投函。

▼証拠写真②「郵便ポストへ投函」

post.jpg


横殴りの雪がいい感じで振り続けるなかひたすら歩いていると、散歩中のワンちゃんに遭遇。
なんとあこがれの「サモエド犬?」

大きくてモフモフ。
真っ白。
雪だか犬だか~

撫でさせてもらう。
シャンプー仕立てという感じ。
夫は
「俺よりキレイだ、清潔だよー」だって(^^;)

確かに、いい香り。
横顔なんか鼻筋が通っていて、凛々しく雄々しい!
夫より~

そんな他愛もないことを話ながら歩いているうちに目的地、神社へ。

▼証拠写真③「初詣の神社」

jinjya2.jpg


なんとまぁ、ドヘタな写し方
鳥居が切れてる

無事、参拝。
ズーズーしく、たくさんお願い事を。
もちろん、アレもね。
「C肝ウイルスに、サヨナラできますように!」

神棚に祀る御札とお守り等を購入。
おみくじも引く。
中吉だって(^o^)

昨年は「凶」だった
「本当にあるんだー」って思った。
スマホ○○○バンクの「おとうさん御籤」でも4回も「凶」と、あの白い犬に言われた去年。
最悪 (+_+)

さぁ、後は帰るのみ。

だったはずが、よく行く温泉銭湯がすぐそばにあることに気付き、立ち寄ることに
ここの湯、温泉成分は多分ごく少ない。
大好きな「滝行もどき」にも浸れない(^^;)

でも、ま、折り返し地点で少し身体を休めよう。
1時間程度、ここで疲れを癒す。

▼証拠写真④「温泉銭湯」*撮り忘れた



だから  マークで代用(^^;)



帰りの道のりは、期待していた荒天にもならず難なく出発地点に帰還。
だんだん苦行でなくなってきている。

夫曰く。
「成長したんだろう」
「前はまだ小さかったんだ」
等と、また訳の分からないことを言う。

で、期待していた「雪だるま状態」で転げまわっての帰還にはなれなかった。
なので雪だるまを抱えての撮影。

▼証拠写真⑤「無事帰還」(オバさん、初登場

yukidarumadayo.jpg

お見苦しくて失礼しましたm(__)m


これでやっと、我が家のお正月を迎えられる。

ここまでお付き合い下さったあなた、どうも有難うございましたm(__)m
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
旧年中は大変お世話になりまして有難う御座いました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

それにしてもやっぱり北国は雪がすごいですね。
そういうのを目の当たりにすると
いかに自分がぬるま湯的な地域に住んでいるかが分かります。

それはそれで感謝すると同時にすぐ音を上げない強さも
自分には必要だって事を深く思い知らされた記事でした。

ホント…ワシなんてまだまだ何かにつけて甘ちゃんやでe-441
2014/01/04(土) 08:28:16 | URL | 牌田 乙太郎 #.VrNeTE.[ 編集]
迎春
こんにちは
あれれ・・その後読んでいくうちに札幌にお住まいと判明。
私、プラセンタで吉田クリニックが出ていたので東京に住んでいるものと思い込んでいました。またもや早とちりでした。

年末近所のクリニックに
「今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしく。」のご挨拶。
本音は、縁を切りたいわい!!と言いたかったけれど・・・^^:
昨年85歳で亡くなった親戚(血はつながっていない)の女性はC型でしたが一切治療を受けませんでした。
亡くなった原因は老衰でしたが亡くなる数日前に入院、その後天に召されました。
肝生検すらしませんでした。
エホバの信者であったのでしないで放ったらかしだったのかと推測。
幸い?肝機能関係での死因ではなかったこと。
亡くなる前の30年間肝炎と知った時と変わらぬ体調だったそうです。
でも万一進行が早く肝炎→ガンなどになっても宗教上どうしたかはわかりませんね。

私は治療中一切湯船に入りませんでした(キッたねーー!)
心臓に持病を抱えている人は心臓に負担がかかるので湯船に浸からないこと、というのを知って、もしや肝臓さまにも負担かな?と勝手な思い込みでシャワーのみの生活。
なんか新年早々変な内容で済みません。
また寄らせてくださいね。
まだお参りしていないんです。根性なしなんで先日八幡様通ったらズラリ並んでいたのでスルーしてUターン。
雪国パワーの写真見て自分のダメさ加減に落ち込んでます。


2014/01/04(土) 13:49:14 | URL | kおばさん #-[ 編集]
乙太郎さん
こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね。

確かにこちらの冬は厳しいものが・・・。
でも乙太郎さんを前にしては、大自然も微笑むかも~(^-^)
そんなパワーを感じますよ!
乙太郎さんには。

それにしてもあの「木」、気になって~
2014/01/04(土) 22:06:58 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
kおばさんさん
コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

本当に病院とかには、「来年もとか、今年もよろしくお願い・・・」とは言いたくありませんよねー。
早く縁を切りたいですよー、私も。
どんなに良い先生だって、クリニックだってー。
でもまだまだ私は治療にも入っていないので、それ以前の問題ですよね(^^;)

85歳で亡くなったという親戚の女性の方、C肝でも治療をせずの天命を全うされたのですね。

私の身内にもやはり、血縁はありませんがいましたよ。
夫の兄もその一人(交通事故での輸血が原因)。
夫は違いますが。

なぜか皆、他の病気で他界しています。
C肝の治療はしていなかったし、発症はしていなかったと。

友人などは30年以上C肝に感染していても、処方されたウルソも服用したこともないとか。
数ヶ月に1度の血液検査の前日までワインをしこたま飲んでも、数値は(肝臓の)1桁代だと。
この友人は他に病気を持っているので、その治療薬で肝機能が一時100代位になったそうな。
でも「グリチロン錠」を10日程服用で改善したとか。

きっと、丈夫なんですねー。
皆さん。

私は、真面目に肝臓庇護でいかなければ(^^;)
本格的治療に入るまでは。
あ、入ってからもそして、予後もなんですね~v-12
あ~、気が思い~(ー_ー)!!

放し飼いが好きですー
その方が、免疫力高まりそうー
(鶏だって、そうでしょ^^;)
4週間に一度、血液検査に一喜一憂するのは、すごいストレスだわ~ e-258

すみません。
愚痴ってしまいましたm(__)m

また、来てくださいね(^o^)/
2014/01/04(土) 22:15:38 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
あけましておめでとうございます

寒そうですね~(@_@;)
苦行・・・その通りですね。
ご利益がありそうですけれど・・・

私も、多分30年近くHCVを持っているだけですね~
一桁ではありませんけれど(@_@;)
もちろん禁酒していません。
それならば治療しなくていいかしらん♪
なんて時々思います。

昨年は、いろいろお世話になりました。
今年も宜しくお願いします。
2014/01/05(日) 12:14:37 | URL | マロ #-[ 編集]
マロさんへ
あけましておめでとうございます。

こちらこそ昨年は、マロさんに色々相談にのってもらって~、本当にお世話になりましたね。
今年もよろしくお願いしますね。

私も発症していないマロさんにあやかりたいです~!
でも、危険な年代なので本格的治療までは肝臓庇護あるのみで、今年ものりきろうかと~(^o^)/
2014/01/05(日) 17:34:11 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。