2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2014年02月18日 (火) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てねー(最後のほう)


先日、ブリストル・マイヤーズ㈱主催の「ウイルス性肝炎セミナー」に参加。
講師は消化器病センター「日本肝臓学会指導医」。
気になる「経口2剤」の動向をキャッチしなきゃと、ICレコーダー片手に聞き入る。

B・C型ウイルス慢性肝炎の治療等を、スライド使用にて説明。
後半はやはりこの夏、治療開始との「C型肝炎経口2剤」の件。

現行では(ジェノタイプ1b型)、ペグインターフェロン・リバビリン及びソブリアード3剤併用療法で、良好な結果を出しているとのこと。

●他の方も書かれていますが、著効率は
・初回治療・・・92%
・前治療再燃・・97%
・前治療無効・・39%

すごい著効率ですね。
ただ、インターフェロンはより改良がすすんだとはいえ、副作用はあると。

インフル様の発熱・節々の痛み・頭痛、そして脱毛等。
これは副作用というより、これがインターフェロンの特徴と。
100発100中この症状は出現するとおっしゃっていました。
(これは多分、大小の差はあれどと、また個人差はあるものと自分自身では判断)

もちろん、インターフェロンを上手に使われている医師にかかることによって、コントロールされるのでしょう(私見)。

この辺に関しては、より詳しく的確に書かれている方々がいっぱいいらっしゃるので割愛。

今回このセミナーで私が一番知り得たかったのは、承認される時期及び実際に治療が開始される時期でした。

また、その恩恵を受けられる治療対象者です。

いろいろな方が書かれていますこの経口薬(BMS)ですが、今年の承認に関しては
「ペグリバ無効患者とインターフェロン不適応患者に限定されると」

したがって、私のように初回治療者や、ペグ+リバで再燃した人は対象から外れるのではという懸念。

ですが、このセミナーの中ではそのようなことは表現されていませんでした(???)。

今までIFNが使えなかった人も、再燃されてしまった方も肝硬変に近づいている方にも、また初回治療者にも適用と。

●その著効率
・IFNが使えなかった人→87.4%
・IFNその他の治療にもかかわらず全く無効(現ソブリアード等3剤併用療法含む)だった4割近くの方々→80.5%

で、セミナー終了時に質問させていただきました。

(Q) 初回治療者には適用にならないのでは、と言われていますが?
   現在ウルソ服用のみであることを告げ・IFN不適応かどうかは告げず
   (大体そうかどうかはわからない・したことがないので)

(A)8月に開始できるので、6月頃には厚労省よりおふれがでると
   初回治療者にも勿論適用、安心されて待っていて良い
   
(Q) 保険・補助は適用になるのかという点?

(A)セミナー内でも話したように、保険診療・補助は適用されると
   現行のIFN含む治療と同じくと

以上でした。

耐性問題とか、掘り下げたところも聞きたかったのですが、時間も終了時間と。
セミナー終了後の個人医療相談に参加すると、詳しく聞けたかもしれませんが、かなりの人数のようですし用事もあったので帰宅。

耐性問題も気になるところですが、万が一これで耐性がでても、ギリアドでいけるのでは?

それにしてもギリアド、すごいですねー。
治験されている方々のブログを読ませていただくにつれ、待ちたい気持ちにはなりますが。
後に続くアッビイも良さそうですね。
でもこうしているうちに、病状が悪化~なんて懸念も拭いきれませんがー

*現在、ソブリアード含む3剤併用療法で治療されていらっしゃる多くの方々、
 多くのお仲間さん、(交流があった方もない方も、私のなかではお仲間さんです。そう呼ばせてくださいね)どうか著効されますようにと、願わずにはいられません。


*素人の手記です。

 間違い・勘違いがあるかと思います。
 ごめんなさいね。
 今回のセミナーは、いろいろな意味を含め開発元のBMS社主催という点、
 実際は蓋を開けてみなければ分からないということも含め。。。
 フタをあけたら、やっぱり他の方々が発信されているように、厚労省より制限が~なんてことも多々あろうかと
 取り敢えず、セミナーに参加しての備忘録。

*(2/26追記)

この件に関して相談にのっていただいている akioさんのブログに、信頼のおける情報がUPされています。
(akioさんより了解を得、載せさせていただきました)

『「★2/24修正あり★ 3/1の肝炎等克服緊急対策研究班のH25年度公開報告会のお知ら
せ~♪」のページへ。』


hotarudayo.gif
にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
朗報を待ってます☆
すごい情報ですね!
冷凍SANMAさんの取材記事、しっかり書かれていて
尊敬しちゃいました☆


冷凍SANMAさんはじめ苦しんでる方々の福音になればいいですね。

マンガのネコちゃんたちも相変わらず可愛かった~~♫

P.S.今回からマイページでブログ更新情報がキャッチできるようになって、一番乗り! なんか嬉しいです♪
2014/02/18(火) 18:46:32 | URL | ともえり #-[ 編集]
ともえり さんへ
ありがとうございます(^-^)/

本当に現実になれば嬉しいのですが^^
そうならなかった時のことも考えて、謝る練習しておかなきゃ(;^_^A
2014/02/18(火) 19:10:51 | URL | 冷凍SANMA #O/lIoSis[ 編集]
全く覚えられないぐらいすごい詳しいですね〜

しかし副作用が嫌ですね…
2014/02/18(火) 19:52:27 | URL | 赤男 #-[ 編集]
赤男 さんへ
コメント、ありがとうございます^^

はい、実は自分でもよくわかっていないのですよ~(^_^;)
2014/02/18(火) 21:06:27 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
聞きなれない言葉が並んでいると思っていたら・・・マンガで癒されちゃいました(*´ェ`*)ポッ
2014/02/18(火) 21:08:33 | URL | ねこ #uxXR52ms[ 編集]
ねこ さんへ
コメント、ありがとうございますv-364

書いている私自身も書きなれない言葉だらけで、大丈夫かなぁ?
なーんて心配ですよー^^
2014/02/18(火) 21:20:53 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/02/19(水) 00:37:52 | | #[ 編集]
セミナー参加、お疲れ様です。
でも、期待できそうな内容ですよね。
いろいろ、不安なことも多いと思いますが、医療の進化はどんどん進んでいるようです。
副作用も心配ですが、まさかホタルにはならないと思うし。
8月・・・もうすぐですね~。
2014/02/19(水) 10:20:41 | URL | ふくママ。 #qNgRJDF6[ 編集]
ふくママ。さんへ
コメントありがとうございます!

そうですね(^-^)/
ホタルにはなれないけど、キラキラ輝く人にはなりたいですねー^^
2014/02/19(水) 11:25:09 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
いろいろと難しい問題なのですね。
でも良い結果が得られるといいですね。

猫漫画、毎回いい味出してる~^^
2014/02/19(水) 23:37:52 | URL | 風来ねこ #-[ 編集]
風来ねこ さんへ
コメントありがとうございます。
やさしいお言葉も身にしみます。

風来ねこさんのように、可愛くてユニークな猫さんたちの漫画が理想だけど、、、。

持って生まれたものが~(;^_^A
2014/02/20(木) 00:07:24 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
とってもよくわかりやすい説明で参考になりましたv-218

これから治療を考えている方にはいい情報だと思いますし、自分にあった治療法が選べるようになるともっといいですよね。

なんといっても副作用が少なく治療をすれば治る病気と皆に認識されることを願っています。

猫ちゃんの漫画面白いですね。

コマ漫画がUPできるなんてすごいですv-315
2014/02/20(木) 10:02:56 | URL | ねぎ #-[ 編集]
ねぎ さんへ
コメント、ありがとうございます(^-^)/

>自分にあった治療法が選べるようになるともっといいですよね。
>なんといっても副作用が少なく治療をすれば治る病気と皆に認識されることを願っています。

本当にそうですね。
そうなることを期待しつつ、、、。

ねぎさんも来月からはじめられる3剤併用治療、どうか副作用が軽く著効されますことを祈ってます^^

いろいろ教えてくださいねー(。-人-。)
2014/02/20(木) 13:13:46 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック