2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
| Login |
2013年09月21日 (土) | 編集 |
ご当地日本酒、新酒造りに携わらせていただくことになりました。
と言っても、ラベルデザインですが。

お酒の席はできるだけ控え、どうしてもの時はノンアルコールでお付き合い。
でも今回は仕事がらみ。
何度かパスしたけれどサンプル等の試飲もあり、出席しないわけにもいかず……。
日本酒ということでお米作りからはじまって、稲刈りにも参加することになりそう。

お酒はもともと好きだし結構飲んでもいたけど、C型肝炎が発覚してからは控えていたんですね。
もっとも最近は、週末のバーベキュー&ビール(ビンボーなのでニセものビール、発泡酒)少々。

主治医はアルコールに寛大。
自宅で飲む場合はアルコール量を確認できるけど、飲み会の場合は注がれちゃうと飲酒量がわからない。
根がいやしいから注がれたら飲んじゃうし、断れない(*^o^*)。

お預けができない
犬に生まれていたら、きっと「マテ」も「オアズケ」出来ない駄犬で一生を終わりそう(-o-)。


質問です。

次の選択肢のなかで、正しいものはどれでしょう?

①仕事は大事。生きる糧である。
 したがって、飲酒をともなったとしてもするべき。
 ただし、アルコールによる肝臓へのダメージは免れない。

②体が大事。
 飲酒をともなう仕事は断るべき。
 ただしそれがもとで仕事が来なくなりビンボーすぎて病院受診が困難になり、薬も飲めなくなる。
 したがって、肝臓へのダメージは免れない。

③仕事も体も大事。
 飲酒をともなう仕事は、一口だけ味見。
 後は注がれそうになったら、すかさず先にお注ぎし終始お酌の接待をしまくる。
 ただ性格上最も苦手分野なので、心に負荷がかかり、ひいては肝臓へのダメージが。


*夫と二人でやってるような弱小企業・自営業は、体が資本。
 病気などのマイナスイメージは死活問題。
 あっさり切られかねない(>_<)。

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック