2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2014年06月25日 (水) | 編集 |
先週お片付けを余儀なくされた「ガス器具検査」。
検査は無事終わり整理整頓をしたおかげで、副産物ともいえるあるものを発見。
それは食器棚引き出し片隅に眠っていた「タイムカプセル」。

そう、それは30年ほど前に献血した時の「血液検査結果データ」

昭和60年9月だって。
私、独身だっな、その頃。

で、もう一つは結婚し娘を授かり、その娘が2歳の誕生日をむかえたころのもの。

二つのデータを見比べる。
あきらかに肝臓数値に変化が。

下記画像を載せましたが不鮮明なので少し補足。

*昭和60年9月献血時データ(左) *平成1年5月(右)
ALT(GPT)8  → 45
ALP    4.6 → 5.7
TP    7.8 → 8.6
ALB    4.5 → 4.2
A/G    1.4 → 1.0
BUN    15 → 12
CHOL  176 → 181

で、平成1年の肝臓数値。
「標準値範囲を少しだけはみ出していましたと」
「ご心配はないと思います」とコメントされていた。

私がC型肝炎に感染したと思われるのは、娘を出産した時に施された非加熱血液製剤。
その前と後を比べると、肝臓の数値が気になりますね~。
この程度の数値の開きはそこそこあること言われれば、そうなのでしょうが

独身時は何度か献血に協力していましたが、数値はいたって正常。

この平成元年にした献血の少し後で、私は風邪(?)をひいた。
高熱と耳の痛みを訴え内科を受診。
風邪でしょうとのことで薬をいただき、血液検査をうける。
その結果、白血球数が異常に多く「白血病」の疑いがあると恐ろしい宣告。
多分、よくわからないけれどその数値は「2万」と言われたような記憶が。

一ヶ月後再受診し再度血液検査を促される。
私は「白血病」と言われ、気が滅入りひどく落ち込んだのを覚えている。
何も手につかず、やたらと不安な日々を過ごした。
耳の痛みはだいぶ薄らいだものの、閉塞感は増していた(耳の聞こえの)。

やっと一ヶ月が過ぎた頃、病院へ。
で次の週、結果を聞きに。
その結果、白血球は基準値に。
同じく基準値超えをしていた肝臓数値は高めなものの何とか基準値内へ。
ZTTが高かったのも指摘されていた。

そこで
「耳が痛かったし、なんだか閉塞感が」と再度訴えてようやく
「耳が痛いのは耳鼻科に行かなきゃ~」と言われた。

「早く言ってくれればいいのに(-_-メ」とは、私の心の声。

近所で評判の耳鼻科クリニックへ。

医師
「すぐ来なきゃダメじゃない、滲出性中耳炎になっちゃてるよ」
「え~っ、白血病って言われてたの~!」
「患者を脅かす悪い医者だ」とな(;^_^A

すぐ、鼻から耳へ空気を通す通気治療を隔日行う。
でもね~、これがとても痛くて。 
子供でもできる治療とのこと、学校帰りの小学生たちがズラ~と列をなしているところへ私も並ぶ。

速いスピードで次々とこなす医師。

私はこの時何度も鼻の奥に挿入された器具、管が鼻の骨に「ゴキッ」と鈍い音をたてぶつかるのを体感。
治療後は鼻から出血することも。

隔日、3ヶ月も通っただろうか。
治療中、あまりの痛さに涙があふれてしまった。
気持ちでは絶対我慢と思っていても、涙は正直。

で、つけていたコンタクトレンズを落としてしまう

そんなことが二度ほどあった次の治療日。
「あの~、すごく痛くて~」と医師に訴えた。

医師、
「じゃ、もうしない!」と。

投げられた私

周りは一瞬シ~ンと静まり返る。
看護師さんは哀れみなのか、ニガ笑い。

私はその病院に、二度と足を踏み入れることはできなくなった。

タイムカプセル。
そんな思いがよぎった。

しかし、あの時の血液、どうなったんだろう。
どなたかに輸血され、あらたなC型ウイルス感染被害者をうんでしまったのだろうか。

私は被害者であると同時に、感染させてしまったという加害者にもなってしまったんだろうか。

kenketu1.jpg

▲昭和60年9月献血時データ

kenketu2.jpg

▲平成元年5月献血時データ

mieta.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは
自分の出してみたよ
なんか項目が全く違って同じなのはAST43ALT81だけだった
白血球は逆に少なくて2700だよ
ウイルスって直ぐには出ないことも有るの?
風邪引いた後、どんなに食べても体重が戻って来ないの
まぁ40キロ割ったら病院に行くって決めてるけどね
身長150センチだから40キロ割っても良いんだろうけど大人になってからは割ったことが無いので…
耳鼻科の治療、辛すぎだね
今もそうなのかな?
それには私だったら直ぐに通うの止めそうだわ
偉かったね
2014/06/25(水) 19:49:33 | URL | トラッチママ #-[ 編集]
30年前に時間が戻せたら…
複雑な胸の内、お察しいたします。

私は最近耳鳴りがひどく閉塞感もあるような…。
耳鼻科行った方がいいのかも。
鼻の骨に「ゴキッ」…なんて聞いた日にゃ、恐くていけません(><)
2014/06/25(水) 20:00:15 | URL | 風来ねこ #ZJhMFueg[ 編集]
ヒストリーですね
おいたわしや~。
耳鼻科というのは数が少ないというのもあるけれど、
「二度と行きたくない」という思いをさせられる
割合が高いですね。。


そして2014年初夏。
この時期にタイムカプセルが出てきたことに
何か意味があるような気がします。

つづく季節に良き薬・治療法に
めぐり会えることを祈ります。
2014/06/25(水) 22:28:43 | URL | ともえり #-[ 編集]
トラッチママ さんへ
コメントありがとうございます。

トラッチママさん、ひどい風邪だったのですね。
まだ体重が戻らないのですか~。
40Kを割ってしまうなんて~(゚ー゚;
私のお腹の脂肪分けてあげたいです(^o^;)

耳鼻科の治療、今はちがうのかなぁ?
私は出産の時すごい難産で、医師や助産師にひどく叱られたの。
「我慢が足らない!」って。
子供は仮死状態で生まれ異常分娩だったのに。

だから耳鼻科でもガマンしたよ( p_q)
2014/06/25(水) 22:45:18 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
風来ねこ さんへ
コメントありがとうございます。

風来ねこ さん、耳鳴り、閉塞感ですか~?
それも辛いものがありますよね。

耳鼻科行かれます~。
こ、怖いですよー(><;)

鼻の骨に「ゴキッ」じゃなくて、「ボキ、ボキッ!」だったかな~e-263

マンガネタがいっぱい転がってるかも~、なので行ってみますか~?
耳・鼻・科(;^_^A
2014/06/25(水) 22:55:24 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
ともえり さんへ
コメントありがとうございます。

あら、ともえりさんもありました~?
耳鼻科での怖い思い。

本当にもう、二度と行きたくないですねー(^o^;)
おかげで耳の聞こえはイマイチだけど。

でもね聞きたくないことや、悪口なんか聞こえてこなくていいや~なぁんて^^
開き直ってる、今日この頃なんですよ~e-263
2014/06/25(水) 23:04:08 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
呼ばれた患者さん数人の前を向いて治療する昔の病院へ行ってしまい、鼻から水を入れて
器に 口から出た、ネバネバを吐き出すんだけど、カーテンとか無いの。

見られるの恥ずかしいし、待って見せられちゃうのも、見ないようにしても、ズルズル聞こえて、気持ち悪かったーア!!

新たなC型、、ん、、?

今なら、エイズとか、色々検査するのでしょうが、当時はなかったのね。

幼稚園、小学生の時代には、注射器も
何人にも使っていたよね。

息子血液関係やっていたことあるけど、
足りている血液型の場合は、200cc献血はいらない時もあるそうですよ。

400ccが欲しいらしいですが、女性だと200ccだったのでは?

使われていないように思いたいね。
献血協力してきたのに、貰ってしまい、それだけで皮肉な話しなのに。
考えても、仕方ない、SANMAちゃんは 知らなかったわけだから。
これについては、凄くコメントしにくいですが、どなたも触れていなかったので、触れましたが、気を悪くさせるような事があったらゴメンナサイ。
2014/06/26(木) 01:18:07 | URL | おこちゃん #-[ 編集]
こんばんは。

僕も小さい頃は病弱で病院ばかりかかっていました。
なぜか、いつのまにか健康体になってしまいました。

現在は椎間板ヘルニアの治療は行なっていますが
これといった大病もなく
健康であることに感謝しています。

あれ?
C型肝炎を患っている人に、こんなコメント書いていいのかな~(笑)
2014/06/26(木) 02:10:13 | URL | 孝ちゃんのパパ #89lC/bVQ[ 編集]
おこちゃん へ
コメントありがとうございます。

内容的に確かにコメントしにくいですよね~(^o^;)
それなのに有難う^^
全然、気なんか悪くしてないよ^^

当時はきっとまだ献血もC肝ウイルスを検査をしてない時期。
そんな狭間だったのではと。
もちろん私も知らなかった、自分がC肝持ちだなんて。

献血は200mlだったような~?
どこにでもいるA型だし、肝数値はみだしていたからきっと使われなかったのでは~と、思いたい。

息子さん、血液関係もされていたことあるのですね。

それにしても他の患者の見ているところでの処置、いくら耳鼻科とは言え嬉しくないですよね~。
わたしは大勢の患者の前で泣いているとこ、何度も見られた。
娘も2歳になったばかりで常に一緒にいたし。
情けない母親の姿を~e-263

今でもカーテンもないところ、いやあったところでヒラヒラしていてあれ、見えるよね~(^o^;)
「ドアとか締めてってー」って言いたい!
2014/06/26(木) 09:57:14 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
孝ちゃんのパパ さんへ
コメントありがとうございます。

小さい頃は病弱だったのに大人になって健康体にー。
いいことじゃないですか。
よかったね~(*^o^*)

更に、おジイちゃんになったらもっと健康になるよー^^
きっと。

椎間板ヘルニアなんか、やっつけちゃえ~e-271
2014/06/26(木) 10:03:00 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
白血病!!( ̄□ ̄;)
白血球が2万だなんて、かなりの高値でビックリだけれど、白血病の疑いをかけられて、かなり精神的に辛い日々だったでしょうね(>_<)

耳鼻科の治療、子供でも受ける検査とはいえ、検査の辛さって人それぞれなんですよね…。
痛みを訴えたからと言って、投げてしまう医者ってどうなのかしら…(−_−メ)

でも3ヶ月も頑張って通われていたのだから、実は殆ど治癒していた状態だったのかもしれませんね(^o^;)

今は献血した血液は、かなり詳しく調べられてから輸血に使われるでしょうけれど、昔はどれくらい検査をしていたのでしょうね…。
と言うか、人のために献血されていた冷凍SANMAさんには、何も罪はありませんよ(^∇^;)


2014/06/26(木) 10:24:58 | URL | sachi #-[ 編集]
sachi さんへ
コメントありがとうございます。

白血球2万ってやっぱりすごい数値ですか~。
たしか2万って聞いたのを覚えているの。
白血病と聞いたときはホントショックでしたね~。
それにしても耳鼻科の通気治療は痛かった( p_q)

でも3ヶ月、一日おきに通ってだいぶ良くなっていたのでしょうね。

ま、今でも都合の悪いことは聞こえませ~ん(;^_^A
2014/06/26(木) 13:40:39 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
なんとも辛い過去を思い出させるデーターなんですね…

しかし、白血病だなんて言われたら、死まで覚悟しなきゃいけない事ですよね!

次女も2度ほど、滲出性中耳炎にかかりました…
2014/06/26(木) 22:15:17 | URL | 赤男 #-[ 編集]
赤男 さんへ
コメントありがとうございます。

そうですね~、思い出しちゃいましたね。

次女ちゃんも滲出性中耳炎にー(*_*)
もしや、通気治療など~?e-263
2014/06/26(木) 23:19:48 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
あらあら、医者に振り回されてたくさん辛い経験をされたんですねぇ。こっちだったらそんな医者は訴えられてますよ。

日本で献血すると血液の検査結果がもらえるんですね?
私も日本で献血したことがありますがこんなのは送られてきませんでしたが??

それで、またこれも冷凍SANMAさんと経緯が似てるんですけど、
私、出産時の輸血で肝炎になったんですが、
娘が3歳の時日本で献血したんです。(その時は感染してることを知らなかった)でも、赤十字からは何にも送られてこなかったんですよね。で、数年後に事情が明らかになって日本の赤十字に知らせたんです。そしたら、「それは、もう何年も前のことなので貴女の血液は誰かに使われているかもしれませんが貴女の心配には及びません。現在は全て検査が徹底していますので大丈夫ですから。」との返事。

what???

とショックで放心状態でしたよ。

日本の血液管理もいい加減というか。。。「撒き散らした」感否めないという感じ。
はぁ・・・・。
2014/06/27(金) 03:24:29 | URL | 豚ちゃん #bVwkLiWw[ 編集]
豚ちゃん へ
コメントありがとうございます。

そうでしたか。 豚ちゃんも……。
私、ネットでしらべたら
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/2r/pdf/3-5.pdf
「染症等の検査」の28ページに出ていますね。

抜粋すると日本では、
1989年12月から献血時のHCV抗体検査が実施(*全国的には1999年10月)となってる。
ってことは私は、1989年5月献血だったので検査はされなかった。
因みに出産時原因となったと思われる血液製剤は、出産後の翌年1988
年からは使用中止に。
な~んとも~ですね。

私も献血後間もなくの高熱で病院受診し、白血病の疑いと言われ献血した赤十字に電話で問合わせたの。
でもそれに関しては「白血病の疑い」ではあるものの、豚ちゃんと同じような説明を受けたような気が~(゚ー゚;

それにしても耳鼻科キョーフ!
病院ぜ~んぶキョーフ((>д<))

きっとあの鼻から耳に通す通気治療、あの管、鼻軟骨にブチ当たったてたんだと思うe-263
すんなりいく時は何にも痛くなっかったもの。
あまりの大勢の患者で、しかも猛スピードの流れ作業!
子供には慎重に取り掛かったとしても、オバはんには手抜いたとしか~(ノ゚ο゚)ノ

石の上にも3年以上いてしまう私。
痛みには弱くても、なんだかある意味鈍感らしくて、25年超えの今、気付いたe-263

2014/06/27(金) 11:18:25 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
今でもコンタクト?
私、コンタクトだよ。
でも、コンタクトしていると、老眼。
はずすと、近くはみえるけど、遠くが全然見えない。
パソコンするときはコンタクトと老眼鏡で、スマホの時は、度数を変えてます。
コンタクトはハードですから、替えのメガネ持っていないから、風が強いと冷や冷やです。
2014/06/27(金) 12:15:26 | URL | おこちゃん #-[ 編集]
アッ
の後の猫ちゃんの背中が悲しそう…
両方とも、冷凍SANMAさんに何も罪はないのに、悲しい思いをすることになってしまいましたね。特に耳鼻科の医者には私が側にいたら
「テメエ、いい加減にしろよ!
患者ヒステリー起こして、
子供か あんたは!
看護師!
泣いてる患者をみてよく笑えるな、バカもの!
謝れ!
さんちゃんに謝れ!」
と、怒鳴ります。

2014/06/27(金) 14:30:54 | URL | Yuketta #vPp1Wyis[ 編集]
おこちゃん へ
コンタクトは使い捨てのとかまだいっぱいあるけど。
そう、老眼がきちゃってから遠近両用のメガネばっかり。
スマホは裸眼で、超ど接近!
そのうち遠近両用の使い捨てコンタクトしようかなと。

だけどねー、見たくないもんみなくてすむから裸眼って便利かも~(;^_^A

コンタクト、ソフトしか使えないの。
だから上で行った耳鼻科でもソフト入れてたの。
なのに、涙で落としたんだよ~。
何度か。
探すの大変だったんだから~e-263
2014/06/27(金) 15:43:42 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
Yuketta さんへ
コメントありがとうございます。

Yuketta さ~ん、怒ってくれてありがとー(‐^▽^‐)
なんだか気持ちがすっきりしてきた~!
あれはやっぱり怒っていいとこだったんだーと、そんな風に思えてきましたよ^^

そういえば亡き母が我が家にいた時で、その母も私が鼻から出血してきたのを見たりして、
「そんな乱暴な医者のとこ、やめたら?」と言ってたのを思い出しました。

なんせ出産時の
「ガマンが足らん!」と医師・助産師に叱られたのが、呪文のように私の心を縛って~e-259
2014/06/27(金) 15:59:19 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
うちのコメント欄に、書いておきました。
暇なら見て下さい。たいした事かいていないけどね。
2014/06/27(金) 19:47:08 | URL | おこちゃん #-[ 編集]
すみません!!!
「患者ヒステリー起こして、 」
ではなくて
「患者にヒステリー起こして、 」
でした。
つい感情的になって、ダダダダっと文字を打ってしまいましたm(_ _)m
2014/06/27(金) 20:53:00 | URL | Yuketta #vPp1Wyis[ 編集]
おこちゃん へ
はい、いきますよ~(^-^)/
2014/06/27(金) 22:46:31 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
Yuketta さんへ
Yukettaさん、充分伝わっていますよ~(^-^)

そんなふうに自分のことにように怒ってくれて嬉しかったです!
心の隅にのこってたモヤモヤしたものが慰められて~( p_q)

少しずつ浄化されていくような~v-22
2014/06/27(金) 22:52:37 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/28(土) 21:53:25 | | #[ 編集]
鍵コメさんへ
コメント頂けて、とてもうれしいです!

また、貴重な情報、アドバイスもありがたいがぎりです。
とりわけ個人レベル・地方では、情報も限られて~e-263

今後ともどうぞよろしくお願い致します(^-^*)
2014/06/29(日) 09:23:08 | URL | 冷凍SANMA #LaU4JV/2[ 編集]
こんにちは。
原因は血液製剤でしたか。きっとフィブリノゲンかクリスマシンだったのでしょうね。
同じ血液製剤でも、冷凍サンマさんのように長年かけてジリジリと進むケースや、すぐに急性肝炎などを発症する人などさまざまですね。
考え方次第で、原因が分からない人が多い中、絞り込めただけでも良しとしましょう。

しかし!どの先生もひどいですね~
内科の先生、何かの炎症を疑わなかったのかしら?脅しですよね。それだけ上がるということは耳の炎症は半端じゃなかったということでしょう。

耳鼻科と産婦人科の先生は論外!今だったら訴えられますよね。
しかし、かつてはネットもなく、今ほど情報が得られなかった時代ですから、患者は弱者、言われっぱなしで辛かったですね。

そうそう、治療後SVR達成ですっかり安心してしまいますが、献血と臓器移植できませんので、くれぐれもお忘れなくね。
2015/12/13(日) 15:25:04 | URL | かがみ #-[ 編集]
かがみ さんへ
こちらへもコメントをありがとうございました。

かがみさん、そういえば私、娘を産んで数ヵ月後に体調が思わしくなくて近くの内科ににかかったんですね。
そのときは風邪という診断でしたが、今思うと肝炎発症だったのかも。
咳もなく熱も微熱程度。
だけど母乳を与えていたので市販薬を飲むのが嫌で病院へ行ったのを覚えています。

そうですよね、昔は今のようにネットもなく言われるがまま。
情報も得られなくて(゚ー゚;

献血、気持ちがあってもできませんものね。
亡くなった同病の義兄もよく献血車をみては
「俺は非A非B肝炎だから出来ないんだ」と、一緒に仕事をしていた夫に言っていたそうです。

臓器移植も健康保険証の裏にその旨書いているんですよ、私σ(^_^;)
2015/12/14(月) 18:01:30 | URL | 冷凍SANMA #o25/X8aE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック