2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
2018年05月30日 (水) | 編集 |
相変わらずのヘタヘタ漫画も描いたので見てね~(最下部)^^


18年前の車。
我が家の愛車がついに、ご臨終。

あちこち故障しては、なだめつつ乗り続けていたけれど。
ラジエターホースに穴があき、液を継ぎ足しては延命処置。
でも、もう限界。
車検も近いし、乗り換えることに。

2000年に購入した車。
ほとんど前世紀の代物。
(間違いなく前世紀だよね~(o゜ー゜o)??)

お別れの日。
18年間のありがとうの気持ちをこめて。
ギュッとHAGU。

頬すりよせて。
車に。

それを見ていた娘。
「猫みたい」だと(=^・^=)

で、次の車。
納車まで、まだかかるようで。
それまでは、先方御用達の代車生活。

代車だし、そんなグレード良い訳ないよねと思っていたんだけれど。
これがまた昨年末の登録車で。
今までの車と比べたら、雲泥の差。

あれ、スマートキーっていうの?
鍵、押し込まないのに。
スイッチポンでエンジンかかっちゃうし。

車線はみ出しそうになったら、ピピッてお知らせ。
信号待ちで止まっていて、ちょっと出遅れたら、
「前走車は出発しました」とかアナウンスされ。

それにアイドリングストップとかでエンジン止まっちゃうのね。

交差点の真ん中で、エンストやらかしたかと思ったわ。
も、ビビってしまった

ナビ付きの車もはじめてだから。
便利なのね~。

昔はよく迷子になって。
太陽の沈む方を目指して~なんてね^^

そうそう。
今日は「こんにゃくの日」なんてのも教えてくれるのね。

ところで、今度いらっしゃる車はトラック。

え~っ!?
トラック~!!!

そうなの。
大きくはないけれど、働く車。
トラックなのです。

わたし、乗れるかしらね。
でもま、
「町内会限定付きドライバー」だから(;^_^A


▼こちらはポケGO、ミュウが我が家に来てくれて^^

mew20180416.jpg






sakura20180529.jpg

▲遅咲きの桜 (昨日、散歩コースで)

tan_pre2_20180510.jpg
▲おにぎりにリボン(*^-^*)
(娘の誕生日、忘れていたのでこれでごまかした)
norikaerunoha1.gif
norikaerunoha2.gif
norikaerunoha3.gif
norikaerunoha4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2018年03月17日 (土) | 編集 |
相変わらずのヘタヘタ漫画も描いたので見てね~(最下部)^^


年齢を重ね(すぎ)たせいか、ここのところお悔やみごとが続いてしまって。
今年に入ってから身内では、すでに2度の涙。
住まっている町内でも、3、4件ほどの訃報が郵便受けに。

今は親しくお付き合いしている方以外は、心の中で手をあわせご冥福を祈るのみ。

ここの町内。
以前は亡くなられた方がでると、皆総出でセレモニー。
近くの会館に集まり、手作りの葬儀をするのです。

仕事があっても用事があっても、それは何をおいても。
ここに住まう者のしきたりとして。

越してきた当時。
お年寄りの多い町内。
年に何度かそういうことが。

呼び出しがかかると、幼子の手をひき会場に集まってはお手伝い。
車を運転できるとしってか、買い出しやら弔問客の送迎。
それに会食作りも、メインな仕事。

どれも私には超苦手なこと。
ましてや、お酒の席のお相手など胃が痛くなったっけ。

あれは今から20数年前だったかなぁ。
娘も小学校へ上がり、私はパート努めをしだして。
そんな頃に、また訃報で招集が。

パートを早引きし、娘には学校が終わり次第葬儀会場へ来るように言いつけ。
私は毎度のこと、買い出しや送迎・仕出し作りに勤しむわけでして。
夫は早めに仕事を切り上げ、下足番を仰せ付かるのですね。

「下足番」
この下足番が、のちのち語り継がれる
「下足番事件」となるのです。

そうです、弔問客の靴を棚に収納する係。
一通りの弔問客の靴を収納し終え。
そろそろ告別式・出棺がはじまるとのことで夫も靴を脱いで、その場へ向かおうと……。

で、靴を脱ぐ。
とその時、目にしたものは~!!!

なんと黒の靴下から親指が~!
「こんにちは」している~(*゚ー゚*)

そう、穴が空いていたのです。
黒のソックスに。

夫の親指(足の)。
もう、プクッとしていて大きくて。
まんまる ^^

その親指がニョキッと出ていたのですね~。
黒のソックスから。

あ~、恥ずかしい
で、当の夫はというと。
もう家に戻ることも、コンビニ(買いに)に走ることも出来なく。
出棺の時間が目前に迫り。
棺を持つ御役も頂いていて。

そこで閃いたとか。
夫、おずおずと受付に行って

「黒のマジックインキ、ありますか?」
と言って、それを借り受けて。

で、塗った。

靴下の穴から「こんにちは」していた
足の親指に。

不思議そうに見つめていた「受付」のお嬢さんや、お偉方の見守る中。

無事、靴下の色と同じに同化した親指を確認し。
そして喜々として、じゃなくって、神妙な面持ちでさり気なく告別式の場へと消えたとか。


このことを知ったのは、この出来事から一月ほども経った頃。
当の夫ではなく、受付係をしていたママ友さんの口から。
周りはなんだか、大笑いだったとか。

どなたの葬儀だったの思い出せないけれど、不謹慎なことをしてしまってごめんなさいね。
ずっとずっと、ご冥福をお祈りしていますよ。

それにしても「穴の空いていない黒のソックス」。
ちゃんとあったのですけどね~。
喪服の傍に。
anajiken1.gif
anajiken2.gif
anajiken3.gif
anajiken4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2018年03月16日 (金) | 編集 |
義兄(夫の姉の配偶者)が亡くなったと知らせを受けて……。
突然のことにしばらく絶句。

良性の髄膜腫とのことで、手術を受けたのは昨年7月のこと。
少し大きくなりつつあるようなので、体力のあるうちに手術をということだと耳にしていて。

術後の8月、見舞ったとき、なんだかうつろな表情でしきりに頭痛を訴えていて。
どうも意識や記憶がはっきりしない様子。
食欲もなく車椅子での移動。

担当の看護師さんによると、
「手術そのものは成功したのですが……」と。

後日、脳の血管が一部損傷し、そこから内出血していたとのこと。
その血管は、記憶や食欲を司る部分らしくて。

結局の所、回復はみられず。
全く食事も受け付けなくなって。
経皮経食道胃管挿入術(?)を受けた後日、様態が悪化。
帰らぬ人に。

ほんの数週間の入院・手術で元気に退院できると聴いていて。
当の義兄も当然そのつもりのはず。

もう、本当にほんとうに
「どうして?」
「なぜ?」の想いが渦巻いて。

健康にはかなり留意して、煙草もやめて。
我が家に泊まったときも、1時間のウォーキングは欠かさなかったっけ。
その後のお酒が美味しいと。

夫にとっては姉の配偶者。
義兄。
3人いる実の兄より慕っていた人。

四半世紀に渡り町政に携わって。
勇退してからも、とりわけ働く人やお年寄り、そして弱者の方々へ手を差し伸べていて。
そのパワー、行動力には頭の下がる思い。

葬儀での弔問客の多さに圧倒されつつも、暖かみのある式にまた涙。

帰りに寄った義兄の家。
愛猫の黒猫ちゃんがポツンと淋しげ。
「お義姉さんのこと、見守っていてね」と、そっと声をかけ。

それにしても、どうしても釈然としなくて…。
別の病院だったなら…。
もしかしたらあの神の手を持つ、福島孝徳先生だったなら…。

運命が変わっていたのかなぁなんて…。

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2017年08月23日 (水) | 編集 |
相変わらずのヘタヘタ漫画も描いたので見てね~(最下部)^^


税務署に入りました。
いえ、入られたのではなくって。
自ら出向いたのです。

生業としている家業、その決算申告等で(一応、法人)。

例年だと顧問税理士さんにお任せしているのだけれど。
今年の場合は私の体調がおもわしくなく、会計簿も滞って。
頚椎ヘルニアでPCの前に座ることができなくなって。

税務署に問い合わせたところ、一月程度の期限後申告なら青色申告も取り消されることなく大丈夫とのこと。
どうしようかと迷ったのだけれど、取り敢えずほぼ会計簿は出来上がっていたので提出してみようかと。
自分で。
会計アプリ、「決算申告」のところをクリックするとそれなりに出来上がって。
プリントアウトして税務署へ。

もちろん後日、お願いしている税理士さんよりキチンとした申告書・「修正申告書」提出しますと告げて。

対応してくれた税務署職員の方。
たぶん今年入社したばかりの感じの良いお兄さん。

「これで良いですか?」と会社PCより出力した書類を見せ、アドバイスを待つ私。
いつもは電子申告だけれど。
今年はこのお兄さんの誘導のもと、手書きで申告書作成。

税務署。
なんだか背筋がヒンヤリするのね~
だってほら「税務署に入られた!」とか、よく言ったりするでしょ。
も、なにか悪いことをして警察に出頭したって気分だわ(;^-^)

何やら咎められたりしないかと、ヒヤヒヤする訳。
それで問われてもいないのに、

「あの~、この会議費と言うのは取引先の方と~」とか、
「自宅の光熱費は入れていませ~ん」とか、
「あ、なかには家族で飲んじゃったコーヒーとかもあったかも~」なんて自白したり

そこそこ「グレー」な部分もあったはず。
白か黒かって問われたら~~~~

「オフ・ホワイト~!」なんてね(*^-^*)

そんなことを思っていたら、気立ての良いこのお兄さん。
私が持参した「総勘定元帳」をパラリとめくりながら
「大丈夫ですよ! これぐらい」とにっこり。

「ホッ」と小心者の私^^


ところがお兄さん
「そこに『確定』と書いて」と、書類を指差し。

む、む、むっ。
なのに、ボールペンが止まってしまう私。

『確定』、その文字が出てこな~い!
PC、キーボードを叩けば変換されてくるはずのその二文字。
書けと言われるとスッと出てこない。

もう汗。

お兄さん、「あら、ド忘れですか~」と言って
メモ用紙にその文字を綴ってくれて。

なんですかね~。
PCに頼りすぎているとこうなっちゃうのかな(ま、私だけですよね^^)

で、なんだか私、言っちゃったわけ。

「いえ、いえ、ド忘れとかじゃなくって、最初から知りませんでした~」なんて^^

お兄さん、笑っていたけれど。
最近の税務署は、こんなおバカな事言うオバさんにも対応できる、柔軟な人材を確保するのね~。

(ところで「確定」の文字のなかには、私の名字の一部が入っているというのに書けないなんて、なさけなや^^)

ここで一件落着のはずなんですが。
実は顧問の税理士さんのほうでも気を利かせ、決算期限に間に合うよう電子申告をしてくれていた模様。
それはそれでありがたいことなんだけれど。

二重申告。

したがって後日、私の提出したものを取り下げてもらうべく出頭、じゃなくて出向きましたよ。

ところが税理士さん提出の申告書はなぜか、売上額が百数十万ほど多くなっていて。
調べてみるとそこは私のつけた額が正しいとな。

で、結局「更正の請求」という手続きをしに再度税務署へ。
それがようやく先週末に終了。

今は、ほっとしているところ。
この一連の手続きで、来年は自分で「決算申告」できそうという自信が。

夫がほぼ一人で細々と営んでいる会社。
売上は年々縮小傾向。

だってもう、年金受給年齢に限りなく近づいてきているわけでして。
身体に負担の掛からない程度に営んでいければ良いかなって。
だから私が税務署へ出向き、ヒヤリとしながら「決算申告」するので十分みたい^^

dowasure1.gif
dowasure2.gif
dowasure3.gif
dowasure4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年12月30日 (金) | 編集 |
ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


いつもお世話になっている、お仲間さん。
秋にその「会」のロゴ作りをさせていただくことに。

ずっと携わってきたこと。
仕事としても趣味としても。
なので、想いを込めて作らせていただきました。

肝炎が著効してホッと胸をなでおろした春先。
そして、今年一年が終わろうとしている今。
思い出深い年となることは言うまでもありません。

いろんなことに、ありがとう~(*^-^*)

ところで、このロゴ作りのことなんだけれど。
私がまだまだ、ず~っと若かったころ。
そう、かなりの大昔^^

専門学校を出て、初めて就職したデザイン事務所。
そこでのお初仕事は、某競馬新聞のレースタイトル書き。
たしか「はまなす賞」だったかな?
その時分に、はたしてそんなタイトルのレースがあったのかは疑問だけれど。
(だから勘違いかも)

なんだか苦労してデザインしたのを覚えていますよ。
で、評価は
「スピード感はあるものの、少し弱々しい」とか。

でもとにかく、初めての仕事。
印刷され店頭に置かれたその新聞に感激したものでした。
一部は印刷見本として、いただくことができ。
でもどうしてももう一部欲しくて、地下鉄駅の売店で買い求めたことが。

21歳の頃たっだかなぁ。
恥ずかしかった。
競馬新聞なんて買うのが。

一人暮らしをしていた私。
どうしても田舎に住む両親に見せたくて。

帰省時、母に見せたら
「あら~、そうなの。 上手に出来ているじゃない」
「大事にしまっておかなきゃね~」と。

なのに、なのに~。
次の日目が覚めて台所に行ったら、その競馬新聞が~

「鍋の底」に敷かれていて~(・。・)

とっても几帳面で綺麗好きな母だったっけ。
新聞などから、スクラップするのも好きで。

私はといえば、スクラップまではするけれど。
それごと、行方不明にしてしまうのが常(;^-^)

少しとぼけたところがあった母。
先週は、そんな母の25回目の命日でした。



2016年も、明日で終わりですね。
とりとめのないことばかり綴っている、私ブログ。
お付き合いくださって、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいね。


umoreta20161229.jpg

▲我家、窓から見た庭(右は車、家も車も埋もれています) 


baabashinbun1.gif
baabashinbun2.gif
baabashinbun3.gif
baabashinbun4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年10月30日 (日) | 編集 |
ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


義母の四十九日法要と納骨式があり、夫の生まれ故郷へ。
横綱千代の富士を生んだ松前郡福島町。
亡き義父の眠るお墓。

天候はあいにく下り坂。
雪がチラついて。
向かう車のタイヤ、スタッドレスへ履き替えて。

深夜2時50分出発。
一時間ほど仮眠をとっただけの私。

出かけ際、雷がなって。
玄関を開けると雪が少し積もっていましたよ。
目的地まで途中、山間部を抜けて約6時間。
今回は高速を使わず。

朝10時からの四十九日法要。
無事終わり、納骨式へと。
お坊さんのお経を済ませ、義母のお骨をお墓へ。
参列者が少しずつお骨を手ですくい、御先祖様が眠るその場所へ。
夫に続き私も。

何をおもったのか夫ったら、そのお骨を持った手を自分の身体に擦り付け、
「こうしたら護られる」なんて言って。
私も真似て。
その手は、無意識に肝臓あたりをまさぐってる(゚ー゚;

義母の身体の一部だったはずのそのお骨。
パウダー状の白い粉。
わずかに手に付着して。
義母のあの屈託のない笑顔が脳裏に浮かぶ。

滞りなく終えた午後1時、今夜のお宿へと車を走らす。
約3時間。
予約を入れていた、あわび山荘へ。 

ここは名前の通り「あわびづくし」を堪能できるのですね(*^¬^*)
といっても、有名な「アワビの踊焼き」などは別料金。
別にアワビさまにダンスなど踊っていただかなくとも結構なので、追加オーダーせず(;^-^)
だいたいそんな沢山いただけません。
こちらメインのお料理だけで十分お腹は満足。

おビールなども当然のごとく頂いてしまいましたので~。
そうかどうかは分からないけど。
たぶん前日、ほぼ寝ていなかったせいだと思うけど。

食事が終えるころには、意識不明。
ネオチ(;^-^)

気が付いたら朝。
不思議とちゃんと布団に入って寝ていた^^

で、ここで事件発生。
枕元にあるメガネを手にしたら、なんかヘン。
ノンフレームなんだけど、テンプル(?)部分が歪んでる。

夫、
「あ、それ、オレ踏んじゃったわ」と自首

私、その曲がったメガネを掛け、
「歪んでいな~い?」と聞いたら、

夫、
「何ともナイ!」
「アンタ、もともと歪んでいたから、逆に矯正されたわ」だって。

私の歪んだ顔に心。
このたびのメガネ踏まれ事件で、どうやら矯正された模様 (・。・)

fukushima20161029.jpg

写真上左は「あわび山荘」の夕食。
その横は向かう途中、雪模様の路面。
下左は帰路途中で入ったお店。
その横は、あわび山荘の露天風呂。
私一人の貸し切り状態だったので、iPhoneを持ち込んでパチリ^^


このたびの四十九日法要、そして納骨式。
こうして少しずつ義母との別れを完結していくのかな(゚ーÅ)
yugami1.gif
yugami2.gif
yugami3.gif
yugami4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年09月27日 (火) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


こちら札幌、肌寒さを感じて先日ついに電気ストーブのスイッチをON!
秋物バーゲンもはじまったようですね。
夫が縦ストライプの長袖シャツを購入してきて。
「バーゲンしてたから買ってきたよ」と私の手に。

見るとそれは夫の好きそうな、綿100%のカジュアルシャツ。
肌ざわりが好きだとかで。

だけど私はこの「綿100%」というのが、どうしても好きになれなくて。
だってこれって洗ったら絶対アイロンですよ~(゚ー゚;
シワシワで、手でパンパンして干してもなんかヨレ感が拭えなくて。

そんなの着せて出かけさせられないじゃない。
まるで私がアイロンがけのキライな妻みたいじゃないですか。

そうだけど(;^-^)

それにもしかしたら、
「あそこのダンナ、奥さんに逃げられてたんじゃない?」なんて思われるかも

大嫌いなアイロン掛け。
真夏なんてホント地獄。
ま、今はもう寒いぐらいだからアイロンの熱も悪くはないけれど。

そんなこんなで夫には「綿100%」禁止令をだしていて。
形態安定加工、ノーアイロンのものをと。
なのに絶対守ってくれなくて。
自分で購入する衣類はいつも100%綿のもの。

今回も私、怒ったら
「ごめん、ゴメン!」
「ホラ、ここにもゴメンネって書いてあるよ」とか言って。
そのシャツについていたタグを指で差し。

そこには確か
「綿100%」って書いてあったけど。

昭和なダジャレ好き夫。
それを
「ご綿ネ100%」って言い張るわけでして。

こうしていつも私はあやされて。
いえいえ、ダマされてしまうのです(。-_-。)

ku_iro20160920.jpg

▲先週の連休最終日、登別温泉で一泊。その帰りに寄った倶多楽湖へつづく道。
気の早い葉っぱさん、少し色づいて。

gomenne1.gif
gomenne2.gif
gomenne3.gif
gomenne4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年06月25日 (土) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


父の日だった19日の日曜日。
少し遅れてのプレゼントは

「エプロン」。

私、今年はやたらと指を怪我しちゃって。
切ったし縫ったし(゚ー゚;

更に昨日のこと。
夫の仕事を手伝っていてカッターでプチっと
前回キッチンバサミでチョッキンした左手親指。
こんどはその指、腹の部分。

でもこの度はだいぶ学習したようで(^^)大した傷でもなく。
猫だったらぺろぺろナメていたら治るレベル^^

だけどその前、2回ほどの「指切り事件」はそこそこ大変だったっけ。
痛かったし。
包帯ぐるぐるだったし。
家事、特に水仕事には支障をきたしたし……。

だから家事をするときも水仕事用の傷絆創膏で保護したり、ビニール手袋をはめたり。
でもやっぱ傷口が不安定。
そんなわけで見かねた夫が茶碗とかを洗ってくれて。

で、いう訳。
俺って、こうやってせっせせっせと茶碗洗ったりコップ洗ったり。
まるで

『アライグマだわ~』と(;^-^)

キッチンシンクで背を丸め洗い物をしている夫。
その後ろ姿。
なんだかアライグマの後ろ姿とオーバーラップ^^
あのシマシマのしっぽが見えた気がしたのは、寝ぼけていたせい?

父の日。
だから「エプロン」。
夫に。
家事専用の。
食器洗用の (o^―^o)

でもそれだけじゃなくて本当をいうと「食べこぼし用のエプロン」。
も、ひどく食べこぼす人だから。
ソースとかケチャップなんか、おもいっきり胸元に飛ばすし。
アレ、シミになって洗ってもよく落ないのね。

いっそのこと赤ちゃん用の「ケロケロエプロン」。
あれしてくれたら助かるんだけど(;^-^)

kero_m20160625.jpg

▲こちら左写真は娘からの父の日プレゼント「大人の鉛筆」。 右のケロちゃんはお借りした写真^^


araiguma1.gif
araiguma2.gif
araiguma3.gif
araiguma4.gif



只今、営んでいる会社の決算期で忙殺中。
例によってサボっていたツケがきて、会計ソフトとにらめっこ。

第三者の厳しい目でしっかりと調べていただく準備中。
税理士先生さまに。

そんなわけで取り調べ中につき(^^)今回はコメント欄クローズさせていただきましたm(u_u)m

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年05月19日 (木) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


本日は札幌も初夏を思わせる良いお天気^^
ここのところずっと仕事が忙しくて、ゆっくりと休む暇もなかった夫。
事務所から戻り、昼食をとってソファーにもたれていると思っていたら……。
なにやらウトウトと~Zzz

20分程度の昼寝はとても有効とのこと。
疲労の回復、午後からの仕事の効率UP、ストレス解消、仕事の仕切り直し、そして右脳の働きも活発になりアイディアも湧いてくるとか。

だから私、夫をそのまま休ませてあげようと。
しばしの休憩・お昼寝タイム。

テレビのスイッチを切りそぉっと~(゚ー゚*)
スイッチを切ったところで夫が
「つけておいて、テレビ」と。

わたし、
「だって観てないよ、私も」

と言っても夫は、テレビの音がかすかに聞こえている中で微睡むのが心地いいと。

テレビの音。
ラジオの音。
茶碗を洗う音。
掃除機をかける音。
洗濯機を回す音。
料理の音。
まな板の上でトントンする音。

どうもそれらが夫にとっては「子守唄」。

夫が昼寝をしだしたら私、できるだけ音を潜めその間は静かに休ませてあげようなんて気遣いしていたんだけど。
それは夫には当てはまらないみたい。

だから今日は
「じゃ、うるさくガンガン洗濯機回してガチャガチャ茶碗洗うからね~」と私。

そうしたら夫ったら
「アンタそんなこと言って、録音(家事の音を)したのを聴かせるんじゃないの~?」
だって(;^-^)

そうだ!
その手は使えるわ。
今度録音しておかなきゃ^^
で、寝かしつけて、お出かけね~(o^―^o)

tulip20160519.jpg
▲庭のチューリップ

komori1.gif
komori2.gif
komori3.gif
komori4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村



2016年05月11日 (水) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


GWは無事終わって。
というか我家の場合はとっくに終わっていて。
そう4月末の29・30日で終了を告げたのです。
時間でいうと26時間17分。

出かけてから帰宅するまで。
短いみじかい温泉一泊の旅。
しかも温泉地に宿泊するというのに、なんとビジネスホテル(゚ー゚;

だってそこしかとれなかったんですね。
いつもどおり。
押し迫ってからのホテル探し。
じゃらん巡り。

やっとゲットできたところは某大手温泉ホテルの真向かい。
その系列にあるビジネスホテル。
ちなみに登別温泉。

料金に糸目をつけなきゃ、そりゃとれたことでしょう。
でもGWだからといって一気にお値段跳ね上がっちゃうのにはうなずけなくて。
貧乏人。
貧乏性。
もう、病的ビンボー人~(゚ー゚*)

で、高速乗って2時間ちょっと。
途中、ハイウエイオアシスで遅めのランチを含んで。

まあまあのホテル。
温泉はすぐ向かい大手温泉ホテルの施設に入り放題^^
うん、満足まんぞく(*^~^*)
その豊富な硫黄泉が心も身体も癒してくれる。

夕食は宿泊ホテルでのバイキング。
こじんまりしたレストラン。
品数こそ多すぎはしなかったけれど。
そのどれもが丁寧な作り。
一つひとつのお味も良くて(*^¬^*)

朝食のバイキングも美味しくいただき、やはり向かい温泉ホテルの湯船につかって。
あっという間に、もう帰る時間。
午後から仕事の打ち合わせが入ってしまって。
高速に乗って帰宅の途へと。
しめて26時間17分の旅。
我家のGWが終わりを告げたのでした。

noboribetsu_s20160430.jpg

写真は泊まったホテル、すぐ横にあった泉源公園の間欠泉。

こちらに一歩足を踏み入れたら何やらお金があちこちに~。
誰か落としたのかなと思ったけれど。
どうやらこれはお賽銭の意味のようですね。

隣にいた小学生ぐらいの兄弟。
この小銭、ポケットインしちゃってましたね~(゚ー゚;

ramen_s20160430.jpg

▲こちらの写真は休み中食べに入ったラーメン店でのこと。
 麺を箸で持とうとしたらなんかヘン、動かない!
 よく見たら上にのっていたネギの輪に、みごと箸がハマって~。
 カロリーオーバーで食べっるなってことかな^^

ところでGWも最終日の8日夜。
又しても事件が。

常食しているブロッコリースプラウト。
スルフォラファンが含まれているという。

根の部分をキッチンバサミで切ろうとしていて。
指の方を切っちゃった!
チョキンっていい音して(;^-^)

この度の凶器は、ハサミ。
もう5年も前、100円均一で購入したもの。
よく切れるんだから~

kusatohasami.jpg

わっ、イタっ!
と悲鳴あげて。

今度は親指。
第一関節の甲側。
2か月前に包丁で切って外科で縫う羽目になった指の隣。

なんか懲りないですね、私
慣れたもんで平然と~~~。
というわけなど全然なく、大騒ぎ。
ちょうど娘が帰ってきたので傷をみてもらう。

病院へ行くほどでも、ましてや縫うほどではない感じ。
自分でも。

で、ラップを用いての湿潤療法を試みることに。

傷を水道水できれいに洗って、あとは傷を乾かさないように台所用のラップで被って。
ラップは傷の大きさより少し大きめに切り、そこへ白色ワセリンを多めに塗って傷へ貼り付けて。
端をテープで止め。
あとは毎日傷とその周りを水洗いしてラップの交換とのこと。

市販されている「キズパワーパッド」がちょうど同じ原理。
次の日こちらを購入して今はこれを使用。
良い感じに痛みもなく治ってきている模様。

でも親指でちょうど曲がるところなので曲げるとまだ
「ギャ~ッ!」ってことに(。>﹏<。)

こちら湿潤療法の詳しい説明はこちらに
http://www.sakae-clinic.com/wound/p01.html

http://www.topathlete.co.jp/blog/2011/06/post-89-99719.html

http://homepage2.nifty.com/treknz/wound_care.html

刺創、深い切創、異物の混入、組織の大きな挫滅があれば、すみやかに専門医療機関をとのことのようですね。
又、こちら湿潤療法をしていて化膿したり、痛みがあるような場合も迷わず医療機関受診ですね。

remanyan160505.jpg
こちらはokokkeitarouさんから頂いてきたイラスト。
「まじょかふぇ」の登場人物の一人に私と思われるキャラ。
その「猫耳」バージョン。
とぉ~い昔、こんなお猫だったことがあったかも~(=^・^=)

kizuni1.gif
kizuni2.gif
kizuni3.gif
kizuni4.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村