FC2ブログ
2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
| Login |
2013年11月07日 (木) | 編集 |
さっきネットで、

「C型慢性肝炎に対する経口薬のみによる治療薬を世界に先駆けて日本にて承認申請」
という記事を目にしました。

これってもしや、待ちに待ったBMS社の経口二剤?
ついに承認申請されたのー?
わ~い(^o^)/

ついに、ついに!
待ってたかいがーーー(^-^)

でも、認可されるのはいつ?
実際、治療にはいれるのはいつから?

私はC型肝炎が発覚してからというもの、機会あるごとに肝炎公開講座等には極力出向いている。
で、その後の医療相談等もセカンドオピニオンを兼ね参加することも。

ほとんど経口2剤に関しては、まだ数年先などとにごされる。
ただ、この夏参加したフォーラムは主催がBMS社だったせいか、かなり興味深い内容だった。

経口2剤はこのままいくと来年2014年5月以降、治療は可能になると。
それを聞き私は、
「実際のところは、何月ですか?」と問う。
(さすがオバさん、押しが強い^^;)

先生が、
「我々もそれは、わからないんですよ、今のところ来春以降としか…」

そこに居たのは私を含め、この時の講師の先生とBMS社の数人。

で、先生。
「患者さんもこういってるんだから教えてくださいよ」と。

その時振り向くと、後列に居たBMS社の方が「指を7本」突き出したのを目撃。

「7月なんですね」と先生。

私はこれを機に、「ウツ気味」だった自分に決別できた。
前向きになれた!
やっと、本当の意味でC型肝炎という病気を受け入れることができ、「立ち向かおう!」という気になれた。

たとえそれがリップサービスだったとしても、これから先何らかの支障があったとしても。
自分にとっては、何よりの薬だった。

早く、現実になってくれないかなぁ(^-^)

↓ こちらにも詳細が
ブリストル・マイヤーズ株式会社

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト