FC2ブログ
2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
| Login |
2013年11月12日 (火) | 編集 |
昨日は定期受診日。

今回は8ケ月ぶりのエコー検査付((>д<))
半年ごとにと言われていたけれど。
先月・先々月と、どうやら忘れていたようですよ。先生。
(もっともっと忘れていても、よかったんですけどーf^_^;)

で、例によって冷凍サンマに変身なんですよね。

でも2回目ともなると、かなりの余裕。
ベッドに寝そべり呼吸法を施しながらも、目はエコーモニターへ。
見たって全然わかりませんがー
あのモノクロ画面、いったいどーやって分かるんでしょうね。

同じところ、胃のあたりを何度もプローブが行き交う。
「えっ、そこに何かあるの? あってはいけないものなどがー(@_@)」とか、
「く、黒いものが見えたよ、真ん中あたりに(*_*) それは何?」

「む、ダメだ、今日は変身術がアマイ!」
「こんなんじゃ、冷凍が溶けてしまう!」

そうなんです、今回は上手に変身ができなかったようです

エコーで使う程よく暖めらられたゼリーが、心地よく感じるうちに検査は終了。
女性エコー技師さんなのも、ありがたい。

「何か悪いものありました?」とか、
「前回より、症状進んでいます?」
との質問にも、丁寧に答えてくれた。
(もちろん詳しくは先生へとのことですが)
暖かいおしぼりと、乾いたタオルで付着したゼリーを拭いてくださる。

なんだか、エステな気分のわたしo(^-^)o

後ほど先生より、結果は問題ないとv(^-^)v
むしろ、前回よりも状態がよくなったと。
これって、プラセンタ効果かな?

だけど、血液検査にはちっとも反映してくれない。
そう、またしても肝数値は異常値へ
主治医は、
「少し上昇気味だけど、様子をみていきましょう」とのこと。
良かったー、インターフェロンはしたくないもの。

あ、やっぱ「経口2剤」のこと、聞けなかった!
エコーの検査結果を聞くのがやっとでした。
(変身術で、すっかりエネルギーを消耗してしまいました~

それにとても人気のある先生なので、外来も混んでいて……。
一人にあまり時間をかけられないでしょう。



ここ札幌は、もう雪景色。
雪だるまなんか、つくってみました(^o^)/

雪だるま



又しても、赤点だらけの血液検査結果表(ー_ー)!!
ketsueki_s_131111.gif
にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト