FC2ブログ
2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
| Login |
2015年09月08日 (火) | 編集 |
*ヘタヘタ漫画も書いたので見てね~(最後のほう)


ハーボニー肝炎助成、北海道はまだのようですね。
先週末、道の担当の方に電話でお聞きしたところ、厚生労働省より通達がきていないのでまだ申請はできないと。
「国より正式な通達が来てはじめてWebに掲載でき、実際に助成が始まるのは10月頃からになるでしょう」とのことでした。
「他県では申請が出来るところもあり、Web上に掲載されていますが…」と伺ったところ
逆に「HPに掲載されているのはどの県でどの辺に出ていますか?」と質問されてしまいました。
ソホスブビルがWebにUPされたのは6月23日。5月25日の発売から約一月後。
ハーボニーは9月1日の発売なので10月1日には掲載されるでしょうか。
一日でも早く周知して頂きたいこと、そして助成申請の受付がはじまりますようにとお願いし電話を切りました。
気がついたら電話の前で深々と頭を下げていました(゚ー゚;
私自身は限度額適用認定証を使っての治療をと思っていますが、助成の開始は早いに越したことはありません。

お仲間の、とらちゃんが「ハーボニー肝炎助成、都道府県別の状況(9/6 10:00 現在)」として都道府県の対応状況をUPされていました。
またmiyaさんも「ハーボニー助成要項が、まだ発表されていない地域にお住まい方へ」を綴られています。

ところで先月末の通院日のことですが……。

これは夢。
きっと悪夢。
頬を抓ったらきっと目覚めるはず。
なのに目は覚めるはずもなく、間違えて乗ってしまった列車は警笛をならし目的地とは違う町へ。
プラットフォームに残された私。
幸い誰もこのアホなことをしたオバさんに気付いてはいない(ハズ)──。


『午前中は急用が入り込、あちこちへ移動。
バタバタと過ごし、時間ギリギリに病院へ駆け込む』

先月末のこちらブログで、いかにも急な仕事でも入ったかのような書き方をしてしまったのですが。
実はですね~。

病院へ行く列車を乗り間違えちゃったんですね(゚ー゚;

いつもは夫の車で助手席の人。
決して自分で運転しようなどとは思うはずもなく。
でも夫はその日、外せない用事がありそこへ急行。
そう、急用だったのは夫の方で私ではなかったのですね。

従って私、娘に乗る列車の時刻などを調べてもらって(ものぐさ^^)
で、乗り場は何番ホームかを聞くと
「その時間の案内板に書いてあるから」と。

で、当日。
JR駅に着き、案内板を見ると教えられた時間に微妙なズレが。
でもま、
「きっとこれね~♪」
なぁんて迷うことなくそれに飛び乗る。
時間が迫っていて発車寸前!

そこへ行き先のアナウンス。
えっ!
反対方向じゃん!
こ、これはマズイ!
と、飛び降り反対側の列車が入ってきたので行き先を見る。

これぞ目指す列車!
今度こその気持ちでやはり飛び乗る。
これって
「間違えて反対方面に乗ってしまいました~」
「なのでクルット向きを変えて、反対方向の列車に乗り換えしました~」
などとおバカな人の見本みたいな行動ですよね~

ま、とにかく乗った。
これで病院着けるはず。
やれやれと一息。

すると何やら不穏な空気が漂って……。
「も、もしや~!?」
と思ったときには、時すでに遅し。

目的地、病院のある駅。
つ・う・か

あろうことか、通過してしまったんですね~( p_q)
これって快速、特急列車~!?
停まらなかったのです、その駅では。
無残なことに隣町、となりの駅まで行ってしまいました~。

しょうがないから速やかに降り、改札口のお兄さんに訳を話し切符に何かを記され目的の駅につく列車を教えてもらいそれに乗る。

そういえば10年くらい前もこんなことがあったっけ。
友人と札幌駅周辺で待ち合わせ、これだ~と思う列車に飛び乗る。
やはり時間ギリギリ。
すぐ前、一緒に駆けっていた人もその列車に飛び乗る。
なんだか知らないけど私もつられて。

で、ふと、窓の外に目をやると「トンネル」が見えて来るではありませんか!
鈍感な私でも「アレッ!?」と思い窓の外を凝視。
すると今度は海が見えてきた~
こ、これはれは違う!
札幌までの間にトンネルも海もなかったはず。

次の駅で降車し、改札口で訳を話そうと。
しかし、友人との待ち合わせの時間が迫ってきている。
私はくるっと向きを変え反対側のホームへと。
決して改札口を通ることなく札幌方面行きの列車が来るホームへ。

いかにも「あの人、間違えたんだ~! 間違えて乗っちゃったからクルット向きを変えて反対の列車に乗ったんだ~」という人々の視線を感じつつ。
そしてその「間違えて乗っちゃった~」な人を滞りなく演じるのでした。

あれから10年。
話は戻って。
さすがに人々の視線はさほど気にもならなくなり、ずうずうしいオバさんと化した私。
とにかく予約時間に間に合わせたかった。
親切なお兄さんに教えてもらえて良かった~^^
まもなく目的の駅。

で降車後、私は走った!
病院まで約5分、信号待ちも入れて。
到着後素早く自動受付機に診察券を入れ受付表を持ち消化器外来受付へ。
ここで診察券を出すよう言われ、持っていないことに気付く。
バックの中をさがすものの見つからず。
もしやと思い先程入れた自動受付機へ駆ける。
機械がパクパク点滅して私の診察券を吐き出しているではありませんかσ(^_^;)
速やかに抜き取り再度消化器外来受付へ。

まもなく呼ばれ採血室へと。
こんな走りづめ、焦りづめの後だもの。
検査数値、肝数値悪くもなっちゃうよね。
ということにしておきます~^^

これって認知症の始まり?
徘徊の練習しちゃったの~?
norimatige1.gif
norimatige2.gif
norimatige3.gif
norimatige4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト