FC2ブログ
2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
| Login |
2015年12月18日 (金) | 編集 |
*ハーボニー服薬は9/12より12月4日で終了*漫画もあるので見てね~^^


目が合った。
「ヤバイ! 見つかってしまった!」
俺はとっさに逃げた。

社会人であるはずの俺。
大の大人の俺が。
真昼間からこんな姿を見られてはマズイのだ。

いつだって品行方正な善人。
けっして人様に咎められるようなことなどせず突っ走ってきたじゃないか。
伴侶と巡り合い、子供に恵まれ、小さいとはいえ会社を興し、なんとかやり繰りしてきたこの俺。

それなのにこの有様といったら……。
俺は身を隠しながら、今しがたの出来事を思い反芻した。

それはまるで子供のするような、赤面に匹敵する行い。
そう、そこらのガキ、いや、今や子供だってこんなことをしないだろう。
まるで野良猫が柱に背中を任せ、スリスリしているような……。

  ………………………………………………………………

と、これはつい先だってのこと。
所用があり夫と二人で役所に出向いての出来事。

防寒着にに身を包んだ夫。
役所・施設の中は酷く空気が乾燥していて。

事件はその時発生。

ピリピリとした痒みが夫の背中を走る。
それはピリピリからビリビリ・ジクジクへと変わった。
その瞬間だった。
夫は耐えられなくなったようで、事も有ろうにすぐそばにあった柱に背中を押し付け
「ゴリゴリ」と(゚ー゚;

とその時、カウンターの向こう側で事務をとっていた女性職員さん。
夫は、はからずもその彼女と目が合ったそうな(;^_^A
唖然とした顔の職員さん。 
「不審者発見!」と思ったかどうかは定かではないけれど。

夫はまるで子供が悪さをして咎められた時のように
「見つかっちゃったわ^^」と私にσ(^_^;)

私、他人を装うかと思ったけど。
ひとまず一緒にその場を退散(;^-^)

もう、ホント、子供みたいなんだから。
傍目というものを気にしなさすぎ。
本能のまま行動することが多すぎ

この人、どうも背中に手が届かないようで。
身体が硬いみたい。
私なんか両手、かるく背中に回して握手できるんだけど。

自宅で痒くなったときは私が、思いっきりバリバリしてやって。
夫の背中。
そう、まるで猫の爪とぎのように。
ストレス発散!

この時とばかりに爪、立てて。
もしかしたら「ニャ~ッ」なんていってるかも(=^・^=)



ハーボニー服薬中、特に中盤まではこの乾燥を感じましたよ。
目に鼻に、そして顔や身体中の皮膚に。
両足も引っかき傷ができるほど掻き壊して。
アトピー体質の私。
現在は消え去ったので、これも軽めの副作用だったかもと今となっては思っています。

surisuri1.gif
surisuri2.gif
surisuri3.gif
surisuri4.gif


にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト