FC2ブログ
2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018年09月13日 (木) | 編集 |
又してもご無沙汰なブログになってしまいましたが……。
書き溜めていたことを備忘録として。

***  ***  ***

生業としている家業。
夫と二人で細々と。
今年もやってきたのです、その決算期。
といってもこれは6月末のことですが。

今までは税理士さんにお任せ。
だけど昨年、あんなことがあったから。 
今年からは、私が一人で申告まですることに。

昨年は売上などに二重計上が見つかり、「更正の請求書」を提出て。
その他にも多々、間違いがあり今年はその修正に手間取りましたよ。

会計簿入力はPCでつけてはいたけれど。
あとは税理士さん任せ。
毎年その会計簿を修正し、次年度更新も滞りなく行っていてくれたはず。
と信じていたけれど~。
これが全然で、私がつけた会計データを税理士さん御用達アプリに落とし込んでいただけだと確認。
昨年なんかこの私のつけたデータをインポート時に、社員さん二人がかりでやったようで一部が二重計上になったもよう。

したがって紙で出力された「確定申告書」や「総勘定元帳」は私のPC会計簿とはかなりズレこんでいて。

そのデータを合わせるのに一苦労。
も、12年前の初年度にさかのぼっての数字合わせ。

頚椎ヘルニアであまりPCの前には向かえず、取り掛かったのは今年3月から。
決算締切日の6月末のギリギリまで費やして。

12年前義兄が亡くなり、夫へと受け継いだ今の会社。
その時、前任の会計士さんより
「法人として会計簿をつけるなら複式簿記なので、簿記2級は必須!」といわれたっけ。
だけど「簿記3級」の入門書を買って関係のあるところのみを、お勉強。
それでも会計ソフトがちゃんと誘導してくれるから。
なんとかなっていて。
そんな事もすっかり忘れていて。

この度はそのマニュアル本を引っ張り出して、さらにネットで検索しまくり。
簿記とは~からはじまり、仕分けの基礎。
試算表から財務諸表、そして決算まで等など。

数字に弱い私の頭はパニックしまくり(;^-^A

調子よく打ち込んでいけたと思いきや、???なことに遭遇。
昨年度のデータを開いては納得できず、更にその前年度のデータを凝視。
だけど
「それはその科目じゃないでしょ、間違っていない?」てなことで、更にその前年度へ。
PCデータだけじゃ頼りなく、出力された総勘定元帳や決算書。
それらともにらめっこ。
12年分。

そうしているうちにそこで、新たなミスを発見してしまったり。
で、「これは違うわ」ということで、会計・経理・税務関係のネットをあちこち徘徊。
するとそこで目にした単語、
「む、む、む、これは何ぞや?」ということになってしまって。

したがってその「何ぞや?」を検索。
「う~む、そういうことか、、、、」なんて感心する間もなく、またそこで未知なるワードが飛び込んでくるの。

そのうち何を知りたかったのか、なにを検索していたのかがわからなくなり……。

「ここはどこ? 私は誰 (o゜ー゜o)?? 」となってしまうのです。

そう、これはあの時に似ているかも。


あれは20年位前だったかなぁ。
(ここからは20年前にワープ)
娘も小学校高学年になろうとしていたころ。

そろそろパートにでも出ようかしらと。
幸い貧乏なので、夫は反対する由もなく。

結婚するまではデザイン関係の仕事に従事。
それを活かすといっても、10年位上のブランクが。
それにアナログ世代の私。
世はデジタル、パソコンへと移り変わっていて。

パソコンなど触ったこともなければ、もちろん所有しているはずもなく。
そんなときに飛び込んできたのは「市(札幌市)のボランティア募集記事」。

ある部門のWeb制作や情報誌制作、啓発活動とのこと。
PCスキルは必須ではなく、教えてくれると。
ましてや有償ボランティアなので、お小遣いまで貰えそう(*^-^*)

ということで早速応募。
なんとか採用にこぎつけ、ちゃっかりとPCの基礎からお勉強。
でもこれがWinだったのね。
当時はちょうどwindows98に移ろうかというあたり。

「デザイン業界はMac」というのを耳にしていたので、そっちが気になって。
そこで私は、電話帳「タウンページ」(当時はまだWebで発信している会社は少なくて)から、興味ありのデザイン会社を数件ピックアップ。
そこへ履歴書と作品コピーを送りつけて。
社員募集などもしていないのに。

条件は週2日、4時間程度お邪魔させてほしいと。
もちろん無給で結構だし、お手伝いできるところはさせてほしい旨記載し。
ただし、Macに関しては全く触ったことがないので、電源を入れることもできませんと断り書き。

本当に今思うと、なんて図々しいことを~ (u_u*) 

後ろ向き人間のはずの私。
だけど時々、ポジティブモードのスイッチが入るらしくて。
きっと誤作動ね。

それでもってその履歴書等を郵送して、間もなく電話が。
「現在は募集をしていませんが、その時は連絡をいたします」とか、
「単発の仕事が発生した時は」とか、ご丁寧に連絡が。

そのうちの一社は、私の要求を受け入れてくれて。
バブル時期も終わっていたはずなのに、まだそういうゆとりがあったのね。
あの頃は。
で、通うことに。

教えていただきましたよ。
Macの電源入れるところからはじまって、起動、そしてソフトの選択。
ツールの使い方等など。
でも当然忙しいので数時間で終わり。
マニュアル本をポンと渡され、あとは自力で覚えるのみ。

忙しい中、受け入れてくださって。
本当なら高額な授業料発生なはず。

だから出来ることは必死でお手伝い。
下手なイラスト書いたり、印刷物のレイアウトをしたり。

こうして市のボランティアを週2日、デザイン会社へもやはり週2日程通っての同時進行。

そうこうしているうちに、我が家にもパソコンが。
やってきたのは、Power Mac G3。

Winも欲しかったけれど経済的にムリなので。
MacにバーチャルでWinを走らせることのできるタイプ。

そうして昼夜迷走していたのですよ。
???の連続。
もう分からないことだらけで。

そう、

A あることを調べたくてマニュアル本を見る。

B そこを調べていると更に分からないことに出くわす。そして夜になる。

C しょうがないからその出くわしたところを探してそこを調べる。

D そうしたらまたそこで???な部分が発生! 徹夜になって朝が来る。

E 今、私はMacにいるの? それともWinだったっけ?

F そんな迷子状態でいると友人から電話が。もうお昼だよ。 
 「ランチ行こうよ」とか。

最初は断るけど、「デザート無料券あるからさー」なんて誘惑され。
「無料」というワードにめっぽう弱い私は出向いてしまう。

で、家に戻り
「どこまでいったっけ?」となり、分からなくなってまた最初からやるわけ。

そうして上記にあげた「A~E」時々「F」をも含め徘徊。

その果に、
「ここはどこ? 私は誰? (o゜ー゜o)??」をループするのです。

だけどそんなこんなのはてに、何とかMacを使えるようになってデザイン関係のお仕事GET!


この話はさておいて、再び現在へワープ。
そしてこの度の迷走ループ現象。

今回の決算書提出に当たり、この
「ここはどこ? 私は誰?」のループ、「確定申告バージョン」を延々とめぐることに。

だから今年3月から7月にかけては酷く忙しく消耗しましたよ。
散々迷って考え込んで、どうにか今季の決算申告書を期限内におさめられて。

導入していた会計ソフトも消費税が対応しなくなっていたので一新して。
「弥生会計18」と「会計王19」でどちらにするか悩んだけれど。
「AI自動仕訳」というのが気に入って会計王に。

ただ、法人の場合はどちらのソフトも決算報告書はできても、確定申告書までは対応していないとのこと。

そこでフリーソフトの「法人税申告お助けくん」を使用してみることに。

ただし無料版は、書類の印刷時に無料版用の文字列が印刷されるので税務署への提出はそれを見本として手書きするとのこと。

その点、弥生会計の場合は同じくフリーソフトの「楽々法人税」というのがあり、これはそのまま出力にまで対応しこちらのほうが難易度が低そう。
弥生会計にしたほうが良かったかも。

取り敢えず一年目は無料で次年度からは年額10,800円(税込)とのこと。

でも会計王にしちゃったし。

そうそう、肝心なこと。

今年もまたギリギリに税務署へ。
で、決算報告書や総勘定元帳を確認していただく。
そして職員さんの指導ももと「確定申告書」を手書きで。

と、ここで又しても昨年と同じミス。 
「確定申告書」と書いてと言われたのに~、、、
「確定」の漢字が書けなかったのですよ~!
不覚にも二年連続。

で、「あら、ド忘れですか~」と昨年とはまたちがう職員のお兄さん。
そして私は言うのです。

「いえ、いえ、ド忘れとかじゃなくって、最初から知りませんでした~」なんて(;^-^A
更に今年は
「これ昨年も言ったんですよね~」
「だけどこの言った言葉は忘れなかったけれど、『確定』という漢字そのものを忘れちゃった」と。

今年のお兄さんは
「大丈夫ですよ、生まれた時はみな知らなかったのですから」なんて、やはり優しいわ~(*^-^*)

というわけで今年も昨年同様
「税務署に入って」きました。
入られたのではなくて(^o^;)

来年は絶対『確定』の二文字、漢字で書かなくちゃ。
「忘れないよう毎日練習だわ^^」と、心に誓うのです。
kakuteisinkoku_s2018.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。