FC2ブログ
2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018年09月13日 (木) | 編集 |
昨年、いえ正確に言うと2015年夏頃より症状がでていた頚椎ヘルニア。
昨年2月、あのキョーフ(閉所恐怖症)のMRI検査を受けて。
で、立派な頚椎ヘルニアだと診断され整形外科へ通う日々。
ほぼ1年数ヶ月あまりのリハビリ。
7月末でどうにか卒業しましたよ。

今年のはじめ頃までは、痛みや痺れとの戦いでどうなることかと…。
PCからもできるだけ遠ざかり、頚椎に負担のかからない生活へと。
真面目にリハビリにも励みましたよ。

私の身体を知り尽くした(^^)理学療法士のお兄さん。
そのお兄さんに言わせると
「〇〇さん(私のこと)は筋肉も柔らかいし柔軟に体も動くのに、むしろ柔軟すぎるのに…」
「悪い部分、肩甲骨の一部分が酷く硬くなっていて」
「そこをリハビリしたいのに、その上下左右の筋肉で補ってしまっていて…」
「結局硬い部分がいつまでたっても柔らかくならず、揉みほぐすのにも手が入らない」と言われ。

そこで、肩甲骨の凝りをとる一人で出来る方法を伝授され。

●家の柱など角を利用し、そこへ背中を押付「ゴリゴリ」する方法。
 (下記イラスト参照)
kabegori2018.gif

この方法を施してみるとこれが実に気持ちよくて。
肩甲骨の凝り、肩の凝りや首の痛みも痺れも軽減。

壁の角を利用して背中をゴリゴリだなんて。
もうまるで、お猫になってしまった気分だけれど(=^・^=)

それをするようになってから、みるみる快復へと。
で、めでたく卒業しましたよ~^^

週1回のリハビリ通院。
結構時間が取られ、煩わしくも感じていたけれど。

理学療法士のお兄さん、元気かなぁ^^

にほんブログ村 病気ブログ 頚椎症へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。