FC2ブログ
2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2018年11月08日 (木) | 編集 |
愛用していたWinPC。
Win7だったのを数年前Win10に、UG。
何度もせかされて、しょうがなく。
でも、UGしてからというもの不具合だらけ。

年に2度の大型アップデート後はもうホント瀕死状態。
その後の定期更新の度にフリーズ。
そして超スローな動きに。

どうやら私のPC、Win10には対応していなかった模様。
で、今年9月の第3週を過ぎたころついにダウン。
例によって更新プログラムがインストールされ、それを追従するようにセキュリティソフトのカスペルスキーがあとを追う。
いつものパターン。
ここでなんとかメンテナンスを施し、使用可な状態に持っていくのだけれど。
今度ばかりはダメ。
もう、起動もせず。

備え付けのマニュアルを見ては、BIOSから立ち上げて復旧を試みたりBUを取ろうとしても最後まで行ってはくれず。

あれこれやってはみるものの。
もう無理かなという感じ。

隣に置いてあるMacから「Google先生」に助けを求め^^

まさかこんなことになるなんて思ってもみなかったので、バックアップもとっておらず。
さらにはPC購入初期に作成すべきとされていた「リカバリーディスク」も作っていなかったし。

結局Google先生のお導きのもと、ネットより「Ubuntu」をDL。

そしてDVDに書き込んで。
それを瀕死状態のPCに入れ、そこから起動。
それで何とかデータのBUをとることに成功。
だけどこれ、3日程かかりましたよ。
なにせ超スローモー。
止まってしまったんじゃないかと思うほど。
途中でお墓参りで2日程留守している間も稼働させ。
帰宅後ようやくBUがとれていたという次第。

Ubuntu。
なんて賢いの。
もうWinに頼らなくてもいいんじゃないのー。
これでネットも見られるし、メールだって文章だって作成できるもの。
この瀕死PCにインストールしちゃって、使い続けちゃおうかしらなんて思ったけれど。

Ubuntu先生よりお告げが。
「まもなくHDDが壊れるでしょう」と。

それで諦めましたよ。

一縷の望みで、PC購入先のNECカスタマーにお伺い。
「トラブル回避の方法はもうすでに全て試されているようなので、後はもうこちらへ送ってもらっての修理しか…」とのこと。
もちろん有料。

とりあえず来年2月までは部品はあるとのこと。

でもね~。
購入したのは2012年11月。
修理代金のことを考えたら新たに購入したほうが良さそう。

で、新しいPCが我が家へ^^
DELL。
Core i7 8565U・8GBメモリ・128GB SSD+1TB HDD。

なんとも快適。
SSDで早い!

そこで、ふと思ったのですよ。
壊れたPC。

あれもこのDELLのPCとスペック的にはほぼ同じ。
むしろドライブはブルーレイだし。
第三世代の i7 だけど。

なんだかもったいないのと、ダメもとという気持ちで。
壊れたHDDをSSDに換装してみようかと。
自分で。

BIOSやUbuntu DVDからは立ち上げられるのだから。
きっとマザーボードとかは生きているんじゃないかと。
そんなことをGoogle先生も言ってたし。

それでAmazonより
*AEGO 2.5インチ内蔵SSD 240GB ソリッドステートドライブ ノートパソコンデスクトップパソコン対応SATAデータケーブル付き5年保証付き(240GB SSD)  ¥4,995

*ORICO 2.5インチ HDDケース USB3.0 SSDケース SATA3.0 ハードディスク ケース UASP対応 5Gbps高速 9.5mm / 7mm 厚両対応 2TBまで 工具不要 指紋防ぐ¥ 899

*玄人志向 7mm → 9.5mm厚に変換 2.5インチHDD/SSDスペーサー KRSP-795  ¥ 322

ssd20181108.jpg

▲これ

それと
*リカバリディスク ¥2,140
これはメーカー購入だと¥ 12,960みたい。PC購入時に作成しておくべきだった~。

全部合わせても8,356円(税込)。

捨てるはずの壊れたPCだけど、これで息を吹き返してくれたなら儲けもの。
ダメでもSSDに関しては240GBの外付けとして使えるし。
そんな軽い気持ちで取り付けてみましたよ。

いろいろなサイトでHDDからSSDに交換・換装をレクチャーしているのでそれを見つつ。
取り付けそのものはとっても簡単。

リカバリーディスクでOSも問題なく。
ここでWin10にしようかWin7のままにしておくべきか迷ったのだけど。
でもWin7は2020年1月にサポートが終了とのこと。
このPCは対応外でまた不具合だらけのリスクを抱えていることは承知でWin10にUG。

でもこれもあっさりと問題なく進んで。
PC購入時に同梱されていたOffice アプリ等もインストール。
メーラーとして使用していたOutlookも、なんとかBUが取れていたのでそこより復元。

そして、いったい何だったの? と思えるほど快適な使い心地。
起動時間などは新規購入のPCより早くなってしまって。
SSDって噂には聞いていたけれど、ホント早いのね。

と、ここまでは問題なく進んでいたのだけれど。

気がかりだったアプリ。
Adobe CS6 、
Design & Web Premium。

Win版はダウンロードでインストールしたもの。
AdobeのsightでDLしようかと行ってはみたけれど。
ログインできず。

パスワードはメモしていたけれど、IDはその当時のメアド。
これはスパムメールだらけで変更してしまって。
変更依頼をしたくてもとりあえずはログインしなきゃダメみたいで。
結局アドビカスタマーサポートにて何とかなって。

それでようやくログイン。
いざCS6をDLしようとメモに残していたシリアルを挿入するとハネられて。
何度しても同じ。

結局またしてもアドビカスタマーサポートへ泣きついて。
シリアル自体は有効な番号とのこと。

で、教えられた下記URL記載事項を忠実になぞって。

https://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/kb/cq08202314.html
だけどシリアル入力の時点でまたしても

「有効なシリアルではありあません」とな。

ほとほと困り果てDVDで購入していたMac版CS6を眺めていたら、ケースの奥から紙片が。
なにやら数字のメモ書きが……。

「ん? これって何のメモ~?」
「え~っ!? もしやこれがWin版のシリアル~?」

そうなのでした。
思い出しましたよ。
これがWinDL版CS6のシリアル!

ということは~?
何度もなんども入力してはハネられたシリアルは……

あれは、Mac版のシリアル~~~~(゚□゚;)

やってしまったのです。
なんて、おバカな私!

あれじゃ通るはずなどありませんわ。

何やってんだ!
何やってんだー!
何やってんのー、私!

もっ、バカ! ばか! BAKA! 馬鹿~っ!!!

おバカなのは分かってはいたけれど…
こんなにホントにお馬鹿だったとは~💦

お世話をおかけしました。
Adobeカスタマーチャット担当のWさん、Sさん。
親身に何度もお付き合いくださいまして。

ここでこっそりと自白です。
関係者の方はけっしてこちらブログなどには、お越しにならないから安心して~σ(^_^;)

ということで復活したWinPC。
いつまでもつかはわからないけれど、BUは常にとらなきゃ。
それとクローンも作成しておきましょ。

こんなに快適になるなら、もっと早くにSSDにしておけばよかった。
それにしてもSSDってすごい。
事務所で使っているPCやMacにも入れちゃおうかな。

でもでも、一番入れ込みたいのは
鈍りすぎたこの、私の頭~(^o^;)
neko_ssd20181108.gif

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。