FC2ブログ
2012年冬、人間ドックにて、「C型肝炎」が発覚。 2015年9月よりハーボニーにてウイルス検出せずになり、著効。 日々のダメぶり記録に終始してしまいそうなブログです。 いつの日か、「C肝ダメログ」の「ダメ」から「濁点」をとり、「タメ」(為になる)「タメログ」にバージョンアップできるかな? ヘタな4コマ漫画も描いているけど、現在頸椎ヘルニアに襲われて小休止(;^-^)
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2020年05月17日 (日) | 編集 |
C型肝炎著効後、年1度の定期検診を先月中旬に受けて。

本当は今月、5月下旬ごろだったのだけれど。
GWに旅行の日程を組んでいて。
そんな訳で今年初めには、すでに病院へ予約済み。

そこへもってきての、この度のコロナ騒動。
旅行はおろか、受診も先へ伸ばすべきか悩んだけれど。
なかなか収まりそうもないコロナの猛威。

いつも激混みな病院。
なかなか思った日時に予約もとれず。
なので結局この日の受診に。

病院はどこも受診控えで、空いていると耳にしていたけれど。
こちらの病院はやはり混みあっていて。

待合室は「蜜です!」状態。

間もなく呼ばれ診察室へ。

Dr.が遠い。
2メートル程の距離はあったかな。
そして正面ではなく横向きでの対面。
これはコロナ対策ですね。

もちろん私もマスクは着用。
変わりはなかったかとの確認と、体重の増減を聴かれ。
整形系はあちこちダメだけど、体重はなんとか維持したままと伝え。
というか、冬に3Kほどいちゃったけれど、今はもとに戻したことを告げる。

次週のエコー検査予約を入れ採血室へ。

採血室。
あ~、ここはすごい「蜜」、3蜜だわ(・。・)
ソーシャル・ディスタンスとは、程遠く。

右手を伸ばすと隣の男性患者の肩に届くかな。
左手を伸ばしても同じで、やはり左隣で採血されている女性の肩に触れる感じ。
採血台の机を挟み5、6人は横並びして。

それでも昨年までは両隣患者さんの肩が触れ合う感じだったから、まだマシ。
そこで氏名や生年月日を言わされるんですからね~(両隣は平成生まれのご様子^^)。
ま、昨年から全員言わされるから、まだ平等(?)なんだけど。

それまでは同姓同名患者のいる人のみ、元号からはじまる生年月日や氏名を言わなくてはならず。
なんか、腹立たしかった。
ちなみによくある申し訳程度のパーテンション等の仕切りもなく。

患者にはプライバシーなど不要なんだね、きっと。
私の氏名や生年月日、いっぱい悪用してくださ~い! なんてね。
お金持ちでもないし凡人だから、その心配はナシということね(;^_^A

そんなこんなでその日は帰宅。

一週間が過ぎ翌日にエコー検査の日を控えた夜のこと。、
テレビから「コロナ、院内感染クラスター」のニュースが。

ひええええええええ~っ💦
私の通院している病院じゃないですか!

外来ではなく入院病棟の看護師さんが感染したもよう。
私の通院した日より早くに感染し、休まれていたそう。

もうすごく心配で、エコー検査の日にちを伸ばすことも考えたけれど。
家族からもそう進められて。

でもなんだかとっても中途半端。
前の週の採血結果も知りたかったし。
だから覚悟を決めて予定通り決行!

それにそれに、もしかしたら万が一、もう罹患しちゃってるかもしれないし、私。
罹っても軽くすんで、熱もその他の症状も出なかった人も多いとのこと。
だから抗体のみ持ち合わせている、なんていうのが良いけれど。

ま、私の場合、C型肝炎という既往症もあったし、感染したら悪化していく方の人じゃないかと。
熱や味覚障害も、身体のだるさも咳もでなかったから、違うかな。
そんなことを思いつつ病院へ。

病院の入り口では先週まではなかった「体温測定が」。
非接触の体温計、おでこに「ピッ」と。
36.3°C

netsu_200515.gif


平熱なので院内に出入りすることが許可され。
受付には突貫的に作られた感じの、透明ビニールのシートが上から下がっていて。
飛沫感染予防策ね。
それにしてもやはりこちらの病院は混んでいましたよ。

間もなくエコーの検査室に。
10分程度で終わって時計を見ると、Dr.の診察までには1時間40分ほどの間が。

院内にいても感染が心配なので外に出てようかなと思い、その旨を受付の方にに告げると
「診察時間を早めることができるか、聞いてきますね」と。

そんな感じで運よく待ち時間もほぼなく、検査結果を伺うことができ。

エコーの結果も血液検査の結果も全く問題がなかったようで。
ホッ^^
また一年後に、お世話になりますとお礼をのべ診察室をあとにし。

先生もコロナに襲われることなくご無事でと、心の中で呟きましたよ^^

罹患してしまった看護師さんや医療従事者の方、そして患者の方々。
どうぞ早く良くなりますように。

新型コロナ騒動。
早く収束して、終息しますように。

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック